テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2019.01.03

既婚者に聞く「結婚相手に求める条件」は?

 結婚前は誰でも多かれ少なかれ、結婚の理想像や結婚相手への条件を持っているものだと思います。年齢を重ねるにつれ条件が多くなる人もいれば、「誠実だったら、もうそれでいい」と理想ばかり追うのを諦め始めたという人もいるようです。

 2015年に国立社会保障・人口問題研究所が発表した独身者を対象にした調査によると、結婚相手に求める条件は、男女ともに第1位は「人柄」、そして2位は「家事・育児の能力」、3位は「自分の仕事への理解」という結果に。3位までは男女で全く同じ順番の条件が並んだのも驚きですが、結婚後も仕事を続けたいと考えている女性が増えたことが、男女差のない結果が見られる要因のひとつかもしれません。

 しかし、結婚前の条件はある意味理想に過ぎず、実際結婚してみたら違ったということもあるのではないでしょうか。そこで今回は、既婚者男女に、その理想と現実のギャップとも言うべき「結婚後に実感した結婚相手に求めるべき条件」をアンケートしてみました。

結婚後に実感、本当に重要な「結婚相手に求める条件」とは?

 既婚男女各20人に聞いた「結婚後に感じる、結婚相手に求めるべき条件」の上位4つをご紹介していきます。

1:体力や健康
 意外と多かったのが、この「体力や健康」。結婚相手の健康度は家庭の経済力にも関わってきますし、パートナーが病弱だと常に心配や不安が絶えず、自分の家事や労働、子育てへの負担が重くなることも。「夫が10歳年上ですが、とにかく健康でいてくれるので歳の差も不安要素になりにくい」、「妻が身体が弱いので、何かあると親にサポートしてもらったり自分が仕事を休んで子どもの世話をしたりで大変」など、パートナーの健康面は家庭や家族への影響が大きいようです。

2:経済観念の一致
 先ほどの独身調査の結果でも、女性は男性の経済力を結婚の条件として重要視する人も多い割合でいましたが、結婚後は経済力そのものよりも「経済観念」が大事という意見が多く集まりました。「夫が見栄っ張りで、ブランド物が大好きで奢り癖もありお金が貯まらない」、「私への小遣いは必要最低限なのに、妻は贅沢三昧」というように、お金の使い方への不満は結婚後に噴出するよう。経済観念が似ている同士かどうかは家庭生活に重要だという声が多く聞かれました。

3:コミュニケーション量
 一緒に生活をしていく中で「ありがとう」や「ごめんなさい」が素直に伝えられたり、きちんと夫婦で話し合いができるかどうかは結婚生活を上手くいかせるために必要な条件という意見が集まりました。「言わなくても察してほしいとか、夫婦なんだからいちいち口に出さなくても分かるだろうというような口下手なタイプは、誤解を招いたり没コミュニケーションに陥りがち」という声も。結婚前から口数が少ない人は、結婚後はさらに口数が減るので要注意というアドバイスも。

4:思いやり
 結婚前は相手にいい顔をできても、家族になるとそこが雑になる人も多いそう。「結婚後も変わらず優しく思いやりのある夫は、稼ぎはイマイチですが精神的な支えになってくれる」、「夫の私へはもちろん、私の両親や親戚にも思いやりのある態度で接してくれるのは大きかった」という声もあるように、思いやりのある相手との結婚満足度は高いようです。長い結婚生活、様々な困難の時もありますから、そんな時に思いやりがある相手となら乗り越えられるのかもしれません。

独身者と既婚者の「条件」の違いは、どこにある?

 既婚者の実感から出た4つの条件を読んで、これから結婚するかもしれないシングルの皆さんはどう感じましたか?

