テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2019.07.30

年下の女性に喜ばれるプレゼントとは?

 職場を離れる女性の部下へ、プライベートで付き合いのある年下の女性へ、何かプレゼントをしたいけれど、どんなものを贈ったら喜ばれるのでしょうか。40~50代男性にとって、性別も年代も異なる相手への贈り物は悩みの種でもあります。そこで今回は筆者の周りの女性にとったアンケートをもとに、どんなプレゼントが喜ばれるのかを紹介していきましょう。

外さない定番プレゼント

「タオルやハンカチなど、いくつあっても困らないものをプレゼントされるのは嬉しい」

「お菓子や飲みもの、形が残らないものは気負わずにプレゼントとして受け取れる」

 誰からもらっても嬉しいプレゼントは年上の男性からもらっても素直に喜べる、という意見が多くあがりました。特にタオル・ハンカチ類などの実用的なアイテムや、食べもの・飲みものなどの消えものはプレゼントの定番。多少もらう側の好みとは違っていても実用的なものであれば迷惑にはならないので、困ったら間違いなしのアイテムを選ぶのが良いでしょう。

 なかには「普段自分では買わないようなものだったり、地方限定のお土産なんかをもらうと嬉しい」という意見も。世間で話題になっている商品やご当地ならではのスイーツは、気になるけどなかなか自分で買えない、という人も多いもの。プレゼントとしてチョイスするにはぴったりのアイテムといえます。

センスが光る、技ありギフト

「自分が好きで集めている英語の絵本をもらえると嬉しい!」

「趣味でバラを育てている上司が、初夏になると女性社員に一輪ずつ贈っていたのは素敵だなと思いました」

 定番プレゼントは間違いないとはいえ、やっぱりよりパーソナルなプレゼントはもっと喜ばれるもの。仲が良い間柄であれば相手の趣味に合わせたプレゼントや、迷惑にならない程度の自分の趣味の物を、プレゼントとして贈ることも好感度は高いようです。

 しかし、あまりプライベートに寄り過ぎてしまうと、もし相手の好みから外れたときに困らせてしまうこともあるかもしれません。そんなときは近くにあるカフェのギフトカードや相手の好きなスイーツなど、定番プレゼントから一歩踏み込んでいるものの失敗しないプレゼントもありでしょう。

これだけは勘弁…NGアイテム

「あまり高価なものをもらってしまうと、恐縮しちゃう」

「指輪やネックレスなど、意味合いが重くなりがちなアイテムは…」

 多かったのが高価なプレゼントはNGという意見。プレゼントは気持ちを伝えるものとはいえ、高価なプレゼントは何かお礼をしないと、と思わせてしまうこともあり、相手を困らせてしまいます。相手が恐縮しない金額のものを選ぶのが良いでしょう。

 また、恋人からもらうには嬉しいアイテムをもらうと困る、という意見もありました。プレゼントされたときに女性が「え?これどういうこと?」と思ってしまう可能性もあるので、彼女に贈るのとは違う選び方をするようにしましょう。

 いかがでしたか?せっかくプレゼントをするなら相手に喜んでもらいたいもの。年下の女性へのプレゼントを選ぶときには、ぜひ参考にしてみてください。
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
物知りもいいけど知的な教養人も“あり”だと思います。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

福田恆存の思想の根幹にあるロレンスの『黙示録論』とは

福田恆存の思想の根幹にあるロレンスの『黙示録論』とは

福田恒存とオルテガ、ロレンス~現代と幸福(5)ロレンス『黙示録論』と人を愛する道

戦時下にあってロレンスの『黙示録論』を翻訳し、戦後にはその出版にこぎつけた福田恆存は、同書から思想的に大きな影響を受けていた。近代化によって個人主義と全体主義の板挟みとなった人間は、どのようにして他者との愛を育...
収録日:2024/05/10
追加日:2024/07/14
浜崎洋介
文芸批評家
2

不登校は教育システムが原因!?学校も企業も問題が組織に

不登校は教育システムが原因!?学校も企業も問題が組織に

メンタルヘルスの現在地とこれから(5)新型うつと発達障害

近年、増えているといわれる「新型うつ」や「発達障害」について、どう考えればいいのか。「コミュ力」が高い人が偉いという社会的風潮が蔓延する中、そうでない人が相対的に目立ってしまい偏見を持たれることがあるのだが、そ...
収録日:2024/04/17
追加日:2024/07/13
斎藤環
精神科医
3

贅沢は敵か「素敵」か?…戦時中の日本にも諷刺の精神が

贅沢は敵か「素敵」か?…戦時中の日本にも諷刺の精神が

世界のジョーク集で考える笑いの手法と精神(1)体制を笑うジョークと諷刺の精神

「ジョークは時代を映す鏡」といわれる。現代でも、紛争や戦争に直面する厳しい状況はもちろん、一部の専制国家では自由な言論が封じられた社会で、多くの人びとが暮らしている。そうした抑圧された環境下では、体制を笑う諷刺...
収録日:2024/03/14
追加日:2024/06/14
早坂隆
ノンフィクション作家
4

山上憶良が「沈痾自哀文」で問いかけた因果応報の問題

山上憶良が「沈痾自哀文」で問いかけた因果応報の問題

山上憶良「沈痾自哀文」と東洋的死生観(1)因果応報と日本仏教の課題

『万葉集』にさまざまな歌を残した山上憶良は、8世紀の「知の巨人」と目されている。例えば彼は、「善行を積んできた自分が報われず、老いの醜態をさらす惨めな状況になったのはなぜか」という問いを「沈痾自哀文」に残した。こ...
収録日:2024/04/02
追加日:2024/07/12
上野誠
國學院大學文学部日本文学科 教授(特別専任)
5

人間はそれほど合理的ではない…行動経済学の本質に迫る

人間はそれほど合理的ではない…行動経済学の本質に迫る

行動経済学とマーケティング(1)「行動経済学」とは何か

最近、「行動経済学」という言葉をよく見聞きするが、これはそもそもどういうものなのか。第1回目は行動経済学の基本を、行動経済学という分野がなぜ従来の経済学とは別に誕生・発展したのか、行動経済学が考える人間像や前提と...
収録日:2024/04/08
追加日:2024/06/06
阿部誠
東京大学 大学院経済学研究科・経済学部 教授