テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2021.03.10

20代・30代・40代で異なる男のモテ要素

 男性の皆さんは「モテ期」を経験したことがありますか?「学生時代がピーク」という人や「これからモテ期が来るはず」という人、中には「昔も今もずっとモテ期」という稀有な方もいるかもしれません。しかし、それぞれの年代で女性から求められるモテる男性のタイプも変化していくものですから、モテ期をキープしていられる男性は一握り。そこで今回は、20代、30代、40代で異なる男のモテ要素について、同じく20~40代の女性30人にアンケート。その結果を基に年代別の男のモテ要素を分析しました。

とにかくルックス?20代男性のモテ要素とは

「おしゃれな爽やかイケメン」
 20代男性に重視されるモテ要素で圧倒的に多かったのが、「爽やかイケメン」「おしゃれ」という外見的な要素。個性が強過ぎたり、チャラチャラしたくないとあまりに地味で目立たない男性など、平均値のルックスから大きく離れてしまうとモテにくい年代のようです。

「面白くてフレンドリー」 
 内面的な意見では「面白い」「明るくフレンドリー」など、学生時代同様の人気者的な要素が集まりました。小難しいことを考えている男性やオタク風な暗いタイプよりも、一緒にいて楽しい、近寄り易いという要素が求められます。

「少しだけ背伸びしている」
 若さ特有のモテ要素だけではまだ幼く思えてしまう20代男性が他と差をつけるには、「かっこつけたデートもできる」「視野や守備範囲が広い」といった、大人な一面という要素も重要。伸びしろがあると感じさせる20代男性もモテています。

ガツガツしておく?30代男性のモテ要素とは

「パワフルで情熱的」
 仕事や趣味に情熱を持って取り組んでいたり、女性に対しての積極的なパワフルさが30代男性にとって重要なモテ要素のよう。身の程を知って小さくまとまり過ぎてしまう、すでに落ち着きはらって老成しているよりも、少し遊んでいるくらいの漲るエネルギーを感じさせる男性がモテています。

「将来性」
 30代男性といったら、仕事に脂が乗り始めプライベートでも結婚を意識せざるをえない年齢。そこで女性から見て大事になる要素が「将来性」です。稼げるようになるのか、出世できるのか、この先頼りになる男性なのか、そんな明るい未来が見える男性には女性が群がって来るという声も。

「男らしさや大人の色気」
 20代では醸し出せない、「男らしさ」や「大人の色気」も30代男性のモテ要素。強さと優しさが共存し、女性や部下を守って皆を引っぱっていける責任感やリーダーシップがあること、また「いい人」だけで終わらない女性を惹き付けるオス的な要素も重要です。

目指せイケオジ!40代男性のモテ要素とは

「精神的、経済的な余裕」
 安定や余裕を時に男性よりも強く望む女性に、経済的にも精神的にも安定してくる40代男性は案外モテるもの。「40代にもなって不安定な人は、この先ずっと不安定」と話す女性もいるように、これまでの生き方が精神的、経済的余裕となって顕われていることはモテ要素に繋がります。

「オジサン感が薄く清潔感がある」
 年齢なりの落ち着きは欲しいものの「まだまだイケてる」感はモテ要素。ただのオジサンなのかイケオジなのか、そこが40代男性のモテの分かれ目。もう若くなくてもモテるために必要なのは、好奇心や行動力を失わないこと、そして健康的な心身や加齢臭やだらしなさとは無縁の清潔感です。

「過去や経験から滲み出る、深味や渋味」
 「経験に基づいたアドバイスや抽き出しの多さにグッとくる」という声もあるように、40 代男性の経験値や知識、その幅広さは大いなるモテ要素。知らない世界を教えてくれる男性に弱いのも女性です。機動力や体力はピーク時より下がっても、深さや渋さは加齢をプラスに見せる大きなポイントに。

