テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2019.02.13

「本当の大人」になるための人生哲学

 今は、大人が大人として、内面的に成長・成熟した人間として、真に満たされた人生を生きるのが難しい時代です。なぜでしょうか。

 それは「若さ偏重主義」があまりにも激しいからだと、明治大学文学部教授の諸富祥彦氏は指摘します。若さ、元気、活躍、成功、金銭といった外的なことばかりを重視し、「いつまでも若々しく、いきいきしている」ことばかりが大事だと偏重されてきたというのです。つまり、その背後で、内面の成長・成熟がないがしろにされてしまったのです。

40代、50代からは「人生の午後」

 では、どうすればよいのでしょう。心理療法家のユングによると、人間は、中年期(今の日本でいえば、40代前半あたり)に、「人生の正午」をむかえ、それ以降、「人生の午後」を生きることになります。そして、それにあたってはそれまでの外的な活動性を中心とした生き方から、内面性に軸をおいた生き方へと、「人生の転換」を図らねばと説きました。しかし、先ほど述べたように、大人であることが困難な、この現代日本という社会において、成熟した大人であることは、いかにして可能なのでしょうか。

 冒頭で紹介した諸富氏は、自らも50代の「中年男性」であり、大学での心理学研究・教育とならんで、カウンセリングの現場で多くの人を見つめ続けてきた臨床心理士です。諸富氏は、著書『「本当の大人」になるための心理学──心理療法家が説く心の成熟』で、4つのキーワードを挙げて、その具体的な方法を説明しています。その4つのキーワードとは、「人生の使命」「こだわりぬくこと」「静かな、深い孤独」「少数の他者との深い交流」です。

人格の成熟に必要な三つのもの

 40歳、50歳をすぎ、中高年になると、「人生の問い」が転換すると、諸富氏は述べています。人生の前半は「自己実現の問い」です。たとえば「自分が本当に望むことは何だろう」とか、「どうすれば自分の可能性を最大限に生かすことができるか」といったものです。20代、30代の頃はそれでよくても、人生の折り返し地点をすぎ、「人生の午後」を生きる中高年が問うべきは、次のようなことです。「自分の人生に与えられた使命をまっとうするには、どう生きるべきだろう」「残された時間で何をまっとうすることが私に求められているのだろう」。こうした「意味実現」の問い、「使命実現」のための問いが必要だというのです。

 「人生の問い」の主語が、「私は」から「人生は」に必然的に変わっていく。諸富氏は「これからの時代に中高年が成熟していくために必要だと思うことが三つあります」として、以下を挙げています。

1:「自分の人生に与えられた使命・天命」
2:一人になって自分を深く見つめる「深層の時間」
3:深く交流しあう体験

 自分は何のために生まれてきたのか。その意味を知りたいと思うとき、それは、自分の生き方を見つめ直すときでもあるのでしょう。

大人がもつべき六つの人生哲学

 自分の哲学をもっている大人には、余裕が生まれます。諸富氏が同書のなかで挙げている「成熟した大人の六つの人生哲学」をご紹介しましょう。

1:人はわかってくれないものである
2:人生は、思いどおりにならないものである
3:人はわかりあえないものである
4:人間は本来一人である
5:私は私のことをして、あなたはあなたのことをする
6:仲間から孤立し一人になってもやっていけないことはない

 いかがでしょうか。精神性の深みの次元へと心の軸を転換していくには、いかんともしがたいこともあるのだという現実を引き受け、受け入れるべきは受け入れる。そこから、自分の価値観を確立し、自分らしく生きることが始まるのだということです。そこで、諸富氏は「人のせいにして生きるのをやめる。これがとても大事」と述べています。

「人生の午後」を生きる中年男性として

 ほかにも、希望を失わずに現実を受け入れる有益な心構えをさまざまに説いている諸富氏ですが、自らも「人生の午後」を生きる中年男性であるとして、同書を次の言葉で締めくくっています。

