テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2019.02.15

ソースの2度づけは5秒ルールよりも不衛生?

 食い倒れの街、大阪の美味いものといえばたこ焼き、お好み焼きと並んであげられる、串揚げ。『英国一家、日本を食べる』の著者マイケル・ブースは、「いまだに世界で旋風を起こしていないのはなぜなのか、理解に苦しむ」と絶賛し、近年は関東にもチェーン店が出てきてジューシーな味を楽しめるようになりました。

 そんな串揚げと聞いて連想するのは、「2度づけ禁止!」のルールではないでしょうか。串揚げに馴染みがない地域に住んでいる方でも、耳にしたことくらいはあると思います。実際、串揚げ屋さんの店舗には必ずと言っていいほど掲げられていて、注文を取りに来た店員さんからも念を押されます。アルミの容器に入ったソースは訪れるお客さん皆の共用のもの、1度口に入れたものを戻さないようお願いします、と。

 実際に2度づけってどれくらい不衛生なのでしょうか? 検証した論文が発表されたのを御紹介します。

専門家の「予想していたよりも多い」2度づけによる口腔細菌の移動

 日本でいう2度づけ、英語ではDouble-dippingの実験結果を発表したのは米国クレムゾン大学のポール・ドーソン教授とノースカロライナ大学のブライアン・シェルドン教授です。クラッカーを用いて、チョコレートディップ、チーズディップ、サルサに2度づけすることでバクテリアがどのように移動するかが計測されました。

 結果は教授たちの予想を覆すことになりました。実験前は、クラッカーをかじったところで口が触れる表面積はそう多くない、だからバクテリアの移動もさほどの量ではないという予想をしていたそうですが、実際には1ミリリットルあたりに1000個の口腔菌が移っていたとのことでした。風邪菌に置き換えて考えると、うつされてしまうのに充分な量だとか。どうやら串揚げ屋さんの注意書きは衛生的にも正しいようですね。

「3秒ルール」は場所次第?

 また、両教授は床に落としてしまった食べ物へのバクテリア付着率も実験しています。日本では、1度落としてしまった食べ物も、3秒以内に拾って食べればセーフ!なんて「3秒ルール」がうそぶかれていますが、欧米ではもう少し長い「five-second theory」と5秒以内なら落とした食べ物に雑菌はうつらないという考え方があるようです。

 教授らは、この3秒から5秒の猶予は本当なのかを検証するにあたり、有害なバクテリアをタイル、木製の床板、カーペットの上に散布して、食べ物を落とし5秒後に拾い上げるという実験を試みました。

 残念ながら(?)数秒のお目こぼしは無根拠な言い訳だったようです。落っこちた食べ物は床に触れた瞬間にバクテリアがつくと判明しました。

 とはいえドーソン教授は、バクテリアのつく量は食べ物が落っこちた先にどれくらい潜んでいたかによる、そして、危険な病原菌が潜んでいるような床はほとんどない、とも語っています。あえて言うならば、どんなところにどんな食べ物を落っことしたかによって、口に入れても大丈夫かが左右されるようです。生ものを扱うような場所の床など、健康に害を及ぼす菌が繁殖している可能性のあるところに落としたものを食べるのは、当たり前かもしれませんが、安全ではありません。

過ぎた除菌はかえって危険?雑菌との共存が大事

 1度落としたものを食べる・食べないは別として、日本人の「綺麗好き」は世界でも顕著であるのはよく知られるところ、巷には抗菌&除菌グッズが溢れています。ところが、このキレイ好きが災いしてアレルギーなどの弊害を起こしているのではと、一部の専門家が指摘しています。

 厚生労働省の調査によれば1999年から2014年までに、日本のアレルギー患者数は増加傾向にあると報告されました。これだけ除菌グッズが一般化し、清潔を心がけている人も多いのに、何故なのでしょう?

