テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

大国主神が詠んだ歌…『古事記』の歌の意味と縁結びの力

大国主神に学ぶ日本人の生き方(8)求婚の歌と縁結びの力

鎌田東二
京都大学名誉教授
情報・テキスト
『悲嘆とケアの神話論ー須佐之男と大国主』(鎌田東二著、春秋社)
amazon
大国主神の歌は『古事記』上巻の中で最も多く掲載されている。はたして、どのような歌をうたっているのか。今回はその歌の数々をみていく。大国主神が詠んでいる求婚の歌を見ていくと、いかに相手の気持ちを汲み取る力のある、忖度のできる神であるかが見て取れる。鎌田氏が「古事記の中でもっとも格調高い歌を歌っている」と述べる大国主の歌の力とは「縁結びの力」だという。(全9話中8話)
※インタビュアー:川上達史(テンミニッツTV編集長)
時間:16:17
収録日:2023/08/08
追加日:2024/01/28
≪全文≫

●『古事記』では求婚の歌が多く交わされている


鎌田 最後の最後に、大国主が実際に『古事記』の中でどのような歌をうたっているかについて、まとめていきたいと思います。

 『古事記』上巻の中で大国主の段がもっともたくさんの歌が交わされます。長い歌です。

 その中の要点をいいますと、大国主の求婚の歌なのです。恋歌です。

 「八千矛の 神の命は 八島国 妻枕きかねて 遠遠し 高志国に 賢し女を ありと聞かして 麗し女を ありと聞こして さ婚ひに あり立たし ……」

 というように歌うのです。

 自分のことを「八千矛の神」という。妻を求めている。妻を求めることは国を繁栄させていく一番の源です。どのように豊作にするかということが、生存にとって、むすひの力にとって、重要になります。そうすると、縁結びの神様も様々な縁を結んでいく。その1つが恋という形で子どもを作るということにもなり、それが様々な豊作や豊穣にもつながっていく、といった論理と構造になるわけです。

 賢し女(賢い女)がいると聞いたら、その賢い女性のところへ行って呼びかけ、そして子どもをもうける。そうすることによって繁栄を、次の命へとリレーをしていく。そのようなことを歌うわけです。

そして、「高志(越)国の賢し女」で「麗し女」が、ヌナカワヒメ(沼河比売)だった。糸魚川の翡翠を付けた、資源を持つ土地の重要な姫神です。それに対して、ヌナカワヒメがどのような歌を歌ったか。2首、歌います。

 「八千矛の 神の命 ぬえ草の ……」

 これは「八千矛の神様(あなた/大国主)に対してしおれた草のような私のことですから」と、やや控えめに語るわけです。もう1つが、「青山に 日が隠らば ぬばたまの 夜は出でなむ ……」という歌です。

 ここで重要なのは、2つの歌の最後が「天馳使 事の語り言も是をば」と「八千矛の 神の命 事の語り言も是をば」とあることです。

 ここで、大国主(八千矛)がうたった最初の歌に戻りましょう。

 ここに、「天馳使(あまはせづかひ) 事の語り言も是をば」とあります。

 この「事の語り言も是をば」を、冒頭(第1回)で話した「琴を弾きながら語り事をして、そして言霊の歌を届ける」という意味合いを持っていると主張した人は、山上伊豆母(やまがみいずも)という国文学者です。私は基本的には、その山上伊豆母さんの説に賛成しています。ここで出雲の神宝の「琴」と結び付いていて、「言霊」の意味合いが込められているのでしょう。


●歌の力で縁結びをしたスセリビメ


鎌田 そしてスセリビメとのやりとりになります。スセリビメとどのようなやり取りになったか。

 スセリビメは大国主の正妻です。結婚した後もいろいろなところへ出かけていって、求婚して子どもをもうける(子どもの神様ができる)となると、ギリシャ神話ではヘラの神がものすごく嫉妬深い神様で、ヘラは平気で子どもを殺したりするわけです。そのため、ゼウスがうまくその子どもを守ったりするといった、かなり熾烈な嫉妬との戦いの話がある。ですが、日本の神話はゼウスとヘラのような物語とまた少し違うのです。

 嫉妬は確かにあります。その嫉妬を大国主は、もう離婚しそうで大和へ行くという、本当に2人の関係性が切れそうなときに、このような歌を歌うのです。

 スセリビメに送った歌が、「ぬばたまの 黒き御衣を まつぶさに 取り装ひ 沖つ鳥 胸見る時 はたたぎも これは適はず 辺つ波 そに脱き棄て そに鳥の 青き御衣を まつぶさに 取り装ひ 沖つ鳥 胸見る時 はたたぎも 此も適はず 辺つ波 そに脱き棄て 山県に 蒔きし あたねつき ……」です。そして最後に、「若草の 妻の命の 事の語り言も是をば」で終わる。

 ここに込められているものとして、「あなたとの愛を大切に思っている、あなたのことをこんなに大切に思っている」ということを繰り返し、これ以上ないほどの修辞を尽して表現しています。「まつぶさに」を3回も繰り返している。「沖つ鳥」「辺つ波」「沖つ鳥」「辺つ波」「沖つ鳥」と3度も繰り返していくわけです。

 このようにして、「あなたの悲しみにくるまれている、別れのときの悲しみや嫉妬に包まれている、あなたの心に自分の持っている思い(愛の思い)を届ける」というメッセージのこもった、真心のこもったことを、修辞、レトリックを凝らして格調高く「事の語り言も是をば」と歌うわけです。

鎌田 すると、スセリビメはどういう歌を歌ったか。

 「八千矛の 神の命や 吾が...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。