テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2021.03.23

女性がドキッとする男性の仕草とは?

 壁ドンや顎クイなど、女性がきゅんとしてしまう仕草には代表的なものがいくつかありますよね。しかし、漫画やドラマで話題になるものにはハードルが高いものもあって現実的ではないと思ってしまうかもしれません。でも実は男性が意識していないちょっとした仕草に、女性がドキッとしていることもあるんです。今回は、そんな女性がドキッとする男性の仕草を紹介していきましょう。

さりげない気遣いができる

 男性にとってはあまり重要ではないかもしれませんが、さりげなく気遣いができる男性は女性から好感を持たれやすいもの。その代表格として「車道側を歩いてくれる」「さりげなく荷物を持ってくれる」のふたつが挙げられます。しかし男性も意識している人が少ないため、これをされるとときめいてしまう女性は少なくありません。女性と並んで歩くときには少し気を付けてみると良いでしょう。

ネクタイを締める、ゆるめる

 これらは女性がドキッとする仕草の代表例ともいえますが、ギャップに弱い女性にはたまらない仕草といえます。ネクタイを締めて仕事モードになるときに、顔つきがきりっと締まるのが好きという女性もいれば、ネクタイをゆるめてリラックスモードに切り替わる瞬間は色気を感じてきゅんとするという女性も。スイッチが変わる瞬間のギャップに、女性はついついドキッとしてしまうのです。

男らしい一面が見えたとき

 「車を運転するときに真剣な表情になる瞬間」「重い荷物を軽々と持ってくれると男性だなと感じる」など、男らしい一面が見えるのも女性のときめくポイントとしてあげられています。「腕まくり」が好きな仕草の上位にランクインするのも同じような理由で、袖からのぞくたくましい腕にきゅんとしてしまう女性は少なくありません。

はにかんだ笑顔

 男らしい一面にときめく一方、かわいらしい一面にドキッとしてしまうこともあります。子犬男子なんて言葉もありますが、はにかむような笑顔についつい母性本能をくすぐられてしまうので、好きな仕草としてあげる女性も少なくないのです。また、真面目な男性やいかつい男性のふとした笑顔を見たときに「予想外の笑顔にギャップを感じてドキッとしてしまう」という意見も。笑顔は好感度を上げるためにもっとも効果的だともいえるでしょう。

ボディタッチ、タバコは賛否あり

 「頭をぽんぽんとしてくれる」「髪についたほこりをとってくれる」というボディタッチ系の仕草は、ドキッとする女性も少なくありませんが、無闇に触られるのを嫌う女性もいます。そういう人には逆効果になってしまい、場合によってはセクハラだと訴えられてしまう恐れもあるので気を付ける必要があります。

 また、「タバコをくわえている姿」「タバコを持っている姿」などのタバコ系の仕草も同様です。その姿に色気を感じるという女性もいれば、タバコのニオイから嫌いという女性もいるので完全無欠なモテ仕草とは言いがたいでしょう。

あくまでも「さりげなく」をポイントに

 女性がドキッとする仕草の中でも冒頭に挙げたような壁ドン、顎クイはあまりにもハードルが高いですが、今回ご紹介したものたちは普段から気を付けることでできるものが多かったのではないでしょうか。とはいえ、「やってるぜ!」感が見えると空回ってしまう危険性もあるので、「さりげなく」というのはポイントを抑えて実践してみてください。

~最後までコラムを読んでくれた方へ~
“社会人学習”できていますか? 『テンミニッツTV』 なら手軽に始められます。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

世界が驚いた!コロナ禍の日本人をジョークにすると…

世界が驚いた!コロナ禍の日本人をジョークにすると…

世界のジョーク集で考える笑いの手法と精神(2)世界と日本のジョークの違い

ルーマニアで集めたジョークを皮切りに、「世界のジョーク集」に発展させていった早坂氏。その中で気づいたのは、世界と日本のジョークではマナーに違いがあるということである。例えば、欧州ではジョークを話す人に対してある...
収録日:2024/03/14
追加日:2024/06/21
早坂隆
ノンフィクション作家
2

なぜ「心の病」が増えている?メンタルヘルスの実態に迫る

なぜ「心の病」が増えている?メンタルヘルスの実態に迫る

メンタルヘルスの現在地とこれから(1)「心を病む」とはどういうことか

組織のリーダーにとって、メンバーのメンタルヘルスは今や最重要課題になっている。組織として目標達成が大事であることは間違いないが、同時に一人ひとりの個性を見極め、適材適所で割り振っていく「合理的配慮」も求められて...
収録日:2024/04/17
追加日:2024/06/15
斎藤環
精神科医
3

「松」が鍵…オトリ商品によって起こる「極端の回避」とは

「松」が鍵…オトリ商品によって起こる「極端の回避」とは

行動経済学とマーケティング(3)オトリ商品の罠とアンカリング効果

「オトリ商品の罠」という現象がある。寿司屋を例に挙げると、松竹梅という3つのメニューにおいて、オトリ商品の出し方を3つほど提示するのだが、そうすると、それぞれオトリになる商品があることによって、選択率が変わるとい...
収録日:2024/04/08
追加日:2024/06/20
阿部誠
東京大学 大学院経済学研究科・経済学部 教授
4

OpenAI創業者サム・アルトマンとはいかなる人物なのか

OpenAI創業者サム・アルトマンとはいかなる人物なのか

サム・アルトマンの成功哲学とOpenAI秘話(1)ChatGPT生みの親の半生

ChatGPTを生みだしたOpenAI創業者のサム・アルトマン。AIの進化・発展によって急速に変化している世界の情報環境だが、今その中心にいる人物といっていいだろう。今回のシリーズでは、サム・アルトマンの才能や彼をとりまくアメ...
収録日:2024/03/13
追加日:2024/04/19
桑原晃弥
経済・経営ジャーナリスト
5

2024年問題は2024年で終わらない…物流業界の厳しい現実

2024年問題は2024年で終わらない…物流業界の厳しい現実

物流「2024年問題」~その実態と打開策~(1)「2024年問題」とは何か

トラックドライバーの労働時間制限によって引き起こされる物流「2024年問題」。トラック業界に訪れる働き方改革は、5年間の猶予措置を経て、さまざまな問題を噴出させる。中でも注目すべきは、時間外労働の上限規制と改善基準告...
収録日:2024/04/30
追加日:2024/06/18
首藤若菜
立教大学経済学部教授