10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2018.09.20

【仕事と年収】DJ(30歳男性)

 今回は「DJ」の方に年収などのリアルなお金事情、その仕事の内容をうかがいました。

【年齢】30歳(男性)
【住まい】東京都
【独身or既婚】独身

経歴を教えてください。

 某私立大学在学中に趣味として活動していましたが、就職活動も視野に入った頃、自分の腕一つで名を上げていく超実力主義の世界に強く惹かれ、好きなことを突き詰めたいという思いで決心しました。幸い副収入の得られる環境にいたので、時間や経済的な自由がありプロとしての道を歩み始めました。

年収/月収/賞与について教えてください。

 (DJとして)年収50万円、月収2万、賞与はなし。完全歩合制。

貯蓄額はおいくらですか?

 200万円。

年間休日は?

 100日程度。

仕事の内容は?

 都内のバー・クラブでのプレイを中心に、某野外フェスティバルへの参加や、ミックスCD等の制作・プロデュース等も手掛けています。DJの主な活動内容は、会場やイベント内容・出演時間・オーガナイザーからのリクエストなどから総合的に判断し、雰囲気に合わせた選曲で盛り上げることです。

 バーのような空間では居心地をよくするために、落ち着くようなまったりとした曲や会話の邪魔にならないBGMのような曲を選ぶことが多く、音量にも気を使います。クラブでは反対に注目を集め、一体感を生むアップテンポのダンスミュージックや、流行の曲などを取り入れた選曲を心がけていて、耳の肥えたお客様相手にどれだけ楽しませることができるのかが大事なので、とにかくセンスとスキルがモノを言います。そういった無言のニーズを瞬時に正確にとらえ、最適な空間を提供するのが仕事です。

この仕事の良い点は?

 生で自分のスキルやセンスが問われ、オーディエンスの歓声が自分の評価のすべてというところに、わかりやすさと難しさが混在していて常に刺激的な現場です。毎回、同じものをセレクトすれば正解というわけでもなく、TPOに応じた対応力が求められます。注目という意味では、異性からの注目も浴びる事ができるのでセンスが良ければモテます。

 完全実力主義の世界ですが、そういったオイシイ思いもする事ができるだけでなく、最新の音楽事情にも敏感になるので、そのアンテナを張って集めた曲をかけてリアルタイムでどう受け取ってもらえるかが楽しみの一つでもあります。また、組織という概念がないので、常に新鮮な現場、毎回違う関係者、休むも働くも自分次第です。

この仕事の悪い点は?

 生活としての安定という意味では、オファーがかかる時期や回数、出演料などがまちまちで、常に待ちの姿勢のため、イメージ通りの年収をかなえることが容易ではありません。

 自主企画などで入場料から売上を得ることも可能ですが、ペースも限られるため結果的にプレイヤーとしての出演回数を伸ばすほかありません。大型野外フェス、海外ツアーなどの高みを目指して名前を上げ、活動の幅を広げることも成功への道ではあります。

 一方で趣味と仕事の境界線が曖昧なため、今や興味本位で始めることができる親しみのあるカルチャーとも言えます。他に本業、あるいは副収入・サイドビジネスがない限り、DJ一本で仕事をしている人はごく一部の成功例と言えるでしょう。

 定年もない世界ですが、常にシーンの第一線を走ることが必要なため、時代の変化に自分の価値観がどこまでついていけるかが問題です。特殊な世界ですので、一般的なビジネススキルや経歴として、転職に役立てることは難しいと言えます。

――――――――――

 「DJ」の仕事と年収、いかがでしたでしょうか?

 この方は副収入があり、DJの仕事をしているようですが、そこはやはり超実力主義の世界、DJ一本で生活していくというのは、かなり難しいようです。
(10MTV編集部)