テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2021.05.03

結婚相手に譲れない・なかった「条件」は?

 結婚相手に対して、あまりに条件が多く理想が高いと結婚の機会を逃してしまうこともあると思います。しかし「これだけは譲れない!」という条件は、誰にでも少なからずあるはず。現在独身の人、また既婚者の皆さんは結婚相手にどんなこだわりの条件を持っているのでしょうか。

一般的な調査では、結婚後のライフコースを意識した結果に。

 まずは一般的な調査結果を見ていくことにしましょう。国立社会保障・人口問題研究所が実施した第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)では、独身の男女共に結婚相手の条件として最も考慮・重視するのは「人柄」、次いで「家事・育児の能力」という結果に。

 「人柄」と大きく言ってしまうと幅が広過ぎる気もしますが、2位の「家事・育児の能力」、そして3位に「自分の仕事への理解」が来るというのを加味すると、これから結婚する世代は女性が結婚後も働き続ける前提で、夫婦で協力しながら家事や育児をしていくライフコースにふさわしい結婚相手を求めていると考えられそうです。

 女性では経済力や職業を重視する人の割合も多いですが、近年では男性も「経済力」「職業」を条件にあげる人が増加傾向にあり、やはり共働きで家事育児を分担したバランスのいい結婚生活を築ける相手、という点が譲れない条件として目立つようになってきています。

求められているのは、「条件のいい相手」ではない?

 確かに、人柄が良く共に働き家事育児を協力して生活できる相手、という条件は堅実で現実的ですが、実際に結婚観などについて友人や仲間と話す時にはもっと個人的な願望や条件を耳にすることの方が多いものです。そこで独身者だけでなく既婚者の方も含めた男女35人に、譲れない/譲れなかった具体的な条件をアンケート。もっとリアルでプライベートな結婚相手へのこだわりを探ってみました。

1・好みのルックス
 男女共に意外と多かったのが「容姿」。「夫の見た目が好みだったので、色々気に入らない点はあったけれど目をつぶれた」、「母親が肥満なのがずっと嫌で、結婚相手の女性は痩せ型なのが最優先」、「やっぱり最初は容姿で振り分けてしまうし、ずっと一緒にいるなら本能的に好みの外見の相手がいい」など、他の条件も考慮はしつつもまずはルックスありきという声が多数。「見た目重視で選んだ奥さんが、本当に見た目だけ。失敗したと思う反面、好きな気持ちは続いている」という懲りない男性も。

2・仕事への姿勢や経済力
 「自分の稼ぎだけでは苦しいので、仕事のできる女性じゃないと結婚できない」という独身男性や、「結婚した友達を見ていても経済力のある夫のいる子は皆余裕があって幸せそう。愛があればお金なんては、まやかしです」という既婚女性も。また「多くは望まないけれど、正社員で仕事を頑張っているのが条件。フリーランスや非正規雇用は不安定過ぎて怖い」と、お金が第一ではなくても生活の基盤となる仕事や職種の安定性を条件にする女性も目立ちました。

3・心身の安定や安心感
 「情緒不安定やメンヘラっぽいのはNG、一緒にいてリラックスできるかどうかが第一」という独身男性や、「とにかく心身ともに健康なこと。結婚は先が長いですから」という既婚女性の声が。また独身女性の「無類の酒好きとか、モテて浮気の心配があるとか、どんなに好きでも安心感のない人は結婚できない」という意見もあるように、結婚前は多少の刺激を好んだり感情に流されていた人も、結婚相手への条件には安心・安定を第一に設定するケースも見られます。

4・共通の趣味や価値観
 「唯一の趣味が料理や食べ歩きなので、食に興味のある相手じゃないとダメ」、「インテリアやファッションなど美的感覚の好みが合うかどうか。メルヘンな趣味の部屋の女性と付き合ってみて、結婚後もこんなインテリアの中で暮らすのは地獄と思った」など、趣味や感覚的なことや価値観が通じる相手という意見も多数。人生の楽しみをふたりで共有できるかどうかを結婚相手に譲れない条件としてあげた人が多くいました。

