テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2021.04.17

盗難に遭いやすい車種トップ5

 車の盗難件数は、2003年(平成15年)の6万4,223件をピークに減少しています。2019年(平成31年・令和元年)には7,143件とピーク時の11%弱程度。さらに2020年の自動車盗難件数は前年比27.1%減の5,210件とさらにおよそ2,000件程度減少しました。特に2020年での減少要因としては、監視の目が行き届く社会になった点、コロナ禍で在宅が増えたことによるリスクの減少と、海外から窃盗団が入国できなかった点などが考えられるようです。全体で減少傾向とはいえ、コロナ禍の影響が終わった後には、再びリスクが増大する可能性はあります。ここでは、自動車盗難の状況をもう少し詳しく見てみましょう。

盗難に遭いやすい車種トップはランドクルーザー

 盗難に遭いやすい車種を見てみましょう。以下、日本損害保険協会が公表している車種別トップ5です(2020年11月の調査)。左から車名、件数、構成比となっています。

1位 ランドクルーザー 25件 15.8%
2位 プリウス 22件 13.9%
同2位 レクサスLX 22件 13.9%
4位 レクサスLS 12件 7.6%
5位 クラウン 9件 5.7%

 1位はランドクルーザー。2020年2月の調査から2回連続です(前々回の調査では3位)。2位のプリウスは前々回の調査から3回連続で2位。3位と4位はレクサスですが、以降6位にもレクサスから2車種がランクインするなど、ワースト13車種のうちレクサスブランドが36.1%を占めています。全体の傾向としては、比較的海外で人気の車が中心のようです。

 一方、平均支払保険金は406.2万円と前回調査の401.4万円から増加しています。特に盗難車両が発見された場合の支払保険金が増加しているとのこと。これには、発見時に部品が抜き取られていて状態が良くないことや、より高額な車両が狙われていることが関係しているようです。

薄暗い時間帯、屋外駐車場に注意

 以下は同調査における車両本体の盗難発生時間帯の割合です。圧倒的に深夜から朝(22時から9時) が多いことがわかります。

日中(9時から17時) 12.7%
夜間(17時から22時) 10.8%
深夜から朝(22時から9時) 66.5%
不明 10.1%

 分析では、薄暗い時間帯、薄暗い場所で犯行が行われていることが多いと推察されています。また、同調査での盗難発生場所の割合でもっと多いのは「契約駐車場(屋外)」40.5%、次いで「自宅(屋外)」37.3%、3位は「自宅(屋内)」5.1%、4位は「通勤先駐車場」3.2%となっています。ちなみにここでの「自宅(屋内)」とは、「根がありかつ4方向が壁やシャッターで囲まれているもの」とのこと。

 ただし前回調査(2020年2月)の調査で最も多いのは「自宅(屋外)」で51.3%、次いで「契約駐車場(屋外)」22.8%の順です。資料でこの点への言及はありませんが、筆者の推測では在宅勤務が急増したことにより、在宅の可能性のある自宅からの盗むリスクを避けた結果でないでしょうか。ともあれ、盗難の多くは7割から8割が屋外駐車場で起きていることがわかります。

「貴重品を置かない」、「物理的ロックを使う」、「人目につきやすい駐車場に」

 車両盗難の手法は、一般的には大きく4つの手法があるようです。一つは窓ガラスやキーシリンダーを破壊したり、窓の隙間から針金でドアを解錠したりする直接的な侵入。二つ目はイモビカッターを使用した手口。キーと車載コンピュータのIDを合致させてエンジンをかけるものがイモビライザーですが、この情報をイモビカッターでリセットするという手法です。三つ目はリレーアタック。新型車に多く採用されているスマートキーの電波を増幅させて解錠するもので、窃盗団が利用します。四つ目はコードグラバーを使用した手口。これはスマートキーではなく、車本体から発する電波を利用して解錠する最新の手法です。コードグラバーとはスマートキーのIDを複製してスペアキーの代わりに使うものですが、これを盗難に悪用するそうです。

 対策としては、「貴重品を車に置かない」、「タイヤロック・ハンドルロックなどの物理的ロックを使う」、「人目につきやすい駐車場にする・防犯カメラを設置する」の3つがまず考えられる方法です。また万が一盗難にあったときには、速やかに警察に届けることになりますが、このとき車の登録番号など車検証の情報が必要です。いざという時に備えて、車検証はあらかじめコピーしておくか、スマートフォンで撮影しておきましょう。

<参考サイト>
コロナ禍のステイホームが影響!? 2020年の自動車盗難は27%減! それでも愛車を守るにはどうする?|ベストカーWeb
https://bestcarweb.jp/feature/column/251902
自動車盗難等の発生状況について(PDF)|警視庁 生活安全課 平成30年6月
https://www.npa.go.jp/safetylife/seianki56/30_jidousya.pdf
2回連続でランドクルーザーが車名別盗難ワースト1│一般社団法人日本損害保険協会
https://www.sonpo.or.jp/news/release/2020/2103_03.html
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
雑学から一段上の「大人の教養」はいかがですか?
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制と2012年体制(1)質的な違いと野党がなすべきこと

戦後の日本の自民党一党支配体制は、現在の安倍政権における自民党一党支配と比べて、何がどのように違うのか。「55年体制」と「2012年体制」の違いと、民主党をはじめ現在の野党がなすべきことについて、ジェラルド・カ...
収録日:2014/11/18
追加日:2014/12/09
2

5Gはなぜワールドワイドで推進されていったのか

5Gはなぜワールドワイドで推進されていったのか

5Gとローカル5G(1)5G推進の背景

第5世代移動通信システムである5Gが、日本でもいよいよ導入される。世界中で5Gが導入されている背景には、2020年代に訪れるというデータ容量の爆発的な増大に伴う、移動通信システムの刷新がある。5Gにより、高精細動画のような...
収録日:2019/11/20
追加日:2019/12/01
中尾彰宏
東京大学 大学院工学系研究科 教授
3

マスコミは本来、与野党機能を果たすべき

マスコミは本来、与野党機能を果たすべき

マスコミと政治の距離~マスコミの使命と課題を考える

政治学者・曽根泰教氏が、マスコミと政治の距離を中心に、マスコミの使命と課題について論じる。日本の新聞は各社それぞれの立場をとっており、その報道の基本姿勢は「客観報道」である。公的異議申し立てを前提とする中立的報...
収録日:2015/05/25
追加日:2015/06/29
曽根泰教
慶應義塾大学名誉教授
4

BREXITのEU首脳会議での膠着

BREXITのEU首脳会議での膠着

BREXITの経緯と課題(6)EU首脳会議における膠着

2018年10月に行われたEU首脳会議について解説する。北アイルランドの国境問題をめぐって、解決案をイギリスが見つけられなければ、北アイルランドのみ関税同盟に残す案が浮上するも、メイ首相や強硬離脱派はこれに反発している...
収録日:2018/12/04
追加日:2019/03/16
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

健康経営とは何か?取り組み方とメリット

健康経営とは何か?取り組み方とメリット

健康経営とは何か~その取り組みと期待される役割~

近年、企業における健康経営®の重要性が高まっている。少子高齢化による労働人口の減少が見込まれる中、労働力の確保と、生産性の向上は企業にとって最重要事項である。政府主導で進められている健康経営とは何か。それが提唱さ...
収録日:2021/07/29
追加日:2021/09/21
阿久津聡
一橋大学大学院経営管理研究科国際企業戦略専攻教授