テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

がんの告知を受けて大国主神のケアと自己回復力に共感した

大国主神に学ぶ日本人の生き方(1)大国主神のメッセージを現代に生かす

鎌田東二
京都大学名誉教授
情報・テキスト
『悲嘆とケアの神話論ー須佐之男と大国主』(鎌田東二著、春秋社)
amazon
なぜ今、大国主神に注目すべきなのか。日本神話の中で、大国主神は2度も殺されて、周りに助けられてよみがえっている。しかも、一番苦しみ、痛み、嘆くはずなのだけども、嘆きの言葉は一切ない。また、様々な助けを得て国作りをし、さらに国譲りまでしてみせた神様である。鎌田氏は2022年末に大腸がんの診断を受け、2023年1月に手術を行なうが、2月には肺や肝臓、リンパ節にも転移が見つかりステージ4の大腸がんだと告知された。その鎌田氏は、大国主神のレジリエンス(自己回復力)を現代へのメッセージとして生かしたいと言う。さまざまな問題に直面する現代日本が大国主神から学ぶべき点は多いのだ。闘病中ほぼ1週間で完成させた著書『悲嘆とケアの神話論ー須佐之男と大国主』(春秋社)をもとに解説する。(全9話中1話)
※インタビュアー:川上達史(テンミニッツTV編集長)
時間:09:09
収録日:2023/08/08
追加日:2023/12/10
≪全文≫

●がんの告知と著書『悲嘆とケアの神話論』の完成


―― こんにちは。

鎌田 こんにちは。

―― 本日は鎌田東二先生に、大国主神(オオクニヌシノカミ)について講義をいただきたいと思います。鎌田先生、どうぞよろしくお願いいたします。

鎌田 よろしくお願いします。

―― 鎌田先生は著書でも公表されていますが、2022年12月にがんの告知を受けられたということですね。

鎌田 そうです。2022年10月末にひどい腹痛と、腹が膨張してゴロゴロと鳴る状態があり、その痛みと、食事のたびに腹がゴロゴロ鳴ることが頻繁に起こるようになって、どうもおかしいと思ったのです。医者に診てもらっても、胃カメラを飲んでも、異常はない。腫瘍マーカー検査でも異常はない。それでも「やはりおかしい、原因があるはずだ」と思って、私が住む京都市左京区にある日本バプテスト病院というキリスト教の病院に行って、その日に「CT検査をしますか」と言われたので「すぐにしてください」と頼んだのです。

 そのCT検査で、小腸と大腸がぶつかるところ(盲腸のあたり)で、かなり大きながんが見つかった。小腸がふくれ上がって、詰まっているわけです。ヘドロのような状態になっているところにバーンとぶつかって傷がついて、細胞がどんどん悪性化しているという状態かと思います。

 それが見つかったものですから、すぐに手術をするという手順になって、翌年(2023年)1月に手術をしました。その頃も含めて、この2年ほどのコロナ禍の時期に、大国主神のことをよく考えるようになったのです。

―― まさに今日は、その大国主神が、例えば病気やケアといったことにどのような意味合いを持ってくるかという観点でお話をお聞きしたいと思います。ご病気が見つかってから書かれたのが、著書『悲嘆とケアの神話論ー須佐之男と大国主』(春秋社)です。

鎌田 これは私の遺言として、昨年(2022年)12月28日頃からまとめ始めて1月4日まで、ほぼ1週間で完成させました。

―― すごいスピードですね。

鎌田 多少は寝ていますが、ずっと机に座りっぱなしで、我ながら「この執念はすごいな」と思うほど、すさまじい集中力でまとめ上げました。


●大国主神の自己回復力をメッセージとして現代に生かしたい


鎌田 私自身は須佐之男(スサノオ)の子分を自称してきましたので、スサノオの問題については相当、書いたり語ったりしてきました。ですが、大国主神のことは、出雲神話の中でもそれほど多くは語ってこなかったし、深く考えることがまだまだ足りなかった。

 しかし、コロナ禍になり、このような状態の中をどう生きていくのかといったときに、「一番苦しい状態を生き抜いていた神様とは、どのような神様だろう」と『古事記』の中を調べていくと、大国主神が一番苦しみ、痛み、嘆くはずなのだけども、嘆きの言葉は一切ないのです。

 スサノオは、割と嘆くし、泣きじゃくるし、華々しく泣き叫んでいるのだけれど、大国主神は(後でも話しますが)2度殺されても、「泣く」などの負の感情の表出は一切ないのです。

 でも、苦しんでいるはずなので、痛みを受けても負の感情を表出しないで生きている、甦ることができるとは、いったいどういうことなのか。この大国主神の自己回復力(レジリエンス)とはいったい何かという問いかけを通して、現代を生き抜く知恵と力をもう1度、読み直してみたい。そのメッセージを現代に生かしたい。そのような思いで、この本を書きました。

―― 先生がご病気になられて、大国主神に対する見方が変わりましたか。

鎌田 変わったというよりも、間違いなく深まりました。より切実になりました。

 ロシア・ウクライナ戦争があったでしょう。この戦争状態がずっと続いて、莫大な負の消費が拡大・拡張し続けて、地球環境に対しても、あらゆる生命に対しても、人間に対しても、人間が作り上げたさまざまな文明に対しても、はてしない打撃・ダメージを与え続けている状態を、いったいいつまで継続するのか。

 それを考えたときに「大国主神の国譲り」という、いってみれば“捨て身の戦法”が、いったいどのような意味を持っていたのか。古代において戦争が続けば、どのような状態になったのか。戦争をこう(国譲りと)いう形で収めることが、どのような意味を持つのか――。

 これを1つのヒントとして、これからの紛争や戦争、戦いというものの有り様を考え直していくきっかけにもなる。病気の問題と国譲りの問題が非常に切実に、私の中で響いてきたのです。

―― その『悲嘆とケアの神話論』の構成ですが、まず「はじめに」で論文があります。その後、日本神話史ということで詩が続く形になっていて、最後が大国主論の論文になっています。

鎌田 論と詩をセットにしたの...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。