 ちなみに、上位3つの独身者の求める条件の調査結果をどう思うかと既婚者のみなさんにも聞いてみたところ、「人柄はもちろん大切」という声が多かったものの、「家事・育児の能力はあると思っていても実際のところは当然分かっていないので、勘違いだった」とか「自分の仕事への理解があっても、出産や育児、介護となったらそんなことを言っていられない状況になった」と厳しい声も。

 独身者の求める条件と、既婚者の条件を比較してみると、結婚前は「相手がどんな人で、どんな付帯条件を持っているか」と自分にとってのプラス条件であることに注視していますが、結婚後では「結婚生活の中で、相手が家庭に及ぼす影響」で条件が語られています。「こんな人と結婚したら幸せになれそう」という理想が膨らむのがシングルの特権でもありますが、結婚生活という長く続く暮らしの中では、夫婦や家族の関係を共に構築する上で必要な条件を見極めなくてはならない、という既婚者の貴重な意見も参考になるのではないでしょうか。

<参考サイト>
国立社会保障・人口問題研究所│第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)
http://www.ipss.go.jp/ps-doukou/j/doukou15/gaiyou15html/NFS15G_html04.html
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
「学ぶことが楽しい」方には 『テンミニッツTV』 がオススメです。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,100本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

失敗から学んだ石田梅岩、独学で教養を高めた少年期の体験

失敗から学んだ石田梅岩、独学で教養を高めた少年期の体験

石田梅岩の心学に学ぶ(2)梅岩の教養を育んだ少年期の体験

江戸の町人の例に漏れず11歳で奉公に出た石田梅岩だが、奉公先の商家の事情から15歳で帰郷する。失敗ともいえるこの体験が梅岩思想に与えた影響は大きいと言う田口氏。郷里へ戻った梅岩が23歳で再び奉公するまでの記録は残って...
収録日:2022/06/28
追加日:2024/04/15
田口佳史
東洋思想研究家
2

ロボットの「カンブリア爆発」時代へ電動化がもたらすもの

ロボットの「カンブリア爆発」時代へ電動化がもたらすもの

日本のエネルギー&デジタル戦略の未来像(1)電動化で起こる「カンブリア爆発」

「カーボンニュートラル」に代表されるように、持続可能なエネルギー活用を目指す動きは世界的に加速している。特に東日本大震災以降、日本でもエネルギー問題は課題となっている。では日本は、どのようなエネルギー戦略を構築...
収録日:2024/02/07
追加日:2024/04/13
岡本浩
東京電力パワーグリッド株式会社取締役副社長執行役員最高技術責任者
3

がん治療にも応用、オートファジーによる疾患制御の方向性

がん治療にも応用、オートファジーによる疾患制御の方向性

オートファジー入門~細胞内のリサイクル~(5)オートファジーと疾患の関係

オートファジーは人間の疾患とどのように関係しているのか。大隅良典氏の研究を皮切りに、急速に発展してきたオートファジー研究だが、その研究成果は医学の分野において、薬剤の開発やがん治療への応用など、新たな手法を生み...
収録日:2023/12/15
追加日:2024/04/14
水島昇
東京大学 大学院医学系研究科・医学部 教授
4

議論で和を実現せよ、怒りと執着を捨て凡夫の自覚を持て

議論で和を実現せよ、怒りと執着を捨て凡夫の自覚を持て

聖徳太子「十七条憲法」を読む(5)条文を読む…和と議論

「議論によって和を実現する」――これは、十七条憲法の条文の中で最も多くかつ非常に重要なこととして第一条、第十条、第十五条、第十七条に記されている内容である。議論を尽くすことにより自ずと立ち上がる道理。また、その前...
収録日:2023/08/24
追加日:2024/01/04
賴住光子
東京大学大学院人文社会系研究科・文学部倫理学研究室教授
5

なぜ今「心理的安全性」なのか、注目を集める背景に迫る

なぜ今「心理的安全性」なのか、注目を集める背景に迫る

チームパフォーマンスを高める心理的安全性(1)心理的安全性が注目される理由

「心理的安全性」は近年もっとも注目されるビジネスバズワードの一つともいわれている。その背景には、コロナ禍におけるリモートワークの増大、社会全体が未来予測の難しい「VUCAの時代」に入ったことがある。職場環境が多様に...
収録日:2022/04/26
追加日:2022/07/23
青島未佳
一般社団法人チーム力開発研究所 理事