10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2018.11.08

近視進行抑制に効くバイオレットライトとは?

今、世界中で近視の子どもが増えている

 ひと頃の海外での日本人観光客のイメージは、「カメラを首から下げていて、メガネをかけている」というものでした。今は、カメラの代わりにスマホ、メガネではなくコンタクトレンズ、と様変わりしましたが、日本人に近視の人が多いという状況は変わっていません。また、そのほとんどが子どものうちから近視になっているようです。

 実は近年、世界中で爆発的といってもいい勢いで近視の子どもが増えているのです。特に日本を含む東アジアでその傾向は顕著だと言われています。ここで「たかが近視」とあなどってはいけません。なぜなら、強度近視は失明の原因の第5位に位置するほど、危険度の高いものだからです。

 このような状況をふまえ、慶應義塾大学医学部眼科学教室教授の坪田一男氏は、近視はれっきとした「病気」であるととらえ、早めに対処することが大事だと注意を促しています。坪田氏の著書『あなたのこども、そのままだと近視になります。』を参考に、近視の原因及び確かなエビデンスのある治療・改善方法についてご紹介しましょう。

注意すべき「軸眼長の伸展」

 近視とは、「網膜よりも前方で像が結ばれてしまい、遠くのものにピントが合わない状態」と定義されます。近視の主な原因は2つあり、1つ目は水晶体が伸び縮みしにくくなりピントが近くに固定されてしまうことにあります。これによって起きるのが屈折性近視(よく「仮性近視」と呼ばれるもの)で、目のストレッチや点眼薬などで改善することができます。やっかいなのは2つ目の原因で、「眼軸長」と呼ばれる眼球の長さの伸展によって起こる「軸性近視」です。

 この眼軸長は体の成長とともに伸びるため、小学生から高校生の成長期には不可避の現象であり、成長に伴う適正な伸展ならさほど問題はありません。また、成長期に眼軸長が長くなって軽度の近視になっても、早めに眼科を受診して検査や治療を続ければ近視の進行を抑えることができます。

 成長期に近視に気がついたら放置しないというのが何より大切です。さらに坪田氏の研究チームは、眼軸長の伸展を抑え「近視抑制に明らかに重要だと言えるのは、屋外活動だけ」であるという確証を得るに至りました。もちろん、両親が近視であるといった遺伝的因子も近視の発症・進行に影響するのですが、それよりも屋外での活動や運動の時間の多寡の方が、圧倒的に影響が大きいことが分かったのです。外で遊ぶ時間が1週間で5時間以内の子どもと10時間以上の子どもを比較した場合、たとえ両親がともに近視であっても屋外活動の多い(この場合、10時間以上の)子どもは近視進行の割合がぐっと少ないのだそうです。

近視進行抑制に「バイオレットライト」が効く

 さらに坪田氏の研究が画期的だったのは、屋外活動の効果の要因が特定の「光」にあることを究明したことです。実は、眼軸長の伸展にはある種の光が大きく影響しているらしいことは、欧米でもいくつかの研究で判明していたのですが、今までの各研究ではそれがどんな光なのかまでは明らかにされていませんでした。そこで、坪田氏のチームは研究を重ね、それが「バイオレットライト(紫光)」であることをつきとめたのです。

 可視光線は波長の長い赤外線から短い紫外線まで何段階かに分かれていますが、バイオレットライトは紫外線より少し長い波長360~380nm(ナノメートル)程度の光です。このバイオレットライトが目に入ると眼軸長の伸びが抑えられため、「バイオレットライトには近視抑制効果があると考えられる」と、坪田氏は述べています。また、バイオレットライトを当てると、近視を抑制する遺伝子EGR1が増えることが実験結果から明らかになったとも伝えています。

 紫外線は目だけではなくいろいろと健康への影響が指摘されているため、一般的には「UV400」を基準に波長400nm以下はすべて紫外線としてカットするのがよいとされているのが現状です。しかし、坪田氏は380nm前後のバイオレットライトが近視抑制には効果絶大なのだと言います。近視予防策としてはこのバイオレットライトを取り入れるために「屋外活動をする」のが何より有効であり、できれば「1日2時間程度の屋外活動、運動」を坪田氏は推奨しています。

適切な紫外線対策をしよう

 もちろん、紫外線の悪影響は考慮すべきですが、行き過ぎた紫外線対策で子どもをほとんど外に出さないというのは避けるべきでしょう。直射日光を浴びるということではなく、日陰で過ごしたり帽子をかぶったりすればよいということです。今のところ、サングラスやその他の紫外線対策グッズは400nm以下のUVをすべてカットするものが主流ですが、坪田氏は現在、360nm以下の光はカットしつつ、380nmの光は透過しきちんとバイオレットライトを取り入れることのできるメガネやガラスを開発中とのことです。

 真に目に優しい製品、素材が広く出回ることを待つとして、子どもたちの目の健康を守るためにも正しいUVケアの知識を持ちたいですね。

<参考文献>
『あなたのこども、そのままだと近視になります。』(坪田一男著、ディスカヴァー・トゥエンティワン)
https://www.d21.co.jp/shop/isbn9784799320419

(10MTV編集部)