 さらなる研究報告が待たれている段階ですが、現在唱えられているのは、生活環境を無菌状態にしてしまった結果、免疫力が育たなかったのではないかという仮説です。乳幼児期に過度に清潔な環境下で育っていると、様々な雑菌に触れる機会がなく、細菌やウイルスへの免疫・抵抗力が育たなくなります。免疫力が育たないまま成長すると、いろんなものに過敏に反応してアレルギーが発症しやすくなるということです。
 
 また、子供だけでなく、大人でも手を洗いすぎると、手のひらの潤いを保つために必要な成分や雑菌まで洗い流されてしまい、皮膚がボロボロになってしまうとも指摘されています。人間には、手のひらだけでも10種類以上の「皮膚常在菌」という細菌がいて、皮膚を守る役目を果たしています。一緒くたに全てを滅菌してしまうと、本来自然に治癒できる能力さえ低下させてしまいかねません。

 ドーソン教授はインタビューの中で、食中毒予防について、常識的なことを守るのが一番の予防だと答えています。過ぎたるは及ばざるが如しにならないよう、雑菌ともうまく付き合っていきたいものですね。

<参考サイト>
『Double-dipping more of a food safety risk than invoking the five-second rule, expert says』
https://www.abc.net.au/news/2019-01-10/double-dipping-more-risky-than-five-second-rule-expert-says/10695668
『アレルギー疾患の現状等』厚生労働省 健康局 がん・疾病対策課
https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10905100-Kenkoukyoku-Ganshippeitaisakuka/0000111693.pdf
『【きれい好き】清潔すぎる環境で育つと、アレルギーになりやすい?』EPARK REPORT!
https://epark.jp/epark-report/kusuri/cleanly-person/
『手を洗いすぎてはいけない』藤田紘一郎 光文社新書
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
「学ぶことが楽しい」方には 『テンミニッツTV』 がオススメです。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

福田恆存の思想の根幹にあるロレンスの『黙示録論』とは

福田恆存の思想の根幹にあるロレンスの『黙示録論』とは

福田恒存とオルテガ、ロレンス~現代と幸福(5)ロレンス『黙示録論』と人を愛する道

戦時下にあってロレンスの『黙示録論』を翻訳し、戦後にはその出版にこぎつけた福田恆存は、同書から思想的に大きな影響を受けていた。近代化によって個人主義と全体主義の板挟みとなった人間は、どのようにして他者との愛を育...
収録日:2024/05/10
追加日:2024/07/14
浜崎洋介
文芸批評家
2

不登校は教育システムが原因!?学校も企業も問題が組織に

不登校は教育システムが原因!?学校も企業も問題が組織に

メンタルヘルスの現在地とこれから(5)新型うつと発達障害

近年、増えているといわれる「新型うつ」や「発達障害」について、どう考えればいいのか。「コミュ力」が高い人が偉いという社会的風潮が蔓延する中、そうでない人が相対的に目立ってしまい偏見を持たれることがあるのだが、そ...
収録日:2024/04/17
追加日:2024/07/13
斎藤環
精神科医
3

贅沢は敵か「素敵」か?…戦時中の日本にも諷刺の精神が

贅沢は敵か「素敵」か?…戦時中の日本にも諷刺の精神が

世界のジョーク集で考える笑いの手法と精神(1)体制を笑うジョークと諷刺の精神

「ジョークは時代を映す鏡」といわれる。現代でも、紛争や戦争に直面する厳しい状況はもちろん、一部の専制国家では自由な言論が封じられた社会で、多くの人びとが暮らしている。そうした抑圧された環境下では、体制を笑う諷刺...
収録日:2024/03/14
追加日:2024/06/14
早坂隆
ノンフィクション作家
4

山上憶良が「沈痾自哀文」で問いかけた因果応報の問題

山上憶良が「沈痾自哀文」で問いかけた因果応報の問題

山上憶良「沈痾自哀文」と東洋的死生観(1)因果応報と日本仏教の課題

『万葉集』にさまざまな歌を残した山上憶良は、8世紀の「知の巨人」と目されている。例えば彼は、「善行を積んできた自分が報われず、老いの醜態をさらす惨めな状況になったのはなぜか」という問いを「沈痾自哀文」に残した。こ...
収録日:2024/04/02
追加日:2024/07/12
上野誠
國學院大學文学部日本文学科 教授(特別専任)
5

人間はそれほど合理的ではない…行動経済学の本質に迫る

人間はそれほど合理的ではない…行動経済学の本質に迫る

行動経済学とマーケティング(1)「行動経済学」とは何か

最近、「行動経済学」という言葉をよく見聞きするが、これはそもそもどういうものなのか。第1回目は行動経済学の基本を、行動経済学という分野がなぜ従来の経済学とは別に誕生・発展したのか、行動経済学が考える人間像や前提と...
収録日:2024/04/08
追加日:2024/06/06
阿部誠
東京大学 大学院経済学研究科・経済学部 教授