年齢的な立ち位置を意識して、モテ要素を磨こう

 20代、30代、40代と男性のモテ要素を比較してみると、かなり女性の視点は変化していくことがわかりました。

 20代で求められるモテ要素は案外と画一的で、誰から見てもそれなりかっこいいと思われるルックスや見映えの良さ、若者らしさ、大人っぽい側面など、20代の旬を謳歌している男性がモテています。
30代となると、男性の本質のようなエネルギッシュな部分が求められるようになり、仕事や恋愛、結婚などに前向きかどうかや、特に将来性という未来が開けていると感じさせる要素がモテるかどうかのポイントにチェンジ。そして40代となると、過去が育んで来た余裕のある現在と、老化や気力の低下を意識させないポジティブさが重要なモテ要素となっていくようです。

 20代から40代へと男性のモテ要素、女性の求める視点は「今」→「未来」→「過去からの現在」と変わっていくのかも。ルックスがイマイチならなかなかモテないという20代も大変ですが、パワーが必要な30代も、過去までが評価の対象となる40代も、モテるのはそう楽ではありません。なぜモテないのか、とお嘆きの男性は、自分のキャラクターが女性の求める年齢的なモテ要素を伴っているのか、今一度確認してみてはいかがでしょうか。
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
より深い大人の教養が身に付く 『テンミニッツTV』 をオススメします。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

地政学を理解する上で大事な「3つの柱」とは

地政学を理解する上で大事な「3つの柱」とは

地政学入門 歴史と理論編(1)地政学とは何か

国際政治を地理の観点からひも解く「地政学」という学問。近年、耳にすることも多くなった分野だが、どのような手法や意義を持った学問であるかを学ぶ機会は少ない。その基礎から学ぶことのできる今回のシリーズ。まず第1話では...
収録日:2024/03/27
追加日:2024/04/30
小原雅博
東京大学名誉教授
2

山上憶良が「沈痾自哀文」の中で語った人間の価値とは

山上憶良が「沈痾自哀文」の中で語った人間の価値とは

山上憶良「沈痾自哀文」と東洋的死生観(2)救済思想と人間の価値

「人の善悪は報われるのか」という山上憶良の問いは、古くは4世紀の中国仏教界を揺るがしたものであり、新しくはミュージカル『キャッツ』にみられる救済思想とも重なっている。ここで難しいのは因果応報思想との関係で、人間の...
収録日:2024/04/02
追加日:2024/07/19
上野誠
國學院大學文学部日本文学科 教授(特別専任)
3

失敗する日本のやり方…『孫子』に学ぶ華僑との違い

失敗する日本のやり方…『孫子』に学ぶ華僑との違い

『孫子』を読む:九變篇(1)主導権を握るために

変化が激しいと敵の実態をつかめない。実態がよく分からないことほど恐怖に思うことはない。つまり、戦略として実態を明らかにしないことが非常に重要なのである。今回から3回にわたって学んでいく『孫子』の「九變」とは大いな...
収録日:2020/07/07
追加日:2024/07/18
田口佳史
東洋思想研究家
4

常識を初めて知った!?生成AIの大規模言語モデルとは

常識を初めて知った!?生成AIの大規模言語モデルとは

生成AI・大規模言語モデルのしくみ(2)機械学習と大規模言語モデル

機械学習とは何なのか。AIはどのように「理解をしている」のか。近年の著しい進歩により、ますます身近な存在になっている生成AIだが、それがどのようなメカニズムでさまざまなデータを出力しているのかを知る機会は少ない。そ...
収録日:2024/04/16
追加日:2024/07/16
岡野原大輔
株式会社Preferred Networks 共同創業者、代表取締役 最高研究責任者
5

2016年、2020年の米大統領選の各州の結果はどう違ったか?

2016年、2020年の米大統領選の各州の結果はどう違ったか?

「同盟の真髄」と日米関係の行方(6)アメリカ大統領選挙を占う3つの州

2024年11月に控えたアメリカ大統領選挙。民主党の候補者として現大統領のバイデン氏が、共和党の候補者として前大統領のトランプ氏が指名されることになった。激戦が予想されるが、大統領選挙には、その鍵を握る3つの州がある。...
収録日:2024/04/23
追加日:2024/07/17
杉山晋輔
元日本国駐アメリカ合衆国特命全権大使