テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2020.02.21

不倫がやめられない人の4つの言い訳

 いけないと思っていてもハマってしまう道ならぬ恋「不倫」。連日「不倫」の話題がメディアをにぎわせ、中でも理想の夫婦と言われた芸能人カップルの、夫側の数年来の不倫が妻の知るところとなり修復不可能な状態になったというニュースは、多くの人の間で再び「不倫」論争を巻き起こしました。このケースのようにその末路も代償も散々なものと分かっているはずなのに、人はなぜ「不倫」をやめられないのでしょうか。

「不倫はダメ」と叩いている人も、不倫している?

 最近では「不倫は絶対許さない」という厳しい世論が特に高まっていますが、そんなバッシングの声を上げる人の中にも不倫経験がある人もいるのでは?そんな疑問も沸いてくるものです。

 医療法人社団風林会リゼクリニックの、20~40代の男女531名を対象にした【独身・既婚別/オトナの恋愛事情に関するアンケート調査】を参考に見てみると、全体では約2割の男女が「不倫経験アリ」と回答。独身者では女性の方が男性を上回り、既婚者では男性が女性を上回る結果になっていますが、性別・年代別に見ると、「20代既婚男性40%」「40代既婚男性39.5%」「40代独身女性38.7%」「30代独身女性28.9%」の順に不倫経験アリの割合が高いという結果に。

 5人に1人が経験者なら、不倫叩きをしている人の中にも、不倫で苦しんでいる人やバレなければいいと不適切な関係を継続中の人もかなりいるはず。まだ遊びたい軽い気持ちで不倫してしまった若い人だけでなく、30代や40代の社会的に責任ある立場の男女の不倫経験割合が高いのも「不倫をやめられない」という現実を感じさせます。

知っておきたい「不倫をやめられない」理由

 実際に不倫経験のある男女に「不倫をやめられない」理由を聞いてみたところ、以下の4つの共通項が上がりました。普通の恋愛関係とは違った不倫の仕組みや、不倫をやめられない人の傾向も合わせて紹介します。

1・安定した関係より、執着心が強くなるから
 次はいつ会えるか分からない、配偶者より自分を求めている、結婚している自分を好きと言ってくれる…、そんな制約や不安、優越感により不倫相手への恋愛感情はより高まるもの。負けたくない、自分の方が愛されているなど、普通の関係では沸かないような気持ちに陥り、執着心も数倍強くなり別れられなくなります。

2・ドキドキやスリルには中毒性があるから
 異性として見られたい気持ちの強い人は、恋愛のドキドキやスリル無しでは日々のモチベーションが上がらないタイプ。結婚してその感覚がなくなると「つまらなくて死にそう」と言う男性も。モテたい気持ちは誰でも持っているはずですが、恋愛から得る快楽を諦められない人は中毒状態となり不倫を繰り返してしまいます。

3・体の相性がいいから
 やはり不倫の目的の大部分はセックスで、そこに満足していると別れたくないと思ってしまうのは当然と言えば当然です。セックスレスな既婚者も多く、「別れたら誰ともセックスできないかもと思うとやめられない」と告白する女性や、「妻に拒否されるから他で満たして何が悪いと思ってしまう」という男性も。

4・不倫でも寂しいよりマシだから
 「寂しいと手近なところでつい」、「たとえ不倫でも愛してくれる人がいないよりマシ」、そんな声も多く、不倫したいわけではないけれど相手は欲しいという切実な人も。言い換えれば、恋愛や婚活より「不倫」の方が容易、という見方もできるのでは。手っ取り早く寂しさを埋めたい気持ちは、不倫へのハードルを下げてしまいます。

「私はこれで不倫をやめました」に学ぶ、不倫をやめる方法とは

 不倫をやめるには、強い意志や理性、配偶者や相手への思いやりが必要なのは言わずもがなですが、分かっていてもやめられない人がほとんど。そこで実際に不倫をやめられたという人のきっかけや方法をヒントに、どうしたら不倫をやめられるのかをまとめてみました。

