テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2019.05.16

若者が違和感を感じる「ビジネスマナー」とは?

 ビジネスマナーに関するあれこれは昨今よく話題になります。背景にはビジネスシーンでのスピード感の変化やグローバル化・ボーダレス化に伴う生活様式の変化など、複雑な要因が絡んでいるようです。そもそもマナーとはどんなものなのでしょうか。大きくは「他者を不快にさせない振る舞い」といった感じもしますが、では、どういった行いがマナー違反なのでしょう。ここでもう少し具体的に、アンケートを基に現代でのマナーをめぐる状況を見てみます。

「無駄なビジネスマナーがある」との回答が9割

 2018年7月にBusiness Insider Japanはマナーに関するアンケートを行っています(内訳は以下。有効回答数648人、男性57%、女性39%。20代25%、30代33%、40代24%、50代12%。全体の40%が一般社員、主任・係長クラス12%、管理職12%、役員・経営者10%、フリーランス・業務委託契約8%、アルバイト・契約社員8%。その他4%。)

 この結果、回答者の9割(89%)が「無駄なビジネスマナーがある」と感じていることが明らかになりました。9割が無駄だと言っているのに変わらないのはなぜか。もしかしたら、相手に不快感を与えてしまってはいけないということから、とりあえず誰も不快にならないだろうというレベルでのマナーで、という意識が働いているのかもしれません。つまり、最大公約数的にマナーが決まってしまうという部分があるのではないでしょうか。

夏でも上下スーツ着用はビジネスマナー?

 アンケートの自由記述で回答が多かったカテゴリ1位は「取引先マナー」です。具体的には汗だくでもスーツ着用が24%と最多。ついで「見えなくなるまでお辞儀」が12%、その他にも「進められるまで○○しない」が9%などとなっています。スーツ着用に関しては、昨今だいぶ緩やかにはなってきたようにも思います。しかし、「取引先」が絡むとなれば相手がどう思うかは分かりません。そうなればスーツであればまず問題は起きない、という配慮が働くのかもしれません。

 2位は「メールマナー」。具体的には「定型文の挨拶」が26%、「メール後の報告」が24%、「宛先を全員分書く」が22%となっています。「メール後の報告」に関してはさまざまな方面で無駄だと言われる意見をよく耳にします。たしかにサーバートラブルなどでメールが届いていないこともあり得ますが、都度電話で確認するのは相手の時間と手間を取ってしまいます。

 以降、3位は「飲み会マナー」、4位は「上司マナー」の順となっています。飲み会マナーは、かなり細かく、皆さん戸惑っているようです。たとえば、「グラスを空にしない」「ビールのラベルは上に」などなど。適度に飲みつつ、絶えず周囲を見て緊張感を保つことが求められます。「上司マナー」は、エレベーターや車に乗る順番、上座下座、などなど。このあたりも、その場の状況を察知して素早い身のこなしで立ち位置を調整し、その間に周囲にいる一般の人へも失礼にならないよう配慮しなければなりません。状況によってはかなり頭を酷使する作業です。

現代のマナーは「いかに相手の時間や手間を省くか」

 相手が「どういう振る舞いを不快に思うか」は時代によって大きく変わると言えるでしょう。上下関係は時代のなかで少しずつフラットになりつつあるようです。しかし、企業の中で受け継がれる文化や振る舞い方といったものはまだまだ残っています。むしろ日本で大勢を担っているのはこういった旧来型の企業文化かも知れません。

 一方、現代では多くのベンチャー企業が生まれるなど、企業文化が変化しています。また、さまざまな文化的背景を持つ人とのやりとりも増えています。ここでもう一度「マナーとは何か」といったことを考える時かも知れません。

 これまでのマナーは「あえて相手に時間や手間をかける」ことによって、相手への敬意を示すというものだったと思われます。しかし、これは仕事上のやりとりなどに時間をかけるのが当然だった時代のやり方だったとも言えます。例えば、メールがなかった時代は電話しなければなりませんでした。こうなると、相手の時間と動きを必然的に奪うので、必要以上であったとしても丁寧さが完全に省かれることはありません。しかし、現代ではインターネットやメールなど、情報のやりとりの際に相手と時間を共有する必要は最小化され、ビジネスのスピードは飛躍的に速くなっています。

