テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2018.09.11

不倫カップルに聞く「バレないための6つルール」

 上手くごまかしたつもりでも、バレてしまうことが多い不倫。「バレる」というリスクを最小限にするために様々な工夫をしている人もいますが、怖いのは自分がいくら気をつけていても、不倫相手の行動によってはバレてしまうことがあるということ。そこで多くのカップルは、バレないためのルールを決めていると聞きますが、果たしてそれはどんなルールなのでしょうか?

不倫がバレないために決めている6つのルールとは?

 今回は不倫経験のある男女10人に、不倫中に相手との間で決めていたルールをアンケートしてみました。

1) 着信履歴やLINEは、すぐに消す

 これはほぼ全員が、相手との間で念押しして守っていたルール。そんなの簡単、と感じる方もいると思いますが、忙しかったり別の連絡が入ったりすると、うっかり消し忘れてしまうこともあり「あれだけ気をつけていたのに、たった1回の消し忘れで妻にバレた」という男性も。また消さなくてはと思いつつも、愛情のこもった言葉を消したくなくなってしまう女性も多い印象が。そのため、会った際はその都度「消した?」と確認し合うというカップルもいました。

2) SNSのフォローやコメントをしない

 妻や夫が「なんだか怪しい」と感じた時に、チェックするというのがSNS。「フォローし合っている女性のアカウントを一人ずつ調べて、不倫相手を突き止められた」という男性もおり、SNSで不倫バレすることは多いことのようです。そこでフォロー自体しないというルールを決めているカップルもいますし、どうしてもSNSで繋がっていたいなら偽名の別アカウントを作っているという人達も。自分たちの交友関係を晒すSNSは危険地帯とも言えそうです。

3) 朝帰りやお泊まりは基本禁止

 ちょっと心が緩むと「まだ帰りたくない」「今日は妻が留守だし外泊しようか」などと、帰宅時間が遅くなってしまうこともあると思います。しかし「いつもと違う=怪しい」と思われる種となることも多いので、終電までには、〇〇時までには帰るというルールを作っているカップルも。中には「遅い日が重なると夫に怪しまれるので、普段から帰りが遅くならないように気をつけて真面目な妻という印象にしていた」という徹底した女性もいました。

4) 他人に不倫関係を口外しない

 人には言えない秘密の恋だからこそ、時には辛かったり寂しかったり、誰かに打ち明けて楽になりたいこともあると思いますし、「愛人がいる」とつい自慢したくなってしまう男性もいるはず。しかし、「一人に話せば回り回ってバレることに繋がる」と、親友にさえも話さないというルールを決めているカップルも多くいました。もし他人に一緒にいるところを見られたら「取引先の相手」とか「父方の従姉妹」など、関係を設定しているというカップルも!

5) 休日は連絡しない、もしくは合図を決める

 家族と過ごす休日は、基本連絡を取り合わないルールを決めているカップルがほとんど。いくら仕事相手とごまかしても、「休みの日まで連絡してくるって、どういう人?」と妻や夫に訝られてしまう要素となるのは確かです。どうしても連絡したい時は「メールで“来週の会議予約してあります”とか、電話をワン切りするなど、相手から都合が良ければ連絡してもらう合図を決めている」という人もいました。それで返信がなかったら週明けまで我慢するのだとか。

6) デート費用は現金、レシートはその場で捨てる

 不倫に必要になるもの、それはお金です。食事代やホテル代など、お金が掛かるのは当然ですが、その使い方によってはバレてしまうこともあるのです。そこで、デート代は現金主義でカードは使用しない、レシートはその場で捨てるのを確認し合う、など支払い履歴から行動が怪しまれたりバレたりしないように気をつけているカップルも多数。ちょっと面倒ですが、ETCカード搭載の車でも、デートの時はカードを抜いて現金支払いレーンに並ぶという人もいました。

2人のルールを決めたら、本当にバレずに続くの?

