テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

国譲りによる平和…国作りをした大国主神の深い協力とは

大国主神に学ぶ日本人の生き方(7)世界でも稀なる「国譲り」

鎌田東二
京都大学名誉教授
情報・テキスト
『悲嘆とケアの神話論ー須佐之男と大国主』(鎌田東二著、春秋社)
amazon
国作りを果たした大国主神は、やがて「国譲り」に直面する。だが、争いを起こさずに国を譲った大国主神は、その後も生き延び、祀られ続ける。これは、世界の神話には見られないこの日本神話の特徴といえるものであり、そこには深いコワーキング、コーポレートの姿がある。その世界的に不可思議な大国主神の「国譲り」について、前回に続き鎌田氏の詩の朗読をもとに見ていく。(全9話中7話)
※インタビュアー:川上達史(テンミニッツTV編集長)
時間:12:45
収録日:2023/08/08
追加日:2024/01/21
キーワード:
≪全文≫

●破壊では終わらない。大きな甦り、循環や修理固成が生まれる。


―― また詩でございますが、先の部分のほうに進んでいきたいと思います。先生がご解説くださったうちの、これは2つ目のパートですね。

鎌田 たすけ

おほくにぬし
大国主の神

たしかに
あなたの名前は雄大であるが
しかし
あなたほど弱い神はいなかった

あなたは 最強の神スサノヲの子孫の中で 最弱の神だった

だが そんな最弱の神であるあなたが スサノヲの霊統を受け継いだ
スサノヲの衣鉢を継いだ

スサノヲの霊統とは
傷む神であること
傷み 痛み 悼む神であること
そのいたみとかなしみが うたとなる

歌う神
あなたに宿命づけられた霊性とは
そんな歌う神の霊統であった

父祖スサノヲの場合
その歌の始まりは喪失にあった

 この後どのように続くかというと、お母さんを失った。お母さんを失って泣き叫んでいる、その泣き叫び、悲しみを、父も姉もよく理解しなかった。その理解されなかった悲しみが暴力にもなって、粗暴な振る舞いにもなっていくという構造で、いってみれば不良少年の原形的な物語です。

―― 誰にも理解されないというところからだと。

鎌田 僕は誰にも理解されない。独りぼっちだという孤独感や孤立感のようなものが暴力になっていく。暴力が外に向かう場合もあれば、自己に向かう場合もあります。そういう暴力的なものが生まれてくるということです。

 これはある種、普遍的な構造を持っていると思うのです。ダメージを受け、傷ついた自分を建て直していくためには、何らかの形で荒ぶりが生まれてくる。その荒ぶりが、内にも外にも向かって攻撃性になってくる。それはある種の残虐なふるまいを生み出す。破壊も生み出す。

 でも、破壊で終わるわけではない。そこをどうやって通過するかによって、大きな甦り、循環や修理固成が生まれる。スサノヲの場合は八岐大蛇(ヤマタノオロチ)を退治することによって、その心が晴れていき、犠牲になろうとしていた寸前のクシナダヒメを助けたわけです。助けることによって自分も救われていくわけです。そして歌うことによって、その浄化がさらに完成していく。そういったプロセスを辿っていくスサノヲ神話が持つメッセージ力も非常に重要なのですが、そのスサノヲの直系がさらに次のバリエーションを生み出したということです。

―― それが大国主の神ですね。

鎌田 はい。それが「国譲り」になるのです。


●敗退か、それとも戦わずして勝つ戦略か……


鎌田 スサノヲは国を奪いに来たと恐れられます。それに対して、大国主は国を奪われる側になる。

―― そうですね。スサノヲの場合は、最初に天照大神のところに行くときに「高天原を奪いに来た?のか?」と疑われてしまいますよね。

鎌田 そうです。そのような暴力性、アグレッシブなものを持っていたわけです。「うちの国を奪いに来たのか」と疑われるほどの。その反対に、大国主は、アマテラスの子孫に国を奪われていくわけです。そのパートが、最後の「国譲り」という詩になります。

しかし あなたのもたらしたその平和な統治に、

考えられない異変が起こった
それが「国譲り」という事態であった

いったい このようなことが どうすれば起こり得るのか?
どう考えても この事態はあまりに理不尽である

精魂込めて 汗水垂らして作り上げた
この国を 自分たちの国土を譲るのだから

そのようなことを 誰が どのようにして 実現できたのか?
不可能を可能にした
あり得ないことがあり得た

ふることぶみは そのようなものがたりを伝承している
が そこに 隠されたさまざまな声とメッセージが聴こえてくる

国譲りなんて、そんな簡単なものじゃないぞ。
血の苦しみと痛みを伴うものだぞ。
生半可な決断で国譲りをしたと思うな。
むしろ、戦うことが簡単じゃった。
戦うことで決着をつけることが世の掟であり、納得の方途であったから。

しかしながらそのような仕方ではなく

まさに掟破りの
超法規的なウルトラC
それが「国譲り」という想定外の外交戦略
くわえて 冥府の王 幽冥界の主神となるという スピリチュアル戦略

これはいったい いかなる事態ぞ
いかなる方策ぞ
いかなる統治法ぞ

そは 統治を放棄した統治
力の統治を超えた みたまの統治
スピリチュアルガバナンス
霊的統治法

そんな統治法を
至高の逆説を
どんでん返しを
ひっくり返しを
実行したのだった

これはしかし 戦わずして勝つ という至高の戦略であったのか?
それとも 単なる負けであり 敗北であり 敗退だったのか?

歴史認識...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。