テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2018.12.07

シワ・たるみができやすい人の特徴

冬は寒くなり、肌が乾燥しやすい季節です。肌が乾燥するとシワやたるみの原因となるといわれます。そもそもシワやたるみはどうしてできるのでしょうか。今回はシワやたるみの原因や、シワ・たるみが現れやすいタイプの人、その対策法についてご紹介します。

シワ・たるみができる原因

1:加齢、閉経など生理的な変化
 顔には表情筋という筋肉があります。年を取ると足の筋肉が落ちて足腰が立ちづらくなるように、表情筋の筋力が落ちることによって顔の皮下脂肪を支える力が衰えます。その結果、シワやたるみができてしまいます。

 また、加齢や閉経による女性ホルモンの減少もシワやたるみの原因です。女性ホルモンには骨やコラーゲンを生成するなど、肌を守るために様々な役割を担っていますが、女性ホルモンが減少することによってそれらの機能を維持できなくなります。骨が減ると骨を覆う肌はたるみ、コラーゲンが減ると肌のハリが失われます。

 こういった加齢による生理的な変化は、女性であれば避けがたいものです。できるだけ早めに対処し、進行を遅らせる必要があります。

2:乾燥・紫外線など外界の刺激

 肌が乾燥がちになると肌のバリアがもろくなるため、外部からの刺激から守ろうとして角質が固くなります。そのため「ちりめんジワ」と呼ばれる無数の小ジワにつながり、放っておけば戻りにくくなります。

 また、肌の奥にある真皮層にはコラーゲン線維という肌のハリを保つ場所があります。紫外線はその真皮層まで届くため、真皮層内で炎症を引き起こします。

3:ストレス・生活習慣による新陳代謝の乱れ

 継続的なストレスやバランスの悪い食事、睡眠不足、喫煙・飲酒が習慣になっている人も要注意です。不摂生は肌の新陳代謝の乱れを招き、体を老けこませることになります。特に喫煙は血流を悪くし、肌に栄養を行き渡らせづらくなるばかりか、コラーゲンの生成を阻害する活性酸素を急激に生み出すため、常に肌に大きな負荷をかけていることになります。

4:間違ったスキンケアやマッサージ、化粧品による炎症

 一日に何度も洗顔する、クリームを塗らずに強く肌を揉むなど、間違ったスキンケアや過度なマッサージは肌を痛めつけるのと同じです。また、自分に合わない化粧品を使うと肌の炎症を引き起こすため、シワやたるみの原因となります。

シワ・たるみになりやすい人の特徴

 上記のような原因に加え、以下のような習慣がある人もシワ・たるみができやすいといわれています

・姿勢が悪い人
 猫背の人や、ほおづえをつくのがクセ、といった悪い姿勢を続けている人も、シワやたるみが起きやすくなります。表情筋は体幹とつながっているため、体幹が崩れて体にゆがみが生じると、表情筋も一緒にたるみやすくなるからです。

・無表情の人、表情グセがある人
 ポーカーフェイスは表情筋の筋力を衰えさせます。またつい眉間に眉を寄せてしまうなど表情グセがある人も、年齢と共にシワが消えにくくなった時、顔の印象に大きな影響を与えるので注意が必要です。

・無理なダイエットやリバウンドを繰り返している人
 ダイエットやリバウンドを繰り返すなど、体重の増減が激しい人も要注意。心身に影響があるのはもちろん、体重増加で伸びた肌が元に戻らず、シワやたるみとして現れやすくなります。

シワ・たるみを防ぐ対策法

 加齢は避けられないことですが、たとえ年齢的に若くても、顔にシワやたるみがあるだけで老け込んで見えてしまいます。健やかな肌を保つには、何より「肌に負担をかけない」「うるおいを保つ」こと。加齢に負けないために、早め早めの対策をしましょう。

・正しいスキンケアによる保湿
 化粧水やクリームを使った保湿ケアは日々行いましょう。肌に良いと思ってやっているのに肌荒れがなかなか改善されない、悪化したという人は専門家に診てもらい、改善していきましょう。

・紫外線対策
 日焼け止めを塗る、免疫力を高めて新陳代謝を促すなど、紫外線対策は必須。直射日光はもちろんですが、地面からの反射でも紫外線の影響を受けます。天気や外出のある・なしに関わらず、日焼け止めは欠かさないようにしたいところです。