「私の恐れはただひとつ。それは、人生の終わりに、自分の生に与えられた使命(ミッション)を納得のいくように果たすことができないままに死ぬことである。まだ死ぬに死ねない、という思いを抱えて死ぬことである。死ぬときに、未練たらたらで死ぬことだけは、避けたいものだ。そのためにも、一つひとつのことに思いと祈りを込めて、日々のことをおこなっていきたい。そう思っている」

 諸富氏がこの文章を書いたのは54歳のときでした。いかがですか。みなさんは、どのように人生の午後を生き、そしてどのように人生の終わりをむかえたいと思いますか。

<参考文献>
・『「本当の大人」になるための心理学 心理療法家が説く心の成熟』(諸富祥彦著、集英社新書)
https://shinsho.shueisha.co.jp/kikan/0901-e/

<関連サイト>
・諸富祥彦のホームページ
http://morotomi.net/
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
物知りもいいけど知的な教養人も“あり”だと思います。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,100本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

なぜ遣唐使は神頼み?「好去好来の歌」から浮かぶ疑問

なぜ遣唐使は神頼み?「好去好来の歌」から浮かぶ疑問

山上憶良「好去好来の歌」を読む(2)言霊の加護ある国の神様と遣唐使

山上憶良の「好去好来の歌」にはどのようなことが詠われているのか。言霊に加護された大和の国から荒海を旅する遣唐使の危険に対して、海上の道も陸上の道も大和の神々がきっと守ってくれると、その一首には詠まれている。ここ...
収録日:2024/04/02
追加日:2024/05/26
上野誠
國學院大學文学部日本文学科 教授(特別専任)
2

人間だけが大人になっても「学び」を持続できる

人間だけが大人になっても「学び」を持続できる

「学びたい」心のための環境づくり

人生を豊かに、充実したものにするために、必要不可欠なスパイスとなるのが「好奇心」であることを否定する人はいないだろう。しかし、この「好奇心」は、進化生物学見地からすると、どのように考えられるのだろうか。行動生態...
収録日:2018/02/14
追加日:2018/05/01
長谷川眞理子
日本芸術文化振興会理事長
3

地域間の不均衡解消、電力移動を可能にする「3つの階層」

地域間の不均衡解消、電力移動を可能にする「3つの階層」

日本のエネルギー&デジタル戦略の未来像(7)電力供給の「3つの階層」

カーボンニュートラルな再生可能エネルギーを生み出す技術は、すでに確立されつつある。問題は、それをいかにして社会に実装し、使用率を高めるかである。分散型の電力供給が前提となる中で、地域間や消費者間の電力移動を可能...
収録日:2024/02/07
追加日:2024/05/25
岡本浩
東京電力パワーグリッド株式会社取締役副社長執行役員最高技術責任者
4

日本が必要なのは「軽武装・経済優先主義」からの大転換

日本が必要なのは「軽武装・経済優先主義」からの大転換

グローバル・サウスは世界をどう変えるか(8)日本の新しい平和戦略

日本は戦後70年以上、日米安保の下で経済活動だけに注力してきた。そして1人当たりのGDPではアメリカと肩を並べるほどに急成長したものの、この「軽武装・経済優先主義」の代償として国民の安全保障への意識低下を招いた。だが...
収録日:2024/02/14
追加日:2024/05/22
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

隠れている好奇心をあぶり出す癖をつけるのが教養の第一歩

隠れている好奇心をあぶり出す癖をつけるのが教養の第一歩

いま求められる「教養」とは(2)教養と好奇心

教養を身に付けるには、「正解のない問いを考えて答えを見つけていく」こととともに、「相手の立場になってものを考える」ことが重要だと第1話で話された柳川範之氏。そこで大事なのは好奇心だが、「みんな、好奇心の芽を摘まれ...
収録日:2019/07/10
追加日:2019/09/16