テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2018.10.27

若い頃とは違う!40代の恋愛の特徴は?

 いつも似たタイプの異性を好きになってしまったり、恋愛で毎回同じような失敗を繰り返してきた、という方も少なくないと思います。しかし年齢を重ねていくうちに、これまでの若かった頃の恋愛とは、異性との付き合い方が変化したという人も多いのではないでしょうか。

 40代は男女ともに結婚している人が多く、40代独身男女の恋愛事情はあまり知られていないもの。そこで今回は、未婚の40代カップル6組の皆さんに、その恋愛の変化や特徴についてアンケートをしてみました。

変化したのはここ! 40代未婚カップルの恋愛とは

1:頻繁にデートをしなくなった

 若い頃は、できるだけ長い時間一緒に居たいと頻繁にデートしたり、半同棲状態だったという人も多かったようです。しかし「デートは基本週末のみ、土日のどちらか」、「昔のように何でも彼女と一緒ということはなく、週1か多くて週2、ゆっくりできる時しか会わなくなった」など、無理して会うことはしないようになったという男女がほとんど。40代にもなると働き盛りでもあり、体力的にも時間的にも、そうそうデートばかりしている余裕はないのかもしれません。

2:交際初期に結婚へのスタンスを確認する

 年齢を考えると、40代カップルにとって「結婚」は避けては通れないポイントです。「交際する時に、結婚する気があるのか、子どもは欲しいのかなどをお互い話し合うようになった」、「自分はバツイチで、もう結婚する気はない。その気持ちを相手の女性にまず伝えて、それでも付き合うかどうかを決めてもらう」というように、付き合うか付き合わないか、恋愛が始まる時期には結婚観を確認しあったというカップルも。その結果、結婚に向けて交際がスムーズにいっているという男女もいました。

3:好みのタイプより、「嫌じゃない」タイプと付き合うように

 若い頃は見た目重視で交際相手を選んできた人も、40代になって「見た目が美人でタイプでも、中身が子どもの女性は選ばなくなった」という男性や、「全然タイプではなくても、どうしても許せないとかイヤと思う部分がない男性に魅かれるようになった」という女性もいます。いくらイケメンがいいと言っていても40代独身でイケメンなどはめったにおらず、「これはこれでアリかも」と、いい意味での妥協ができるようになっていくようです。

4:諦めや、別れるのが早くなった

 「昔は、押して押しまくればなんとかなると思っていたが、今はダメなものはダメと諦めが早くなりました」と男性が言うように、無理に恋愛を深追いすることが減っていく40代。今までの経験から、恋愛が続くかどうか、上手く行くかどうかを判断する能力が高まっているという見方もできるのでは。「ダメなら次に行かないと時間がない!」という婚活モードの女性の本音にも納得。無理目な異性を追いかけるのは若さの特権で、40代は現実的になっていくものなのかもしれません。

5:お互いの時間を尊重し、束縛しない

 40代は仕事も脂がのり人間関係も充実し、それなりの地位や生活スタイルを手に入れている人も多いよう。特に独身だと趣味や友人との付き合いなど、恋愛以外にも大切にしているものがあるという男女が大半で、「自分も好きな事をしたいから、相手もそうしてほしい」とか、「仕事命の彼ですが、それだけ夢中になれる事があって良かったと思うので、忙しい時はこっちも自由にやっています」など、縛り合わない関係を築いているカップルが多くなっています。

40代の恋愛に、求められること、足りないことは?

 いかがでしたか?ご自分の20代や30代の若い頃の恋愛と比べると、40代の恋愛ではそのスタンスが激変していると感じた方もいるのではないでしょうか。

 40代になると、自分自身の生活スタイルや独自の価値観を持っている男女が増えるため、若い頃のような「恋愛がすべて」というスタンスではなくなるのが一般的。嫉妬してケンカしたり、「私と仕事どっちが大事?」といったわがままや独占欲も徐々に減ってくるようで、お互い無理のない居心地のいい相手を求めている傾向が見られました。

 一方でこの傾向は、情熱的な恋愛をしにくく、結局、交際や結婚へと発展しにくいというマイナスな側面になることも。40代で恋愛や結婚への一発逆転を狙っているのなら「心は熱く、頭は冷静に」というくらいがちょうどいいのかもしれませんね。
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
より深い大人の教養が身に付く 『テンミニッツTV』 をオススメします。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

世界が驚いた!コロナ禍の日本人をジョークにすると…

世界が驚いた!コロナ禍の日本人をジョークにすると…

世界のジョーク集で考える笑いの手法と精神(2)世界と日本のジョークの違い

ルーマニアで集めたジョークを皮切りに、「世界のジョーク集」に発展させていった早坂氏。その中で気づいたのは、世界と日本のジョークではマナーに違いがあるということである。例えば、欧州ではジョークを話す人に対してある...
収録日:2024/03/14
追加日:2024/06/21
早坂隆
ノンフィクション作家
2

なぜ「心の病」が増えている?メンタルヘルスの実態に迫る

なぜ「心の病」が増えている?メンタルヘルスの実態に迫る

メンタルヘルスの現在地とこれから(1)「心を病む」とはどういうことか

組織のリーダーにとって、メンバーのメンタルヘルスは今や最重要課題になっている。組織として目標達成が大事であることは間違いないが、同時に一人ひとりの個性を見極め、適材適所で割り振っていく「合理的配慮」も求められて...
収録日:2024/04/17
追加日:2024/06/15
斎藤環
精神科医
3

「松」が鍵…オトリ商品によって起こる「極端の回避」とは

「松」が鍵…オトリ商品によって起こる「極端の回避」とは

行動経済学とマーケティング(3)オトリ商品の罠とアンカリング効果

「オトリ商品の罠」という現象がある。寿司屋を例に挙げると、松竹梅という3つのメニューにおいて、オトリ商品の出し方を3つほど提示するのだが、そうすると、それぞれオトリになる商品があることによって、選択率が変わるとい...
収録日:2024/04/08
追加日:2024/06/20
阿部誠
東京大学 大学院経済学研究科・経済学部 教授
4

OpenAI創業者サム・アルトマンとはいかなる人物なのか

OpenAI創業者サム・アルトマンとはいかなる人物なのか

サム・アルトマンの成功哲学とOpenAI秘話(1)ChatGPT生みの親の半生

ChatGPTを生みだしたOpenAI創業者のサム・アルトマン。AIの進化・発展によって急速に変化している世界の情報環境だが、今その中心にいる人物といっていいだろう。今回のシリーズでは、サム・アルトマンの才能や彼をとりまくアメ...
収録日:2024/03/13
追加日:2024/04/19
桑原晃弥
経済・経営ジャーナリスト
5

2024年問題は2024年で終わらない…物流業界の厳しい現実

2024年問題は2024年で終わらない…物流業界の厳しい現実

物流「2024年問題」~その実態と打開策~(1)「2024年問題」とは何か

トラックドライバーの労働時間制限によって引き起こされる物流「2024年問題」。トラック業界に訪れる働き方改革は、5年間の猶予措置を経て、さまざまな問題を噴出させる。中でも注目すべきは、時間外労働の上限規制と改善基準告...
収録日:2024/04/30
追加日:2024/06/18
首藤若菜
立教大学経済学部教授