テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2018.12.31

単身者の5%が預貯金ゼロ!金融資産の中央値は?

 ここ数年、NISAやiDeCoといった投資に関連する税制優遇策など、お金が世の中を回るような仕組みが模索されてきました。しかしこれは余裕資金をどうするか、という話です。そういう制度があることは知っているけど余裕がない、お金はあったらあっただけ使う、という人も特に独身の人の中には結構いるかもしれません。また実際、周囲の人がどの程度の資産をもっているのか気になっていても、そうそう訊けないもの。ということで、ここでは、単身世帯と二人以上の世帯での金融資産保有額のデータをそれぞれ見てみましょう。

単身世帯の金融資産平均744万円、中央値50万円

 金融広報中央委員会が発表している「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](2018年)」によると、金融資産保有額(金融資産=運用または将来への蓄えのための資産)の平均値は744万円となっています。平均744万円というのは、意外と多い、という印象ではないでしょうか。この数字をみるとちょっと焦る人もいるかもしれません。しかし、「中央値」をみると50万円です。

 「中央値」とは、「数値を順番に並べていった際に中央にくる値」のことです。つまり、金融資産の平均が744万円で中央値が50万円ということは、ずば抜けて多くの資産をもっている人が平均値を押し上げている、と考えられます。つまり実情をより反映しているのは「中央値」のほうです。つまり金融資産に関しては、かなりの格差があると考えて良さそうです。また、「金融資産を保有していない」と回答した世帯は5.6%となっています。

二人以上の世帯の金融資産平均1,151万円、平均値450万円

 一方、二人以上の世帯における金融資産保有額の平均値は1,151万円、中央値は450万円となっています。「金融資産を保有していない」と回答した世帯は1.6%です。単身世帯と比べると、平均値、中央値、ともに400万円ほど高いですが、こちらも注目すべきは中央値で、単身世帯のおよそ8倍です。比率で考えて単身世帯よりかなり高いと言えます。つまり、多少なりとも金融資産を保有しようとする意識が、二人以上の世帯では大きく上昇することを示しています。

金融資産の内訳

 金融資産の内実を詳しく見ると、単身世帯では「預貯金」 41.7%、「有価証券(債券、株式、投資信託)」30.9%、「生命保険」9.6%、「個人年金保険」9.1%。二人以上の世帯では、「預貯金」43.9%、「有価証券(債券・株式・投資信託)」19.2%、「生命保険」22.4%です。「預貯金」は大きくは変わりませんが、「有価証券(債券・株式・投資信託)」が二人以上の世帯では、およそ11%減り、「生命保険」がおよそ13%増えています。つまり、単身世帯では、よりリスクの高い「有価証券(債券、株式、投資信託)」の割合が高く、二人以上の世帯になると、「生命保険」といった、未来の安定と保障に向けた資金への意識が高まっています。

「金融資産の格差」は「自由の格差」

 家族を持てば、その家族への経済的配慮が生じることは当然といえば当然です。しかし、単身のうちから資産形成の意識をもっておくと、その後の生活の自由度が上がります。転職や結婚は、まずそれなりの資金がなければ、スムーズには進まない可能性もあります。またやりたいことをみつけて教育を受ける、資格を取得するための学校に通うといったことも、金融資産があれば比較的自由に選択ができます。

 こういった意味で、「金融資産の格差」は「自由の格差」ともいえるかもしれません。もちろん、単身であっても年齢を重ねれば、給与も増え金融資産も増えてくるでしょう。しかし、その分仕事の責任が大きくなったり、パートナー探しが難しくなったりと、できることの可能性は下がります。こういう意味で、生き方の自由を保つために、若いうちから少しずつ金融資産を積み立てていく習慣は大事だといえるのではないでしょうか。

<参考サイト>
・知るぽると:「家計の金融行動に関する世論調査」[単身世帯調査](2018年)
https://www.shiruporuto.jp/public/data/survey/yoron/tanshin/2018/pdf/yoront18.pdf
・知るぽると:「家計の金融行動に関する世論調査」[二人以上世帯調査](2018年)
https://www.shiruporuto.jp/public/data/survey/yoron/futari/2018/pdf/yoronf18.pdf
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
雑学から一段上の「大人の教養」はいかがですか?
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

なぜ「心の病」が増えている?メンタルヘルスの実態に迫る

なぜ「心の病」が増えている?メンタルヘルスの実態に迫る

メンタルヘルスの現在地とこれから(1)「心を病む」とはどういうことか

組織のリーダーにとって、メンバーのメンタルヘルスは今や最重要課題になっている。組織として目標達成が大事であることは間違いないが、同時に一人ひとりの個性を見極め、適材適所で割り振っていく「合理的配慮」も求められて...
収録日:2024/04/17
追加日:2024/06/15
斎藤環
精神科医
2

ぜいたくは素敵だ!?…戦時中の日本にもあった諷刺の精神

ぜいたくは素敵だ!?…戦時中の日本にもあった諷刺の精神

世界のジョーク集で考える笑いの手法と精神(1)体制を笑うジョークと諷刺の精神

「ジョークは時代を映す鏡」といわれる。ウクライナと中東では戦争と紛争が続いており、一部の専制国家では自由な言論ができない社会で市民は暮らしている。そうした抑圧された環境下では、体制を笑う諷刺的なジョークが生まれ...
収録日:2024/03/14
追加日:2024/06/14
早坂隆
ノンフィクション作家
3

直観型と熟慮型…2つの思考回路を使い分ける人間の特徴

直観型と熟慮型…2つの思考回路を使い分ける人間の特徴

行動経済学とマーケティング(2)行動経済学を構成する「3つの分野」

行動経済学は、3つの分野で構成されている。「現象の描写」「メカニズムの説明と理論」「実社会への適用」の3つだが、それぞれどのようなものなのか。詳しく解説し、従来の経済学との違いを明確にしていく。(全6話中第2話)
収録日:2024/04/08
追加日:2024/06/13
阿部誠
東京大学 大学院経済学研究科・経済学部 教授
4

「トゥキディデスの罠」の教訓、大事なのは4つの戦争回避

「トゥキディデスの罠」の教訓、大事なのは4つの戦争回避

地政学入門 歴史と理論編(7)戦争を起こさないための地政学

国際社会において戦争を起こさないためには、これまでの歴史を踏まえて地政学的に世界情勢を分析することである。第1次・第2次世界大戦から冷戦期における分析からはじめ、古代ギリシャから現代まで引き継がれる「トゥキディデ...
収録日:2024/03/27
追加日:2024/06/11
小原雅博
東京大学名誉教授
5

松下幸之助は聞き上手ではなく言わせ上手…素直な心で即断

松下幸之助は聞き上手ではなく言わせ上手…素直な心で即断

松下幸之助の危機克服~熱海会談の真実(1)最初の出会いでの衝撃

「私は松下幸之助に惚れました。この人についていこうと思いました」――こう語るのは、28歳から25年間、幸之助の薫陶を受けた佐久間氏。かつて松下電器産業副社長を務めた氏が幸之助から学んだこととは何だろう。最初の出会いで...
収録日:2023/12/01
追加日:2024/06/10
佐久間曻二
元松下電器産業副社長