テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2018.07.15

男性に聞いた30~40代女性の痛いメイク

 女性が髪を切っても全然気づかない…そんな男性でも、見ていないようで意外と見ているのが女性のメイク。男性との会話の中で「遠くから見たらキレイだったけれど、近づいたら化粧が濃すぎた」とか「目の上を赤く塗るのが流行っているの?」など、メイクに対するダメ出し的な意見を聞くことも結構あるものです。

 そこで今回は、男性たちに「30~40代女性の痛いメイク」についてアンケート。もう若くはない、そんな世代の女性がすると「痛い」と思われてしまうメイクについて探ります。

男性が引く、アラサー&アラフォーの「痛いメイク」とは

1)厚化粧、濃過ぎるメイクは怖い
 
・「シミとか毛穴とか隠したいのかもしれないが、ファンデーションの厚塗りは壁みたいで痛い。逆に老ける」(35歳・金融系)
・「BBQなど屋外イベントにもコッテリメイクで来るオバさんは痛いし、気合い入っている感が怖い」(31歳・イベント会社)
・「いかにも“化粧してます”って感じの白っぽいファンデーションや濃い赤い口紅は痛い。顔色を良く見せたいらしいのですがバカ殿みたい」(40歳・保険会社)

 厚化粧=オバさん、幼い頃はそんなイメージを誰でも持っていたはずなのに、実際にその年齢になると色々隠そうと厚塗りになってしまうもの。しかも厚化粧をすれば化粧崩れもしやすく、その汚さが苦手という男性も多くいました。自分では物足りないと感じるくらいが、男性から見てちょうどいいのかも。

2)ノーメイクとナチュラルは別物
 
・「職場でスーツ姿にスッピンは痛い感じ。手抜き感が目立つし、礼儀のないガサツな女に見えます」(42歳・不動産会社)
・「30~40代でノーメイクは痛い。顔色も悪いし、不健康で疲れて見えるから」(34歳・食品メーカー)
・「ナチュラル感が売り、みたいな男に媚びない自分をノーメイクでアピールしている女性は正直痛いし、苦手です」(37歳・出版系)

 厚化粧もダメならノーメイクもダメという男性たち。肌色がくすみ、シミやシワも増える30~40代女性のスッピンは、「だらしない」「みっともない」と感じる男性が多く、「ノーメイクでいいや」と外出してしまう女性の生活態度自体が痛いと感じてしまうようでした。最低限のメイクはしたいものですね。

3)若作りなメイクは逆効果
 
・「若く可愛く見せたいのかもしれないが、リンゴやインコみたいな丸いチークは痛い」(32歳・百貨店)
・「ラメがギラギラしているようなギャルメイクは、ギャルじゃない歳ならやめてほしい。バカっぽく下品で痛いです」(40歳・広告会社)
・「涙袋を白く光らせて強調したり、韓国風の流行のメイクしているアラフォー。若い子の流行を追うと痛い感じになります」(36歳・美容師)

 メイクで年齢からくる衰えや悩みを多少ごまかすことはできますが、「若く見せよう」と若い子のメイクを真似すると、痛いオバさんになりがちです。そんな若く見られたい感こそが、男性が「痛い」と感じてしまうポイントのよう。あくまで年相応をベースにするべきかもしれません。

4)頑張り過ぎな、盛ってるメイク
 
・「マツエクとか付けまつ毛をバッサバサにしてる30~40代女性は痛い。そんなに長いわけないだろう!と、ツッコミたくなります」(43歳・大学講師)
・「黒目が大きくなるコンタクトやカラコンを付けて、目ヂカラをやたら強調しているアイメイクが痛い。いい歳してマスカラが盛り盛りなのも怖い」(35 歳・IT系)
・「鼻筋に入れるノーズシャドウが目立っていたり、唇がグロスでテカテカで油塗ってるみたいなメイク。やり過ぎ感は痛いです」(33歳・医師)

 きちんとメイクはしてほしいものの、頑張り過ぎているメイクは痛いと感じてしまう男性が多数。整形?と思うような凄腕メイクテクニックを持っていても、実物(スッピン)と違い過ぎたり、「目を大きく見せたい! セクシーに見せたい!」と必死な雰囲気が出てしまうと、男性は引いてしまうようでした。

30~40代女性に求められるメイクって?