・表情筋を鍛える
 適度なプチ・マッサージやエクササイズをして、表情筋を鍛えましょう。また普段から歯ごたえのあるものを食べる、良く笑うなど、顔を動かすことを意識した行動をしましょう。

・生活習慣を見直す
 どんなに表面上のケアをしても、内面にトラブルを抱えていては肌荒れを繰り返すだけ。遠回りに感じても、じっくりと内面から磨きをかけることも大切です。ストレスは適度に発散する、体に良いものを口にする、メリハリある生活を心がけるなどして、肌をいたわりながら身も心も美しくなりましょう。

<参考サイト>
・シワのできやすい人とできにくい人の違いとは?(クリニックビザリア 美ケア診察室)
http://www.bizarria.jp/column/wrinkle/column01/
・しわ・たるみの原因・対策(湘南美容クリニック)
https://www.s-b-c.net/contents_antiageing/antiageing/shiwatarumigenin.html
・顔のたるみの意外な原因!!今、知っておきたい骨の真実。(ロート製薬 太陽笑顔fufufu)
https://fufufu.rohto.co.jp/feature/275/1/
・しわ、たるみのメカニズム(アラガン・ジャパン 美容医療情報サイト)
http://vst-beauty.jp/gen/definition/shiwatarumi.html
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
雑学から一段上の「大人の教養」はいかがですか?
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

地政学を理解する上で大事な「3つの柱」とは

地政学を理解する上で大事な「3つの柱」とは

地政学入門 歴史と理論編(1)地政学とは何か

国際政治を地理の観点からひも解く「地政学」という学問。近年、耳にすることも多くなった分野だが、どのような手法や意義を持った学問であるかを学ぶ機会は少ない。その基礎から学ぶことのできる今回のシリーズ。まず第1話では...
収録日:2024/03/27
追加日:2024/04/30
小原雅博
東京大学名誉教授
2

山上憶良が「沈痾自哀文」の中で語った人間の価値とは

山上憶良が「沈痾自哀文」の中で語った人間の価値とは

山上憶良「沈痾自哀文」と東洋的死生観(2)救済思想と人間の価値

「人の善悪は報われるのか」という山上憶良の問いは、古くは4世紀の中国仏教界を揺るがしたものであり、新しくはミュージカル『キャッツ』にみられる救済思想とも重なっている。ここで難しいのは因果応報思想との関係で、人間の...
収録日:2024/04/02
追加日:2024/07/19
上野誠
國學院大學文学部日本文学科 教授(特別専任)
3

失敗する日本のやり方…『孫子』に学ぶ華僑との違い

失敗する日本のやり方…『孫子』に学ぶ華僑との違い

『孫子』を読む:九變篇(1)主導権を握るために

変化が激しいと敵の実態をつかめない。実態がよく分からないことほど恐怖に思うことはない。つまり、戦略として実態を明らかにしないことが非常に重要なのである。今回から3回にわたって学んでいく『孫子』の「九變」とは大いな...
収録日:2020/07/07
追加日:2024/07/18
田口佳史
東洋思想研究家
4

常識を初めて知った!?生成AIの大規模言語モデルとは

常識を初めて知った!?生成AIの大規模言語モデルとは

生成AI・大規模言語モデルのしくみ(2)機械学習と大規模言語モデル

機械学習とは何なのか。AIはどのように「理解をしている」のか。近年の著しい進歩により、ますます身近な存在になっている生成AIだが、それがどのようなメカニズムでさまざまなデータを出力しているのかを知る機会は少ない。そ...
収録日:2024/04/16
追加日:2024/07/16
岡野原大輔
株式会社Preferred Networks 共同創業者、代表取締役 最高研究責任者
5

2016年、2020年の米大統領選の各州の結果はどう違ったか?

2016年、2020年の米大統領選の各州の結果はどう違ったか?

「同盟の真髄」と日米関係の行方(6)アメリカ大統領選挙を占う3つの州

2024年11月に控えたアメリカ大統領選挙。民主党の候補者として現大統領のバイデン氏が、共和党の候補者として前大統領のトランプ氏が指名されることになった。激戦が予想されるが、大統領選挙には、その鍵を握る3つの州がある。...
収録日:2024/04/23
追加日:2024/07/17
杉山晋輔
元日本国駐アメリカ合衆国特命全権大使