 こうして結婚相手に譲れない条件を調査していくと、ひと昔前のような理想でガチガチに固まった結婚観は減っており、結婚への考え方にも多様性が出て来ているようにも感じます。何が何でも結婚しなくちゃいけないという考え自体や、男だから、女だからという枠も結婚観からはなくなりつつあるのかもしれません。今後はさらに、自分のライフスタイルや個人の生き方が、相手選びにも反映されるようになっていくのではないでしょうか。

<参考サイト>
第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)│国立社会保障・人口問題研究所
http://www.ipss.go.jp/ps-doukou/j/doukou15/doukou15_gaiyo.asp
http://www.ipss.go.jp/ps-doukou/j/doukou15/NFS15_report3.pdf
調査研究・レポート 結婚・出産カテゴリ│明治安田総合研究所
https://www.myri.co.jp/research/cat_marriage.php
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
より深い大人の教養が身に付く 『テンミニッツTV』 をオススメします。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,100本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

権威主義とポピュリズムへの対抗…歴史を学び、連帯しよう

権威主義とポピュリズムへの対抗…歴史を学び、連帯しよう

民主主義の本質(5)民主主義を守り育てるために

ポピュリズムや権威主義的な国家の脅威が迫る現在の国際社会。それに対抗し、民主主義的な社会を堅持するために、国際社会の中で日本はどのように振る舞うべきか。議論を進める前提として大事なのは「歴史から学ぶ」ことである...
収録日:2024/02/05
追加日:2024/04/23
橋爪大三郎
社会学者
2

ルネサンスはどうやって始まった?…美術の時代背景

ルネサンスはどうやって始まった?…美術の時代背景

ルネサンス美術の見方(1)ルネサンス美術とは何か

ルネサンス美術とはいったい何なのか。これを考えるためには、なぜその時代に古代ギリシャ、ローマの文化が復活しなければならなかったのかを考える必要がある。その鍵は、ルネサンス以前のイタリアの分裂した都市国家の状態や...
収録日:2019/09/06
追加日:2019/10/31
池上英洋
東京造形大学教授
3

OpenAI創業者サム・アルトマンとはいかなる人物なのか

OpenAI創業者サム・アルトマンとはいかなる人物なのか

サム・アルトマンの成功哲学とOpenAI秘話(1)ChatGPT生みの親の半生

ChatGPTを生みだしたOpenAI創業者のサム・アルトマン。AIの進化・発展によって急速に変化している世界の情報環境だが、今その中心にいる人物といっていいだろう。今回のシリーズでは、サム・アルトマンの才能や彼をとりまくアメ...
収録日:2024/03/13
追加日:2024/04/19
桑原晃弥
経済・経営ジャーナリスト
4

新宿の歴史…かつては馬糞臭い宿場町だった「内藤新宿」

新宿の歴史…かつては馬糞臭い宿場町だった「内藤新宿」

『江戸名所図会』で歩く東京~内藤新宿(1)内藤新宿の誕生と役割

江戸時代後期に書かれた地誌『江戸名所図会』(えどめいしょずえ)をひもとくと、江戸時代の街の様子や人々の暮らしぶりが見えてくる。今回は、五街道の宿場町として重要な役割を果たした「内藤新宿」を取り上げ、新宿のかつて...
収録日:2024/02/19
追加日:2024/04/21
堀口茉純
歴史作家
5

「和歌」と「宣命」でたどる奈良時代の日本語とその変遷

「和歌」と「宣命」でたどる奈良時代の日本語とその変遷

文明語としての日本語の登場(1)古代日本語の復元

日本語の発音は、漢字到来以来一千年の歴史を通してどう変わってきたのか。また、なぜ日本語は「文明語」として世界に名だたる存在といえるのか。二つの疑問を解き明かす日本語学者として釘貫亨氏をお招きした。1回目は古代日本...
収録日:2023/12/01
追加日:2024/03/08
釘貫亨
名古屋大学名誉教授