テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2020.11.13

付き合ってはいけない男性の特徴は?

 付き合ってみたら「こんな男だと思わなかった!」と、男を見る目のなさを思い知った経験のある女性は多いはず。恋愛の始まりは誰でも浮かれていますし、好きな男性の欠点や短所もチャーミングに見えてしまうことさえあり、まさに恋は盲目状態。後々後悔しないためにも、付き合ってはいけない男性の特徴を知っておきましょう。

付き合う前に見抜きたい! こんな男性は危険です

【自分の価値観を押し付けてくる】
 「普通、デートはスカートが当たり前」「熱出したら彼女は看病に来るもの」などなど、自分の好みや価値観を押し付けてくる男性は要注意。女は男に合わせるのが当然と思っているため、モラハラ彼氏になるのも時間の問題。いわゆるオレ様系は、相手をコントロールできないと自分が尊重されていないと感じ突然キレたり不機嫌になりやすいので、押しの強さを男らしさと混同しないことが重要です。

【何かしらに依存、中毒気味】
 酒、ギャンブル、ゲーム、女性関係等、何かしらに生活が乱されるほどドハマりし依存している男性とも付き合ったらいけません。私がやめさせる、結婚したら変わる、と女性は不覚にも思ってしまいがちですが、依存や中毒体質はなかなか治らず、ひとつを辞めてもまた別の何かに依存するのがオチ。ハマったものへの投資や金銭感覚も麻痺し、彼女よりそちら優先ともなりやすいです。

【鏡を見る頻度が高い】
 鏡を見ては髪をいじる、デート中も自分の映ったショーウィンドウをチラ見ばかり、筋トレしては毎日鏡で全身チェックしてインスタにアップ…。そんな男性は自分大好きな自己中のナルシスト。プライドが高く、自分のことばかり考えているので、女性を大切にしない人が多い傾向に。また、モテたくて女性の目を常に意識しているので、浮気性の男性の特徴でもあると言えます。

【転職回数がやたら多い】
 「ステップアップ」などと言い、転職を繰り返す男性とも付き合ったらいけません。飽きっぽく堪え性がなく実力は何もない男、という可能性も。若いうちは何とかなりますがある程度の年齢からは転職も難しく、いずれは定職に就けず暮らしが苦しくなる場合もあります。継続力がないので面倒になるとバックレるタイプでもあるため、コツコツ何かを続けられるかどうかもチェックしたいところです。

【口が巧く、結婚をチラつかせる】
 「いつか結婚したいけれど今は仕事が…」「結婚するならお前と思っている」など、結婚をチラつかせる男性も危険です。結婚詐欺師もよく使う手だそうですが、そう言っておけば女性をキープできる、誠実だと思われる、と女性をなめているタイプの男性のことも。あまりに口が巧く、いつもいい気分にさせてくれるような男性がいたら、行動も伴っているのかもきっちり見極めましょう。

【大声を出したりモノに当たる】
 怒ったりイライラした時に大きい声を出したり、壁や家具を叩いたりする男性とも付き合ってはいけません。最初はその程度で済んでいても、深い関係になったり結婚したりすると、DV彼氏になる可能性が大きいです。感情がコントロールできない、また怒りで爆発するようなストレスを溜めている男性は、身近な人の前では更に暴力的になるので、絶対に関わらないようにしましょう。

付き合う前の、違和感やモヤモヤを大事にすること

 付き合うか迷っている男性に、上記のようなポイントがないかどうかチェックするのは大切です。しかし、毎度付き合う前からマイナス要素を粗捜ししても恋愛関係に発展しにくいのも確か。もちろん女性にも欠点はありますし誰にでも短所はあり、完璧な男性を求めていたら一生誰とも付き合えないかもしれません。

 ダメな男と付き合ってしまった女性たちの多くは、最初から男性に違和感を感じる部分があった、なんだかモヤモヤするところは払拭できなかった、と苦い経験を振り返ります。その違和感を見て見ぬ振りしてしまったり、周囲の意見を無視して突っ走った結果、付き合ってはいけない男と付き合ってしまったとのこと。交際を検討中の男性に「あれ?この違和感って何?」という疑問を感じたら、男性に質問したり観察したりそれとなく周りに人となりをリサーチしてみたり、どんなポイントであろうとそのままにせず、自分の本能的なモヤモヤを信じてみることも必要なのではないでしょうか。

あわせて読みたい