「何か起こった時にきっぱりやめる」(44歳 既婚男性)
 不倫旅行中に父が倒れて入院。妻からの連絡に二重に焦り、もうこんな思いはしたくないし罰が当たったと思ってきっぱりやめた。何か起こらなかったらやめられないので、何か起きた時がチャンスです。

「孤独な将来や老後を嫌というほど想像する」(35歳 独身女性)
 不倫関係が長くなり、不倫している自分から離れていく友達も増えどんどん孤独に。相手には家族がいますが、自分には家族も友達もいない寂しい未来しか見えず、そのことを毎日考えて別れを決意しました。

「不倫に関する本を読み自分に置き換える」(40歳 既婚女性)
 不倫をやめたいのにやめられず色んな不倫の本を読みました。小説なら幸せな結末なんて殆どないし、新書系で不倫をする自分を自己分析したら落ち込むことばかり。周りに隠れてそんな本を読んでいる自分の浅ましさにも気づき、なんとかやめることができました。

 他にも「家庭崩壊、離婚、養育費、慰謝料、社会的制裁など、リスクを徹底シュミレーションしてみた」(37歳 既婚男性)、「そばにいたら別れられないので思いきって海外留学し環境を変えた」(28歳 独身女性)などの経験談も。

 失うものの大きさから目をそらさない、不倫している自分を客観視してみる、環境を変える。不倫をやめられない人に足りないのは、この3つ。自分と不倫相手の世界の中だけにとどまらず、周りを見て現実を知ること。それが不倫をやめる一歩になるのではないでしょうか。

<参考サイト>
・◆【不倫経験アリ】30代独身女性の3割、既婚男性4割が回答/20~40代独身・既婚男女 531 名の「恋愛事情」を調査
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000033.000020081.html
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
物知りもいいけど知的な教養人も“あり”だと思います。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制と2012年体制(1)質的な違いと野党がなすべきこと

戦後の日本の自民党一党支配体制は、現在の安倍政権における自民党一党支配と比べて、何がどのように違うのか。「55年体制」と「2012年体制」の違いと、民主党をはじめ現在の野党がなすべきことについて、ジェラルド・カ...
収録日:2014/11/18
追加日:2014/12/09
2

5Gはなぜワールドワイドで推進されていったのか

5Gはなぜワールドワイドで推進されていったのか

5Gとローカル5G(1)5G推進の背景

第5世代移動通信システムである5Gが、日本でもいよいよ導入される。世界中で5Gが導入されている背景には、2020年代に訪れるというデータ容量の爆発的な増大に伴う、移動通信システムの刷新がある。5Gにより、高精細動画のような...
収録日:2019/11/20
追加日:2019/12/01
中尾彰宏
東京大学 大学院工学系研究科 教授
3

マスコミは本来、与野党機能を果たすべき

マスコミは本来、与野党機能を果たすべき

マスコミと政治の距離~マスコミの使命と課題を考える

政治学者・曽根泰教氏が、マスコミと政治の距離を中心に、マスコミの使命と課題について論じる。日本の新聞は各社それぞれの立場をとっており、その報道の基本姿勢は「客観報道」である。公的異議申し立てを前提とする中立的報...
収録日:2015/05/25
追加日:2015/06/29
曽根泰教
慶應義塾大学名誉教授
4

BREXITのEU首脳会議での膠着

BREXITのEU首脳会議での膠着

BREXITの経緯と課題(6)EU首脳会議における膠着

2018年10月に行われたEU首脳会議について解説する。北アイルランドの国境問題をめぐって、解決案をイギリスが見つけられなければ、北アイルランドのみ関税同盟に残す案が浮上するも、メイ首相や強硬離脱派はこれに反発している...
収録日:2018/12/04
追加日:2019/03/16
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

健康経営とは何か?取り組み方とメリット

健康経営とは何か?取り組み方とメリット

健康経営とは何か~その取り組みと期待される役割~

近年、企業における健康経営®の重要性が高まっている。少子高齢化による労働人口の減少が見込まれる中、労働力の確保と、生産性の向上は企業にとって最重要事項である。政府主導で進められている健康経営とは何か。それが提唱さ...
収録日:2021/07/29
追加日:2021/09/21
阿久津聡
一橋大学大学院経営管理研究科国際企業戦略専攻教授