10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2018.02.21

のどに穴が開く?くしゃみの我慢に要注意!

 あと少ししたら花粉が嫌な季節がまたやってきますが、2018年は花粉量が例年より多く、期間も長いと予測されています。ただ、花粉症で鼻がむずむずしてもくしゃみを避けたいタイミングってありますよね?会議中だったり、コンサートの最中だったり―。周囲に迷惑がかからないようにするのはエチケットとして正しいことではありますが、我慢の仕方によってはのどに穴が開いてしまう、なんて驚くべき症状もあるようです。

鼻と口、閉じてくしゃみするのは厳禁!

 世界三大通信社のひとつであるAFP通信が伝えたところによると、「喉の裂傷や鼓膜の損傷、脳血管の破裂などを引き起こす可能性がある」とイギリスの研究者が警鐘を鳴らしたそうです。同国の医学誌に載せられた論文では「鼻をつまみ、口を閉じてくしゃみをこらえようとした後、首の辺りで破裂するような感覚を覚えたと話した」という患者を紹介。この患者は抑え込まれたくしゃみの力によって、のどの後ろの部分が破裂してしまったのだといいます。まれな症例であるという前置きつきではありますが、「くしゃみを抑制したことにより両肺の間に空気がたまってしまった例や、脳血管が膨張した状態にある脳動脈瘤(りゅう)の破裂が起きた例」などなど、想像しただけで恐ろしいケースがあるようです。

 くしゃみの力とはいったいどれほど大きなものなのでしょうか。2018年1月に放送されたフジテレビの情報番組「直撃LIVE グッディ!」によると、くしゃみの初速は新幹線とほぼ同じ速さの時速300キロ、空気の量はペットボトル1本分になるそうです。それだけの勢いを持った空気を抑えると耳やのどに逆流し、体を痛めてしまう、というわけです。

2018年の花粉は多く、期間も長~い

 また、日本気象協会が出している春の花粉飛散予測だと、「東北の飛散量は前シーズンの約2倍、関東甲信、四国では約1.5倍」「東京のスギ花粉のピーク期間は3月上旬から4月上旬までの約1カ月と長期間」とのこと。例年より苦しい季節となりそうです。

 じゃあくしゃみは我慢しなくていいのか?そう言いたいわけではありません。飛沫が他人にかかったら汚いですし、大きな声を出すのもマナー違反。ですので、鼻や口を閉じずにハンカチや手で抑えるようにしましょう。周りの人たちに迷惑をかけず、自分の体も大切にしてくださいね。

<参考サイト>
・AFP BB News:くしゃみ抑制すると脳血管や喉、鼓膜が破裂する恐れ 医師ら警鐘
http://www.afpbb.com/articles/-/3158716
・せーの!グッディ!:あなたの“くしゃみの仕方”大丈夫!? くしゃみのガマンで命に係わる危険性も!
http://blog.fujitv.co.jp/goody/E20180117002.html
・日本気象協会:2018年春の花粉飛散予測(第3報) -
https://tenki.jp/pollen/expectation/
(10MTV編集部)