テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2021.01.19

冬の電気代、コスパ最高の家電とは?

 寒さが厳しい冬ですが、どんな暖房器具を使っていますか?エアコン、電気ストーブ、セラミックファンヒーター、こたつ、電気カーペット、電気毛布――。どれが良いかはライフスタイルやシチュエーション次第ですが、それぞれの強みや特徴などに迫ってみたいと思います。

エアコンの電気代は 年式によって差も

 まずはエアコンから見てみましょう。暖めた空気を室内に循環させるため、つけてから暖かくなるまで少し時間がかかりますが、部屋全体の温度を上げることができます。設定温度や外気温との差、対応する部屋のサイズによっても異なるのですが、8畳用だと1時間あたり20円ほどです。ただし年式によっても大きく異なるため、古いタイプだと電気代も高くつく傾向があります。

 続いて電気ストーブです。本体から熱を発することで、ストーブの前を中心に暖めるもので、すぐに暖かくなるのがメリットです。一方で部屋全体を暖めるのは得意ではないため、1人で過ごしていて一か所から動かない時や、エアコンと併用して部屋全体が暖まるまで使う、などが良いでしょう。強で使用した場合、電気代は1時間27円程度ですが、電気ストーブ自体は数千円で購入できるというハードルの低さは強みです。

 セラミックファンヒーターは本体から温風を出す仕組みですが、広い空間を暖めるのは苦手です。そのため電気ストーブと同じく、一定の場所をすぐ暖めたい時に向いています。1時間30円程度と電気ストーブより電気代が高くつくため、トイレや脱衣所など短時間使用、かつ限られたスペースで使うケースもよく見られます。

こたつと電気毛布がコスパ最高?

日本の冬と言えばこたつ。そういうイメージを持っている人も少なくないでしょう。こたつは強モードだと1時間15円程度の電気代ですが、暖めるエリアがある程度密閉されていて狭いため、一度暖めれば温度がキープされやすいのが強み。実際には強モードで1時間使い続けなくても暖を取れるため、電気代をもっと抑えることができるでしょう。弱点としてはこたつ自体はそこそこ場所を取る、こたつの外は暖められない、こたつから出たくなくなる――などでしょうか。

 電気カーペットは部屋全体を暖かくすることはできませんが、こたつと同じくそこから離れがたくなる暖房器具ですね。3畳用だと電気代は1時間に12円程度。こたつより高くつきますが、置き場を選ばないという点ではこたつに勝っています。

 最後に電気毛布です。電気カーペットに似た仕組みですが、床に敷く電気カーペットと違い、寝る時体に掛けたり、日中でもひざや肩にかけて使われます。電気代は1時間に1円程度とここまで挙げた暖房器具の中でも群を抜いて安く、コスパで見れば最高とも言えるでしょう。ただし1人で使用するのが一般的なため、家族みんなで暖まりたい時は人数分用意する必要があります。また、寝る時につけっぱなしにしてしまうと布団の中が暖かくなり過ぎ、脱水症状になる危険性もあるのでタイマーを使用するのが良いでしょう。

 ここまで冬の寒さを乗り切る家電の特徴を見てきました。それぞれ得手不得手があるため、どんな人にもこれが一番!とおすすめできるものはないのですが、1人暮らしであれば電気毛布、複数人の家族で置くスペースに不自由がないのであればこたつがコスパ面ではおすすめです。状況に応じていろいろな暖房器具を使い分けて、冬の寒さを乗り切りましょう!

<参考サイト>
電気代が最も安い暖房機器はどれ?電気代を抑える4つのコツも必見! | 不動産の学校
https://fudosan-gakko.com/life/danbou-denkidai/
電気ストーブの電気代は高い?暖房器具の電気代徹底比較! | 電力比較サイト エネチェンジ
https://enechange.jp/articles/cost-heater
価格.com - ホットカーペットの電気代が気になる季節。他の暖房器具とも徹底比較!|電気料金比較
https://kakaku.com/energy/article/?en_article=252
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
物知りもいいけど知的な教養人も“あり”だと思います。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

世界の紛争…アメリカの空母機動部隊は3正面で戦えるのか

世界の紛争…アメリカの空母機動部隊は3正面で戦えるのか

「同盟の真髄」と日米関係の行方(1)日本を占う3つの選挙と軍事作戦

2024年は日本にとって重要な選挙が3つある。それは1月に行われた台湾総統選、4月の韓国総選挙、そして11月のアメリカ大統領選である。これらの選挙結果は、ロシア・ウクライナの戦争や、ガザ地区での紛争が収束の気配を見せない...
収録日:2024/04/23
追加日:2024/06/12
杉山晋輔
元日本国駐アメリカ合衆国特命全権大使
2

松下幸之助は聞き上手ではなく言わせ上手…素直な心で即断

松下幸之助は聞き上手ではなく言わせ上手…素直な心で即断

松下幸之助の危機克服~熱海会談の真実(1)最初の出会いでの衝撃

「私は松下幸之助に惚れました。この人についていこうと思いました」――こう語るのは、28歳から25年間、幸之助の薫陶を受けた佐久間氏。かつて松下電器産業副社長を務めた氏が幸之助から学んだこととは何だろう。最初の出会いで...
収録日:2023/12/01
追加日:2024/06/10
佐久間曻二
元松下電器産業副社長
3

「トゥキディデスの罠」の教訓、大事なのは4つの戦争回避

「トゥキディデスの罠」の教訓、大事なのは4つの戦争回避

地政学入門 歴史と理論編(7)戦争を起こさないための地政学

国際社会において戦争を起こさないためには、これまでの歴史を踏まえて地政学的に世界情勢を分析することである。第1次・第2次世界大戦から冷戦期における分析からはじめ、古代ギリシャから現代まで引き継がれる「トゥキディデ...
収録日:2024/03/27
追加日:2024/06/11
小原雅博
東京大学名誉教授
4

躍進する「グローバル・サウス」77カ国が世界に与える影響

躍進する「グローバル・サウス」77カ国が世界に与える影響

グローバル・サウスは世界をどう変えるか(1)グローバル・サウスの影響力

世界の政治・経済をリードしてきたG7を中心とする先進諸国の影響力は徐々に薄れつつある。それに対して、BRICSを筆頭にして「グローバル・サウス」と呼ばれる新興国・途上国の台頭が目覚ましい。現在、国連によるとグローバル・...
収録日:2024/02/14
追加日:2024/04/03
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

歴史における「運」とは?ソクラテスの「運」から考える

歴史における「運」とは?ソクラテスの「運」から考える

運と歴史~人は運で決まるか(1)ソクラテスが見舞われた「運」

歴史における「運」とはどういうものだろうか。例えば、富裕と貧困という問題について、「運」で決まるのか、あるいは「運」とは異なる努力、教養、道徳などの要素で決まるのかという点でも、思想家たちの考え方は分かれる。第1...
収録日:2024/03/06
追加日:2024/04/18
山内昌之
東京大学名誉教授