テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2020.05.01

他人へのプレゼントでハズレないものは?

 誕生日や、結婚、出産、引越し、昇進等々、知人にお祝いのプレゼントを贈る機会は結構多いものです。何を贈ろうか考えるのは楽しい一面もありますが、毎回頭を悩ませているという方も多いのではないでしょうか。自分自身が「もらってガッカリ」「もらっても困る」、そんな経験をしたことのある方なら尚更、プレゼント選びにも慎重になってしまいがち。そこで今回は、ハズレないプレゼントについてアンケート。お祝いを贈る時のプレゼント選びのヒントをご紹介します。

女性へのプレゼントでハズレないものは?

 男女30人に、「もらって嬉しい、嬉しかった」プレゼントをアンケートしたところ、こんな声が集まりました。まずは女性のもらって嬉しい意見をご紹介。

【ブーケ、プリザーブドフラワー】
 「お花はいつもらっても嬉しい」「プリザードフラワーボックス。センスがいいなと思います」など、お花関連は女性へのテッパンプレゼント。なかなか自分では買わないから、祝われている感があるから、気分が上がるから、など理由は様々ですが、お花をもらって嬉しくない女性は少ないようです。

【アロマグッズ、ディフューザー】
 「香り系のプレゼント。ちょっと毎日が贅沢になる」「高価過ぎないし、気が利いている」とアロマグッズやディフューザーは大人気。価格やサイズなどにも”ちょうどいい”感があるので、気軽に気持ち良くもらえるという声も。

【オーガニック系のコスメグッズ】
 「デパコスでなくてもオーガニック系のリップやオイルなどは安心して使えるし旬のプレゼント」「女性は美容グッズはいくらあっても嬉しいし、オーガニック系だと感度が高い感じがして◎」とハズレないプレゼントとの声が多数。安心感や意識の高い感じが女心を満たすようです。

 その他には、【高級チョコレート】、【質がよいタオルやハンカチ】【ブランドのポーチ】など、そこまで高額ではないけれど自分ではあまり買わない少し贅沢なプレゼントが概してハズさない基準。「クオリティー・オブ・ライフ」を意識したプレゼントがオススメです。

男性が喜ぶ、ハズさないプレゼントとは?

 続いて男性がもらって嬉しいプレゼントは以下のようになりました。

【シンプルめなネクタイ】
 「ネクタイは使えるから嬉しい」「奇抜なのじゃない質のいいシンプルなネクタイなら、TPO選ばず着けられるので」と、ベタなプレゼントと思いきやもらって嬉しい男性が多数。「もらったらちゃんとその人の前で着けたいから」と、無難な色や柄だと更に嬉しいという方もいました。

【靴下、トランクスなどインナー類】
 「自分では安物まとめ買いなので、オシャレなパンツとかソックスは地味に嬉しい」「服をもらっても趣味があるが、インナー系なら少し派手でも見えないし使える」と、実用的かつ自分では買わない色やデザインに新鮮な気持ちになる男性もいるようです。ただし既婚者にはNGプレゼントなので要注意。

【スキンケア製品やフレグランス】
 「気になっていたけれど何を買っていいか分からないスキンケア物は嬉しい」「ささくれとか唇がガサガサなので良いクリームやリップなんかをもらうと助かる!」と、美容系プレゼントは男性にもハズレなし。男だと買いにくい、どれがいいのか分からない、そんな思いの男性も結構いるようです。

 その他には、【マフラーやベルトなどファッション小物】【カジュアルウォッチ】【スマート家電】など、男性は「使える」「マイナーチェンジできる」というポイントを抑えたプレゼントがハズレない印象がありました。実用性を忘れないオシャレさが、男性へのプレゼントのコツです。

教えて! プレゼント上手の「贈って喜ばれたプレゼント」

 さらにプレゼント上手の秘訣を探るべく、実際に贈って喜ばれたプレゼントエピソードもアンケートでお聞きしました。

「コーヒーショップのプリペイドカード」(男性45歳/会社員)
 同僚が毎朝某コーヒー店でテイクアウトして会社に来るので、誕生日に2000円分をチャージしたカードをプレゼントしたらめちゃくちゃ喜ばれた。それからプレゼントできるプリペイドカード類を探しては色んな人にあげているが、だいたい喜ばれる。

「歯科医おすすめの歯磨き粉」(女性35歳/歯科受付)
 歯科医院で受付をしていてホワイトニングや歯石予防効果の高い歯磨き粉を知っているので、ちょっとしたお祝いに数本セットにして贈っています。市販されていない上、市販品よりその効果が分かりやすいので、また欲しいと喜んでもらえます。

「猫好きさんへの猫モチーフアイテム」(女性38歳/イラストレーター)
 なんとなく犬好きより、猫好きな人の方がハマりやすいタイプが多いので、猫好きの人には猫モチーフの入ったプレゼントを贈ると間違いなしと思います。有名タオルブランドの限定猫柄タオルをあげたら、その後数枚買い足したというほど気に入ってくれました。

 いずれのエピソードにも登場するのは、あげる人もらう人、それぞれの個性や得意分野にマッチしたプレゼント。たとえ高価でなくても、稀少性が高くなくても、発想にオリジナリティーがあるプレゼントはもらう人の心を掴みます。大多数の人が喜ぶハズさないプレゼントをおさえつつ、時には「この人だから喜んでくれる」「自分だから贈れる」、そんなプレゼントをあげられる贈り上手を目指したいですね。

あわせて読みたい