10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2019.07.27

米国では安い?日本のハーゲンダッツが高いワケ

 日本でハーゲンダッツといえば、ちょっとリッチなカップアイスですが、実は本国アメリカではかなりリーズナブルな価格設定になっているのを知っていますか。

 なぜ日本のハーゲンダッツは高いのか。安く購入する方法はないのか。わかりやすく解説していきます。

ハーゲンダッツジャパンの戦略と独禁法

 日本でハーゲンダッツを製造・輸入・販売するハーゲンダッツジャパンの戦略は、ズバリ「値下げしない」です。理由は簡単です。ハーゲンダッツの「売り」は、なんといっても原材料をはじめとする品質の高さ。値引きすれば、収益が下がり、「売り」である品質が落ち、それが顧客離れにつながると考えるからです。

 ところが、1997年、ハーゲンダッツジャパンは独占禁止法違反で公正取引委員会から勧告を受けました。希望小売価格より安く販売しないよう小売店に働きかけたり、ディスカウント店の並行輸入を妨害したことが問題視されたのです。

 その後、割引販売も行われるようにはなりました。ただし、高品質・高価格のイメージは守り続けています。

アメリカではいくらで買えるか

 アメリカではパイントサイズ(472ml)で4ドルが標準です。安い時は2ドルほどで買うことができるそうです。日本ではパイントサイズは税込で800円ほどになります。

 どのくらい違うのか、ドルと円では比較しにくいと思うので、1ドル108円換算で考えてみましょう。4ドルは432円、2ドルは216円です。つまり、日本とアメリカでは、2倍から3.5倍以上の価格差があるということです。しかも、日本では今年2019年6月に価格が改定され、値段が上がりました。

 なんだか日本国内の価格設定で買うのがちょっとバカらしく思えてきますね。

ハーゲンダッツを安く食べる方法

 Googleで「業務用 ハーゲンダッツ」と検索してみてください。すると、2Lサイズのハーゲンダッツがヒットするはずです。これが大体2500円ほどで販売されています。

 2Lサイズは、ミニカップでいうと18個分ほどになります。つまり1カップ140円ほどで購入できるというわけです。半額ほどになるので、かなりお得になります。商品の見た目は全然違いますが、中身は同じです。ハーゲンダッツファンの皆さんは、ぜひぜひチェックしてみてください。

<参考文献>
・バカ高くても1位のハーゲンダッツ、米国では低価格商品?感動を極限まで追及し世界中から材料│Business Journal
https://biz-journal.jp/2017/01/post_17858.html
(10MTV編集部)

あわせて読みたい