 男性たちのメイクに対する意見を聞くと、思っていたよりもよく見ているものだと感じたのではないでしょうか。男性自身がしないものだけに、「なぜこんな変な化粧をするんだ」という理解しがたい謎も多くあるようで、「こんなメイクは嫌い」「ケバい」「痛い」「やめてほしい」など、女性のメイクへの違和感や欠点に敏感だという印象がありました。

 しかし、「今日のメイクはキレイだな」とか「口紅の色が可愛い」など日々女性のメイクに注目しているわけでもなさそうです。その証拠に「30~40代女性はどんなメイクをしたらいいのか?」という問いには、「やり過ぎなければいい」「ナチュラルで明るい感じ」「ケバい色を使わない自然なメイク」など、ザックリとした意見ばかりで明確な答えは出て来ませんでした。30~40代の大人の女性としては、「メイクはたしなみ」の範囲でしていてほしいというのが本音のようです。

 今回「痛いメイク」への返答の中で、よく使われていたのが「怖い」という言葉。化粧の語源は「化かす」とも「ぼかす」とも言われていますし、あまりに素顔と違ったり、個性の強過ぎるメイクをしている女性に対して「化かされた」と、痛いを通り越して恐怖心を抱くのも分かるような気がしますね。
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
より深い大人の教養が身に付く 『テンミニッツTV』 をオススメします。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

なぜ「心の病」が増えている?メンタルヘルスの実態に迫る

なぜ「心の病」が増えている?メンタルヘルスの実態に迫る

メンタルヘルスの現在地とこれから(1)「心を病む」とはどういうことか

組織のリーダーにとって、メンバーのメンタルヘルスは今や最重要課題になっている。組織として目標達成が大事であることは間違いないが、同時に一人ひとりの個性を見極め、適材適所で割り振っていく「合理的配慮」も求められて...
収録日:2024/04/17
追加日:2024/06/15
斎藤環
精神科医
2

ぜいたくは素敵だ!?…戦時中の日本にもあった諷刺の精神

ぜいたくは素敵だ!?…戦時中の日本にもあった諷刺の精神

世界のジョーク集で考える笑いの手法と精神(1)体制を笑うジョークと諷刺の精神

「ジョークは時代を映す鏡」といわれる。ウクライナと中東では戦争と紛争が続いており、一部の専制国家では自由な言論ができない社会で市民は暮らしている。そうした抑圧された環境下では、体制を笑う諷刺的なジョークが生まれ...
収録日:2024/03/14
追加日:2024/06/14
早坂隆
ノンフィクション作家
3

直観型と熟慮型…2つの思考回路を使い分ける人間の特徴

直観型と熟慮型…2つの思考回路を使い分ける人間の特徴

行動経済学とマーケティング(2)行動経済学を構成する「3つの分野」

行動経済学は、3つの分野で構成されている。「現象の描写」「メカニズムの説明と理論」「実社会への適用」の3つだが、それぞれどのようなものなのか。詳しく解説し、従来の経済学との違いを明確にしていく。(全6話中第2話)
収録日:2024/04/08
追加日:2024/06/13
阿部誠
東京大学 大学院経済学研究科・経済学部 教授
4

「トゥキディデスの罠」の教訓、大事なのは4つの戦争回避

「トゥキディデスの罠」の教訓、大事なのは4つの戦争回避

地政学入門 歴史と理論編(7)戦争を起こさないための地政学

国際社会において戦争を起こさないためには、これまでの歴史を踏まえて地政学的に世界情勢を分析することである。第1次・第2次世界大戦から冷戦期における分析からはじめ、古代ギリシャから現代まで引き継がれる「トゥキディデ...
収録日:2024/03/27
追加日:2024/06/11
小原雅博
東京大学名誉教授
5

松下幸之助は聞き上手ではなく言わせ上手…素直な心で即断

松下幸之助は聞き上手ではなく言わせ上手…素直な心で即断

松下幸之助の危機克服~熱海会談の真実(1)最初の出会いでの衝撃

「私は松下幸之助に惚れました。この人についていこうと思いました」――こう語るのは、28歳から25年間、幸之助の薫陶を受けた佐久間氏。かつて松下電器産業副社長を務めた氏が幸之助から学んだこととは何だろう。最初の出会いで...
収録日:2023/12/01
追加日:2024/06/10
佐久間曻二
元松下電器産業副社長