テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

『日本書紀』に見る日本の忖度文化の原型

世界神話の中の古事記・日本書紀(3)談合の国の「史書」と「秘書」

鎌田東二
京都大学名誉教授/上智大学大学院実践宗教学研究科特任教授
情報・テキスト
本居宣長
出典:Wikimedia Commons
オペラ的な物語性のある『古事記』に対し、記録的な性質の『日本書紀』。この『日本書紀』を見ていくと、さらに”日本らしさ“が浮かび上がってくる。鎌田東二氏が「日本の忖度文化の原型」「談合」と述べる『日本書紀』の性質とは。(全9話中第3話)
※インタビュアー:川上達史(テンミニッツTV編集長)
時間:12:19
収録日:2020/10/05
追加日:2021/04/14
≪全文≫

●『日本書紀』の時代から日本は談合の国だった


―― 前回おっしゃったように、『日本書紀』の中には、『古事記』の神様も「一書に曰く」という形で入り込んでいますね。

鎌田 『日本書紀』は、いろいろなものをうまく抱き込んでいるのです。『古事記』をうまく懐の中に入れ込んでいる。実に巧妙な手口です。『古事記』の伝承もうまくその中に溶け込ませている。恐らく『古事記』を伝承している家でも、中心をなすような家々があったと思います。

―― 豪族によって信じている神様が違うということですか。

鎌田 家ごとに伝わる伝承が若干違うということはあり得ます。例えば、川上家と鎌田家があるとすれば、それぞれの家々で、自分の家の先祖の神様が活躍する話によりアクセントを付けたいでしょうから、より立派になっているはずです。そのように、それぞれの豪族(氏族)、その家々の物語があった。そして、『古事記』を伝えている家柄の物語もあった。でも、それは「one of them(多くの中の1つ)」です。その「them」の中のいろいろなものをうまく案配しなければいけない。要するに、日本は最初から談合の国なのです。

―― 談合の国(笑)。

鎌田 そう、『日本書紀』の時代から談合の国ですね。A建設、B建設、C建設などさまざまな企業が談合で出てくる。そういった取捨選択、あるいは格付において絶妙に配慮が行き届いて、忖度しているといった具合です。だから、『日本書紀』は日本の忖度文化の原型ではないかと思います。

―― 国家の形がそこからも分かるわけですね。いわゆる独裁的な王権があったのではなく、連合王権のような国として成立してきたということが分かりますね。

鎌田 秦の始皇帝のような絶対的な権力者であったら、このような曖昧なものを読んだら烈火の如く怒って、「こんなもの」と言って破り捨てたと思います。ところが、日本では、『古事記』時代の元明天皇や、その後の元正天皇、聖武天皇といった天皇たちは、国家文書である『日本書紀』を受け入れて、かつそれが日本の公文書である『六国史』の筆頭として、宮中や当時の知識人たちの中で何度も講読されているのです。

『古事記』にはそういった国家的な意思、国家的なプロジェクトとして講読された、解読されたという記録は一切ありません。だから、本当に民間の伝承なのです。

―― どちらかというと、私書というイメージですか。

鎌田 私書であり、秘書的な類です。ある一家の伝承に近いようなものですね。『日本書紀』は国家意思を刻印したマニフェストです。

―― 公式のマニフェストですね。

鎌田 マニフェストは、自民党や立憲民主党でも、自分の党のポリシーを表現するものです。しかし『日本書紀』では、そのポリシーが非常に不明瞭です。でも、その不明瞭の中に、日本の特性が込められている。渾沌としているのですが、別の言い方をすると配慮が行き届いているとも言えるし、いろいろな家々の伝承をうまく吸収してバランスさせているともいえる。いい意味で調整しているのです。そのような特徴が見えてきます。


●『古事記』を重要視した本居宣長の「常識」を乗り越える


―― 前回『古事記』はポエム(詩劇)である、オペラのようだという話がありました。『日本書紀』は公式の歴史書なので、アーカイブというか、いろいろなものを集めてきて保存したというイメージでしょうか。

鎌田 保存することが目的ではないとは思います。目的は、日本はどのような国であるかという国家意思といいますか、国家の根幹にあるものを示すことです。国家の根幹にあるものは、日本の天皇がどのような神々の系譜の中で続いて、記述の最後の持統天皇までつながっているかの記録を連綿と残していくことです。

 だから、後世になればなるほど、持統天皇や、その前の天武天皇になればなるほど、記述は編年体で、詳しくなっていく。そういう意味では、歴史記述のデータベースとしては信頼性のおける公文書記録になっています。全て正しいというわけではありませんが、しかし、これが国家公認の歴史の記録だというスタイルにはなっています。

―― 720年に『日本書紀』ができた段階よりも遙か前に、それぞれの神話が日本にはあった。720年に作られた神話というより、前から日本にあったいろいろな神話を、720年の段階で採録したというイメージでしょうか。

鎌田 そうですね。『日本書紀』は、『帝紀』の部分、『旧辞』の部分に分けることができます。『帝紀』の部分は天皇の記録、または編年的な記録で、『旧辞』の部分は神話伝承のような物語的な要素のものです。そういった『旧辞』なり系譜なりが、それぞれの家々で若干違ったりする。若干違うものを、それぞれの家で大事にしていた。その大事にしている家々の伝承を、皆に申請させ、採用しながら、「これ...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。