テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2020.02.23

会員制スーパー「コストコ」は何がすごいのか?

 巷で話題のスーパーマーケット「コストコ(Costco)」に行ったことはありますか? 既にリピーターの方も居れば、アメリカ発の会員制スーパーとして聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。昨今では漫画の舞台になったり、オンラインショップもオープンしたりと、何かと話題になっています。

 SNSや口コミでおすすめ商品を見て興味はあるけれど年会費がかかるらしいし……うまく使えばお得? それともイマイチ? 今回はそんなコストコ未体験の方にリポートします。

入会すると世界中のコストコが使えるように!

 2020年1月現在、コストコの国内店舗数は26店舗、北海道から福岡まで展開しています。今後もオープン予定の店舗があり、さらに広がってゆく見込みです。特徴的なのは利用に会員登録と年会費が必要なことで、

 ゴールドスターメンバー(個人用) 4,400円
 ビジネスメンバー(法人・事業主用) 3,850円

 と、なっております。登録は公式ホームページでデータを記入、メールを送受信してから店舗に本人確認書類を持参して会員証を受け取ります。コストコでの買い物は、この写真付きのメンバーシップカードが必要です。また、会員証1枚に対して、家族会員カードが無料で1枚発行できるので、会員登録をしたのが自分以外の家族という人の利用もできるようになっています。

 会員になりますと晴れて世界中のコストコが利用できるようになります。会員証を持っている本人と同伴者、合わせて3人まで入店できます。18歳未満の方の人数制限はありません。また、オンラインショップの利用にも会員登録が必要なのでご注意を。

コストコの魅力は種類と量と質の充実!

 会員証を手に入店しますと店内は貯蔵庫そのもの、いわゆる普通のスーパーとは一線を画した光景が広がっています。ラインナップは生鮮食料品から日用品、衣類に家電、書籍などがずらり……よそでは見かけない海外ものが豊富で、つい衝動買いしてしまいそうになること請け合いです。また、質の高い自社ブランドもあり、魅力のひとつになっています。

 目を引くのはその商品1つあたりの量! パンやお肉は映画で観るアメリカの買い物を体感できるような、ビッグサイズがスタンダードです。よく例に挙げられる人気商品の、コストコディナーロールは36個入りで約430円! 3ダース入りのパンってなかなか聞かないですよね。

 ロティサリーチキンは堂々の丸ごと1羽が700円! 購入して帰ってすぐ食べられるのはもちろんのこと、残った骨でスープや出汁がとれると評判です。空輸されてやってくるサーモンフィレは一度も冷凍されていないことが売りで、こちらも1キロ近いボリューム。どう料理するかわくわくしてきますね。

 通常のスーパーより1割から2割安めの卸値価格、セール品が多いこともコストコが支持されるポイントでしょう。洗剤やトイレットペーパーなどもまとめ買いが基本なので、荷物が大量になるのを見越して車で行くのが一般的です。

 ちなみに、店内でレジ袋はもらえないので買い物袋を持参する必要があります。生鮮食料品バッグやエコバッグも販売されているのでこれを機に買っておくのも良いかもしれません。また、レシートは店を出るときに必要になりますので捨てないように注意してください。

ほとんどの商品が返品・返金可能!

 コストコの特徴のひとつとして有名なのが、ほとんどの商品が返品可能ということでしょう。食べかけの食品から使用感のイマイチだった日用品の返品&返金ができるようになっています。
 原則として購入した会員本人がお店に直接足を運ぶ必要があるので、同伴でついていった方の場合はトラブルにならないよう気をつけましょう。

コストコの注意点

 そんな1度は訪れてみたいコストコですが、いくつかの注意点もあります。

 まず、支払いに使えるクレジットカードがMasterCardに限られています。最近人気のPayPayなどは残念ながら現段階では利用できません。ポイント還元などを考えますと圧倒的に現金よりもクレジット払いの方がお得なのでここは注意です。

 そして人気の証明とも言えますが、土日など休日は買い物客で周辺道路から渋滞気味で、混んでいること。店内の通路ではカートがすれ違うのがやっとのこともあります。

 また、コストコで買い物をした後の定番ネタとして語られる、冷蔵庫ぎゅうぎゅう問題に直面する方も多いようです。美味しそうなものがお手頃価格となればつい買い過ぎてしまうもの……家族や友人らとうまくシェアしたいところですね。

 うまく使いこなせれば海外旅行気分で楽しい買い物体験のできるコストコ、大量購入した食材や日用品をうまく使い回せる方は年会費を払ってもプラスなお店ではないでしょうか。未入店の方もお近くの会員に同伴させていただいて、2020年の新しい買い物体験をしてみてください。

<参考サイト>
コストコ公式ホームページ
https://www.costco.co.jp
コストコ節子
https://ultimate-setsuko.com
(10MTV編集部)

あわせて読みたい