テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2018.10.13

今「クレジットカード」なしで生活できるのか?

 みなさんはクレジットカードを持っていますか?

 現金が手元になくても商品を購入でき、おつりの煩わしさもなし。さらにはポイントを溜めれば商品や航空会社のマイル、ウェブマネーなどと交換可能...。「こんなに便利なクレジットカードがない生活なんて考えられない!」という方は多数いらっしゃることでしょう。

 そこで今回は逆説的に「現代日本人はクレジットカードを持たずに生活できるのか?」というテーマを設定。実際にクレジットカードを一枚も所有していない方のコメントを踏まえながら検証してみようと思います。

クレジットカードがないと困る場面

 30代会社員のAさん(男性)は、人生でクレジットカードを一度も持ったことがありません。学生時代に作りそびれ、そのままなんとなく作る気が起きないまま30代後半に差し掛かってしまったのだと言います。Aさんがクレジットカードを持たない生活で困るのは、以下のようなことだそうです。

・その1.ネットショッピング

 クレジットカードが現金に比べ圧倒的に優位性を誇るものの一つがネットショッピング。着払いやコンビニ支払いも可能ですが、いずれも手数料がかかるためムダな負担が増えます。Aさんはネットショッピングの利用機会がほとんどないためあまり不便さを感じておらず、「ムダな買い物を防げるのでありがたいくらい」と話しますが、一点だけ困ることがあるんだとか。

 Aさんの趣味は音楽鑑賞。今はもっぱらiPhoneのapple music経由で音楽を楽しむ日々を送っているそうですが、apple musicで音楽を購入するにはクレジットカード情報が必須なため、仕方なく奥さんのカード情報を借りているとのことです。

・その2.海外旅行

 日本ではまだまだ現金所持派が多いですが、国際社会ではキャッシュレスが加速中。北欧諸国や中国ではクレジットカードやスマホの決済アプリが主流となり、現金を持ち歩かない人が多数になってきているそうです。

 Aさんも海外旅行では大変苦労したとのことです。

 「特に思い出に残るのは、20代の頃に一人で訪れたイギリス。イギリスは硬貨の種類が多くて、最初はどのコインがいくらなのかがまったく把握できなくて…。電車や地下鉄の券売機でモタモタしていたら、まわりから白い目で見られたものです(笑)。イギリスは短い区間でも切符はカードで買えるので、このときほどカードがあればよかったと思ったことはないと思います」

 また、クレジットカードがなければそれなりの額の現金を持ち歩かなければなりません。クレジットカードならば盗難されても使用をストップしたり保証がききますが、現金の場合はそうはいきません。慎重な行動が求められることは言うまでもありません。

・その3.ETC

 高速道路の料金所精算を一時停止なしに行えるETC(Eletric Toll Collection System)。最近、導入当時のラジオ番組の音源を聞いていたら、タレントさんたちが「あれは絶対に流行らない」と口をそろえて言っていました。世論としても同じようなものだったのかもしれませんが、導入されてから10年以上が経ち、すっかり市民権を得ていますね。

 さてこのETC、みなさんもご存知の通り、クレジットカードの1機能。ETC機能のあるクレジットカードを持っていない人は、従来の有人料金所で一時停車し、現金を支払うことになります。

 Aさんは普段車をほとんど利用しないため、有人料金所での対応も特別煩わしく思ってはいないそう。ただ、ETC利用者のみを対象にした料金割引などは当然受けられないので、損をした感は否めないとこぼしていました。

 このように、クレジットカードがなくても今のところ生活は可能。ただ、これから日本もキャッシュレスの風潮が強くなっていけば、Aさんのような人もカード所持を検討せざるを得なくなるかもしません。

クレジットカードを持てないのはどのような人か

 今回ご協力いただいたAさんは自発的にクレジットカードを「持たない」選択をしていますが、クレジットカードを持ちたいけれど「持てない」という人もいます。

 その理由はいくつかありますが、最もポピュラーなのが「信用実績」のなさ。過去に長期におよぶ支払い遅延や多額の借金、自己破産などの金融事故を起こした人は、クレジットカードを持つことが難しいとされています。

 その他、年収、年齢、勤続年数、居住年数、勤務先、雇用形態などの項目に対しクレジットカード会社が設けた基準に達していない人は審査が通りません。年収は高ければ高いほどいいというわけではなく、例えば会社員に比べ収入の不安定な個人事業主は不利に働きやすいのだとか。

 なお、30歳を過ぎて一枚もカードを持っていないAさんのような人は、ブラックリスト歴が経年で消去された可能性があると見られ、審査を通りにくくなるそうです。
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
「学ぶことが楽しい」方には 『テンミニッツTV』 がオススメです。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

2024年問題は2024年で終わらない…物流業界の厳しい現実

2024年問題は2024年で終わらない…物流業界の厳しい現実

物流「2024年問題」~その実態と打開策~(1)「2024年問題」とは何か

トラックドライバーの労働時間制限によって引き起こされる物流「2024年問題」。トラック業界に訪れる働き方改革は、5年間の猶予措置を経て、さまざまな問題を噴出させる。中でも注目すべきは、時間外労働の上限規制と改善基準告...
収録日:2024/04/30
追加日:2024/06/18
首藤若菜
立教大学経済学部教授
2

OpenAI創業者サム・アルトマンとはいかなる人物なのか

OpenAI創業者サム・アルトマンとはいかなる人物なのか

サム・アルトマンの成功哲学とOpenAI秘話(1)ChatGPT生みの親の半生

ChatGPTを生みだしたOpenAI創業者のサム・アルトマン。AIの進化・発展によって急速に変化している世界の情報環境だが、今その中心にいる人物といっていいだろう。今回のシリーズでは、サム・アルトマンの才能や彼をとりまくアメ...
収録日:2024/03/13
追加日:2024/04/19
桑原晃弥
経済・経営ジャーナリスト
3

なぜ「心の病」が増えている?メンタルヘルスの実態に迫る

なぜ「心の病」が増えている?メンタルヘルスの実態に迫る

メンタルヘルスの現在地とこれから(1)「心を病む」とはどういうことか

組織のリーダーにとって、メンバーのメンタルヘルスは今や最重要課題になっている。組織として目標達成が大事であることは間違いないが、同時に一人ひとりの個性を見極め、適材適所で割り振っていく「合理的配慮」も求められて...
収録日:2024/04/17
追加日:2024/06/15
斎藤環
精神科医
4

「三種の神器」ブームの後に来た最大の危機…その予兆とは

「三種の神器」ブームの後に来た最大の危機…その予兆とは

松下幸之助の危機克服~熱海会談の真実(2)最大の危機と予兆

佐久間氏は自身の苦境を乗り越えるにあたり、松下幸之助の「最大の危機」を参考にしたという。それは1964年7月、松下関係者と販売会社・代理店のトップ200名を集めて行われた「熱海会談」である。(2023年12月1日開催日本ビジネ...
収録日:2023/12/01
追加日:2024/06/17
佐久間曻二
元松下電器産業副社長
5

直観型と熟慮型…2つの思考回路を使い分ける人間の特徴

直観型と熟慮型…2つの思考回路を使い分ける人間の特徴

行動経済学とマーケティング(2)行動経済学を構成する「3つの分野」

行動経済学は、3つの分野で構成されている。「現象の描写」「メカニズムの説明と理論」「実社会への適用」の3つだが、それぞれどのようなものなのか。詳しく解説し、従来の経済学との違いを明確にしていく。(全6話中第2話)
収録日:2024/04/08
追加日:2024/06/13
阿部誠
東京大学 大学院経済学研究科・経済学部 教授