 こう考えると、今後は「いかに相手の時間や手間を奪わないか」ということが相手への最大の配慮となっていくのではないでしょうか。現代では得た情報を元に効率的な順番で仕事をすることが大事なのだと思われます。またこのためにも、相手に伝えるときには「いかにシンプルかつ明確に要点だけを伝えるか」がビジネスパーソンの大きな命題となっている点も忘れてはならないでしょう。

<参考サイト>
・【礼儀2.0】648人が回答した「謎ビジネスマナー」は日本社会の縮図だった|BUSSINESS INSIDER JAPAN
https://www.businessinsider.jp/post-171572
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
「学ぶことが楽しい」方には 『テンミニッツTV』 がオススメです。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

2024年問題は2024年で終わらない…物流業界の厳しい現実

2024年問題は2024年で終わらない…物流業界の厳しい現実

物流「2024年問題」~その実態と打開策~(1)「2024年問題」とは何か

トラックドライバーの労働時間制限によって引き起こされる物流「2024年問題」。トラック業界に訪れる働き方改革は、5年間の猶予措置を経て、さまざまな問題を噴出させる。中でも注目すべきは、時間外労働の上限規制と改善基準告...
収録日:2024/04/30
追加日:2024/06/18
首藤若菜
立教大学経済学部教授
2

OpenAI創業者サム・アルトマンとはいかなる人物なのか

OpenAI創業者サム・アルトマンとはいかなる人物なのか

サム・アルトマンの成功哲学とOpenAI秘話(1)ChatGPT生みの親の半生

ChatGPTを生みだしたOpenAI創業者のサム・アルトマン。AIの進化・発展によって急速に変化している世界の情報環境だが、今その中心にいる人物といっていいだろう。今回のシリーズでは、サム・アルトマンの才能や彼をとりまくアメ...
収録日:2024/03/13
追加日:2024/04/19
桑原晃弥
経済・経営ジャーナリスト
3

なぜ「心の病」が増えている?メンタルヘルスの実態に迫る

なぜ「心の病」が増えている?メンタルヘルスの実態に迫る

メンタルヘルスの現在地とこれから(1)「心を病む」とはどういうことか

組織のリーダーにとって、メンバーのメンタルヘルスは今や最重要課題になっている。組織として目標達成が大事であることは間違いないが、同時に一人ひとりの個性を見極め、適材適所で割り振っていく「合理的配慮」も求められて...
収録日:2024/04/17
追加日:2024/06/15
斎藤環
精神科医
4

「三種の神器」ブームの後に来た最大の危機…その予兆とは

「三種の神器」ブームの後に来た最大の危機…その予兆とは

松下幸之助の危機克服~熱海会談の真実(2)最大の危機と予兆

佐久間氏は自身の苦境を乗り越えるにあたり、松下幸之助の「最大の危機」を参考にしたという。それは1964年7月、松下関係者と販売会社・代理店のトップ200名を集めて行われた「熱海会談」である。(2023年12月1日開催日本ビジネ...
収録日:2023/12/01
追加日:2024/06/17
佐久間曻二
元松下電器産業副社長
5

直観型と熟慮型…2つの思考回路を使い分ける人間の特徴

直観型と熟慮型…2つの思考回路を使い分ける人間の特徴

行動経済学とマーケティング(2)行動経済学を構成する「3つの分野」

行動経済学は、3つの分野で構成されている。「現象の描写」「メカニズムの説明と理論」「実社会への適用」の3つだが、それぞれどのようなものなのか。詳しく解説し、従来の経済学との違いを明確にしていく。(全6話中第2話)
収録日:2024/04/08
追加日:2024/06/13
阿部誠
東京大学 大学院経済学研究科・経済学部 教授