テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2020.04.23

進化の速いウイルスに人類が打つ手はあるのか?

 2020年は、後世「新型コロナウイルスの年」と記憶されるような世界的流行の広がりを見せています。ウイルスの起源はどこにあるのか、なぜこれほど拡散したのかを通じて、人類の未来へのヒントをつかんでみましょう。

ウイルスはなぜ怖がられるのか

 ローマ教皇フランシスコは4月8日、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が、「生産と消費を減速させ、自然界について熟考するチャンスをもたらした」と述べました。進化生物学者の長谷川眞理子氏(総合研究大学院大学長)も、「ウイルスの話」を生物の長い進化史のなかの出来事として解説してくれています。

 ウイルスが恐れられるのは、遺伝情報を持っているが、自分では複製できないために、取りついた生物の細胞機能を搾取して自分を増やしていくためです。ウイルスに悪さをされた細胞が破られて外へ出ていくときに咳などの症状が出て、ウイルスはさらに別の宿主を標的にします。

 このようにして宿主からすれば感染、ウイルスからいえば複製が起こるのですが、ウイルスが生物なのかそうでないのかは、まだ決着がついていません。

 そもそも生物が誕生した約38億年前の段階で、ウイルスがすでに存在していたのか、それとも生物を利用するために出現したのかという点も、よく分かっていないのです。ただし、地球上の生物は、植物も動物も菌類も、何もかもがウイルスに「たかられている」ことが分かっています。

ウイルスの進化速度は、ワクチン開発への脅威

 あらゆる生物を標的とするウイルスですが、取り付く相手は非常に限られています。細胞の表面にある突起が合致する必要があるためです。たとえばインフルエンザウイルスは、鼻や喉といった気道の上皮細胞に取り付きますが、皮膚の表面や胃袋には取り付くことができません。鼻のあたりにくっついたウイルスも、飲み込んでしまえば無害になるのです。

 インフルエンザはもともとカモやアヒルなどの水鳥に感染するウイルスでした。が、ウイルスの進化速度は非常に速いため、水鳥からニワトリへ、ニワトリからブタへ、さらにブタからヒトに感染するようになったと言われています。また、進化するうちに、もともとの宿主に対してはそれほど被害を与えずに共生するのに、新しい宿主には強い毒性を発揮する鳥インフルエンザのような例も見られてきました。

 ブタやニワトリやカモが人間と一緒に暮らす風景は、今世紀に入ってからもカンボジアの田舎などへ行くと見られ、「これこそインフルエンザが始まった原風景だ」と長谷川氏は感じたと言います。

 ウイルスのなかでも「一本鎖RNAウイルス」と呼ばれるレトロウイルスは進化の速度が速いので厄介です。たとえばエイズを引き起こすHIVの進化速度は、宿主の細胞の百万倍です。有効性のあるワクチンを開発しようとしても、対抗するウイルス自身の情報が変化しているので始末に終えません。

 大きな被害をもたらす有名なウイルスのほとんどは、この一本鎖RNAウイルスです。HIV、コロナウイルス、SARS、エボラウイルス、インフルエンザウイルス、ノロウイルスなどが代表として挙げられます。

「石けんの手洗い」が有効な理由

 ウイルスは宿主の細胞を乗っ取って自らの複製を試みますが、宿主もやられっぱなしではありません。対抗する手段が免疫システムです。免疫が働いて戦っていると発熱などの症状が起こり、体力を非常に消耗します。免疫システムが十分働いている人は強く、免疫の弱っているお年寄りや持病のある人がウイルスの侵入に弱いのは、そのせいです。

 また、ウイルスの中には「エンベロープ(封筒)」を持つタイプがあります。遺伝子情報を皮膜が包んでいるのです。今回の新型コロナウイルスもその仲間で、エンベロープはリン脂質でできているので、アルコール消毒や石けんによる手洗いで効果的にウイルスをやっつけられます。鳥インフルエンザの流行を機に、肉などを食べるときは加熱が必要なことも分かりました。

グローバル社会において問われる選択の姿勢

 いずれにせよ、ウイルスがどんどん変化する一方、現在のグローバル社会では多くの人が日々あちこちに移動を続けています。人類が行動と欲望の満足の間でどのように折り合いをつけるか、有効な阻止方法をどうすれば実践できるかが問われている、と長谷川氏は言います。

 グローバル化のマイナス側面としてのパンデミックによって、私たちは過去と未来の両方向を見据える選択の姿勢を迫られているのでしょう。
(10MTV編集部)

あわせて読みたい