テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2018.09.29

スマホのバッテリーの消耗を抑える方法

 今や単なる情報収集だけでなく、家族や知人との連絡、また仕事においても、不可欠なアイテムとしてスマホをあげることができます。よって、いつでもスマホが使える状態にするための電源・充電環境の確保はまさに必須条件といえるでしょう。

 そこで、日常からスマホの電源確保かつバッテリーの消耗を極力抑える方法を知っておくことはとても重要なポイントとなります。

バッテリーの消耗を抑えるポイント

 スマホには大きく分けて、iOSとAndroidという二つのOSがあります。それぞれではありますが、バッテリーの消耗を抑えるための共通の方法があります。設定操作の仕方はそれぞれ確認いただきたいのですが、docomoのサイトから基本的なポイントを列挙しておきます。

・充電中の利用を控える
・モニターの明るさ設定を暗めに変更する
・通信(Wi-Fi・Bluetooth・GPS)機能や使用していないアプリはこまめに終了する
・バックグラウンド通信、同期の設定を変更する
・最新のソフトウェアに更新する
・電波状態の良い所で利用する
(電波状態の悪いところや、通信しなくてもよい場合は機内モードにする)

 なお、バッテリーは消耗品であることから、充電を繰り返すごとに、1回で使える時間が次第に短くなっていきます。1回で使える時間が、新品使用の時と比べて半分程度になったら、電池の寿命が近づいている目安となります。早めに交換もしくは機種変更をおすすめします。

 また、周囲が高温となる環境下において充放電を繰り返したり、充電しながら長時間使用したりすると、電池の劣化を早める恐れがありますので注意が必要です。

モバイルバッテリーのおすすめは!

 スマホを使い倒しているハードなビジネスユーザーから、ポケモンGOなど電力消費が半端ないアプリを多用するユーザーにとっては常識ともなっているモバイルバッテリー。いざというときに備えて、どんな機種を持っておくのがよいのでしょうか。

 日進月歩のバッテリー技術、2018年においての機能比較として、mybestのサイト記事が参考になります。

 ポイントを列記すると、以下が挙げられます。
・日常的には「充電タイプ」、緊急用として「乾電池タイプ」があると安心
・充電式の容量として、スマホ1回分の充電なら5000mAh、複数回充電したい場合は、10000mAh、充電式の容量として、タブレット用には20000mAhがおすすめ
・大きさの目安として、携帯所持するのであれば200g前後がおすすめ
・機器の対応にもよるが、スピーディーな充電には「2A以上」「急速充電対応」モデル
・複数の端末を充電するならUSBポートの数と種類に注目

 市場をみると、複数回充電できる10000mAh程度の容量で、2A以上で急速充電可能なコンパクトな使いやすいモデルでだいたい3000円前後の価格帯で購入できます。

 とても便利なモバイルバッテリーではありますが、例えば、非常時において乾電池式は乾電池の確保、充電式は充電環境がないと無用の長物と化します。予備電池の確保と、常に充電されている状態にしておくという備えを忘れないようにしておきたいところです。加えて、日常からバッテリー消耗を抑えるようなスマホの管理を心がけましょう。

<参考サイト>
・NTTdocomo:電池を長持ちさせる方法
https://www.nttdocomo.co.jp/support/trouble/battery/long/
・mybest:【プロが教える】モバイルバッテリーの最強おすすめ人気ランキング15選【2018年最新版】
https://my-best.com/959
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
「学ぶことが楽しい」方には 『テンミニッツTV』 がオススメです。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

自由とは奴隷の思想ではないか…福田恆存の人間論とは

自由とは奴隷の思想ではないか…福田恆存の人間論とは

福田恒存とオルテガ、ロレンス~現代と幸福(6)福田恒存の人間論――演戯と自然

ロレンスの『黙示録論』を通じて、日本人の依拠すべき自然観を模索した福田恆存。その思考は、演戯と自然が日本人の宿命感をもたらすという独自の人間論に結実する。「醒めつつ踊り、踊りつつ醒める」という演戯とは何か、また...
収録日:2024/05/10
追加日:2024/07/21
浜崎洋介
文芸批評家
2

フィンランドで始まったオープンダイアローグの活用法とは

フィンランドで始まったオープンダイアローグの活用法とは

メンタルヘルスの現在地とこれから(6)職場で生かすオープンダイアローグ

フィンランドの西ラップランドで始まったオープンダイアローグは、近年、日本でも注目される精神医学上の手法である。統合失調症に対する治療的介入の手法として始まり、大きな成果を上げている。行われるのは普通の対話だが、...
収録日:2024/04/17
追加日:2024/07/20
斎藤環
精神科医
3

地政学を理解する上で大事な「3つの柱」とは

地政学を理解する上で大事な「3つの柱」とは

地政学入門 歴史と理論編(1)地政学とは何か

国際政治を地理の観点からひも解く「地政学」という学問。近年、耳にすることも多くなった分野だが、どのような手法や意義を持った学問であるかを学ぶ機会は少ない。その基礎から学ぶことのできる今回のシリーズ。まず第1話では...
収録日:2024/03/27
追加日:2024/04/30
小原雅博
東京大学名誉教授
4

インドが世界有数のIT産業の拠点へと発展した理由

インドが世界有数のIT産業の拠点へと発展した理由

躍進するインドIT産業の可能性と課題(1)下請けから世界の中心へ

近年、世界的にIT産業の発展は目覚ましいが、インドがその中で果たす役割は非常に大きい。そこでこのシリーズでは、インドのIT産業の発展に関して、その背景や今後の展開について詳しく解説する。第1話は、シリコンバレーの下請...
収録日:2020/04/07
追加日:2020/06/05
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

重要思考とは?「一瞬で大切なことを伝える技術」を学ぶ

重要思考とは?「一瞬で大切なことを伝える技術」を学ぶ

「重要思考」で考え、伝え、聴き、議論する(1)「重要思考」のエッセンス

「重要思考」で考え、伝え、聴き、そして会話・議論する――三谷宏治氏が著書『一瞬で大切なことを伝える技術』の中で提唱した「重要思考」は、大事な論理思考の一つである。近年、「ロジカルシンキング」の重要性が叫ばれるよう...
収録日:2023/10/06
追加日:2024/01/24
三谷宏治
KIT(金沢工業大学)虎ノ門大学院 教授