いかがでしたか?「バレないために、そんなに細かいルールまで決めて守っているのか!?」と驚いた方もいたと思いますし、「そこまでして不倫を続けたいのか?」とあきれた方もいるのでは。

 不倫の恋は、バレたらいけないというスリルや背徳感があるからこそ燃え上がってしまうものだとは聞きます。しかし、「常に嘘を考えたり、バレないために細心の注意を払い続けなければならないのは、なかなか結構なストレスだった」という女性は、その疲れから不倫をやめたと言っています。また別の男性は「ルールをついうっかり破ってしまうのは男性が多いと思う。バレない、と過信した時が危ない」とルールは万全ではないと告白。

 元々ルールを守っていないのが「不倫」だとすると、不倫カップルがルールを守り抜くことはそう簡単なことではないのかもしれませんね。
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
“社会人学習”できていますか? 『テンミニッツTV』 なら手軽に始められます。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

福田恆存の思想の根幹にあるロレンスの『黙示録論』とは

福田恆存の思想の根幹にあるロレンスの『黙示録論』とは

福田恒存とオルテガ、ロレンス~現代と幸福(5)ロレンス『黙示録論』と人を愛する道

戦時下にあってロレンスの『黙示録論』を翻訳し、戦後にはその出版にこぎつけた福田恆存は、同書から思想的に大きな影響を受けていた。近代化によって個人主義と全体主義の板挟みとなった人間は、どのようにして他者との愛を育...
収録日:2024/05/10
追加日:2024/07/14
浜崎洋介
文芸批評家
2

不登校は教育システムが原因!?学校も企業も問題が組織に

不登校は教育システムが原因!?学校も企業も問題が組織に

メンタルヘルスの現在地とこれから(5)新型うつと発達障害

近年、増えているといわれる「新型うつ」や「発達障害」について、どう考えればいいのか。「コミュ力」が高い人が偉いという社会的風潮が蔓延する中、そうでない人が相対的に目立ってしまい偏見を持たれることがあるのだが、そ...
収録日:2024/04/17
追加日:2024/07/13
斎藤環
精神科医
3

贅沢は敵か「素敵」か?…戦時中の日本にも諷刺の精神が

贅沢は敵か「素敵」か?…戦時中の日本にも諷刺の精神が

世界のジョーク集で考える笑いの手法と精神(1)体制を笑うジョークと諷刺の精神

「ジョークは時代を映す鏡」といわれる。現代でも、紛争や戦争に直面する厳しい状況はもちろん、一部の専制国家では自由な言論が封じられた社会で、多くの人びとが暮らしている。そうした抑圧された環境下では、体制を笑う諷刺...
収録日:2024/03/14
追加日:2024/06/14
早坂隆
ノンフィクション作家
4

山上憶良が「沈痾自哀文」で問いかけた因果応報の問題

山上憶良が「沈痾自哀文」で問いかけた因果応報の問題

山上憶良「沈痾自哀文」と東洋的死生観(1)因果応報と日本仏教の課題

『万葉集』にさまざまな歌を残した山上憶良は、8世紀の「知の巨人」と目されている。例えば彼は、「善行を積んできた自分が報われず、老いの醜態をさらす惨めな状況になったのはなぜか」という問いを「沈痾自哀文」に残した。こ...
収録日:2024/04/02
追加日:2024/07/12
上野誠
國學院大學文学部日本文学科 教授(特別専任)
5

人間はそれほど合理的ではない…行動経済学の本質に迫る

人間はそれほど合理的ではない…行動経済学の本質に迫る

行動経済学とマーケティング(1)「行動経済学」とは何か

最近、「行動経済学」という言葉をよく見聞きするが、これはそもそもどういうものなのか。第1回目は行動経済学の基本を、行動経済学という分野がなぜ従来の経済学とは別に誕生・発展したのか、行動経済学が考える人間像や前提と...
収録日:2024/04/08
追加日:2024/06/06
阿部誠
東京大学 大学院経済学研究科・経済学部 教授