テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2021.05.21

本当は迷惑?NGサプライズとは

 誕生日や記念日にはサプライズで彼女を驚かせたい、そう思ったことがある男性も多いでしょう。「サプライズが嫌いな女性はいない」と思われがちですが、単純にそう決めてしまうのはとてもリスキーで、相手や内容によってはかえって迷惑に思われてしまうこともあります。今回はNGサプライズについて紹介していきましょう。

なぜサプライズを不快に感じるのか?

 すべての女性がサプライズを嫌うわけではありませんが、不快に感じる女性がいることは間違いありません。どうしてそう思うのか、まずは2つのポイントを見ていきましょう。

 ひとつはその人の性格によるもの。計画的に過ごしたいタイプの女性は、思いがけないサプライズによって予定を狂われるのは、居心地悪く感じてしまうのです。また、恥ずかしがり屋の女性の場合、他人を巻き込んだようなサプライズをされると喜びよりも恥ずかしさが勝ってしまうことも。彼女がサプライズを受け入れてくれるかどうかはきちんと見極める必要があります。

 もうひとつは、サプライズされたらリアクションをしなくてはいけないプレッシャーがあること。「ここまでやったんだから喜んでよね、というのが見えて嫌だ」「ちゃんとリアクションしなきゃと思うのがしんどい」という意見もあり、サプライズする側からは見えないストレスがあることがうかがえます。

サプライズのNGポイント

 彼女がサプライズをしたら喜んでくれそうだと思っても、自分勝手なサプライズは逆に彼女の気持ちを冷めさせてしまうこともあります。続いては、やりがちだけどやらない方が良い、NGポイントと気を付けるべきことを見ていきましょう。

・行き先を全く知らせないサプライズ

 高級レストランへ突然彼女を連れていく、行き先は秘密にして車でサプライズ旅行へ連れていくなど、しっかり用意したサプライズに彼女が喜んでくれると思う男性は少なくないでしょう。しかし、女性からしてみると「なんで先に言ってくれなかったの?何も準備してないのに!」というのが本音なのです。

 こうしたサプライズをしたい場合には、「明日のデートはちょっとおしゃれしてきてね」「泊まりででかけよう」などのヒントを事前に伝えておくのが良いでしょう。完全に秘密にすると上記のような事態を引き起こしてしまうので、「え?なんだろう?」と期待値を上げて肝心なところを秘密にしておけば、彼女も喜んでくれることでしょう。

・サプライズ成功が目的になってしまう

 相手を喜ばせるためのサプライズを考えていると、いつのまにか目的が「サプライズを成功させること」にすりかわってしまい、本来の目的を見失ってしまうことがあります。例えば、フラッシュモブは彼女が驚くことは間違いないでしょうが、目立つのが嫌いな彼女の場合には恥ずかしさが勝って喜ぶどころではなくなってしまうといったことになってしまうのです。

 サプライズをするときには「相手を喜ばせる」という目的を見失わないようにしなければなりません。相手が素直に喜んでくれるのはどんなサプライズか、きちんと考えた上で企画をするようにしましょう。

些細なサプライズでも女性は嬉しいもの

 サプライズが嫌いな女性もいると書きましたが、デートのときにちょっとしたお土産を持っていくなどの些細なサプライズを嫌がる女性はそう多くありません。相手が喜ぶにはどんなことをしたら良いのか、そのことを第一に考えてサプライズを考えてみてください。

<参考サイト>
サプライズが失敗する?ありがちなNG行動│Surpriser
http://surpriser.info/idea/surprise-failure
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
雑学から一段上の「大人の教養」はいかがですか?
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制と2012年体制(1)質的な違いと野党がなすべきこと

戦後の日本の自民党一党支配体制は、現在の安倍政権における自民党一党支配と比べて、何がどのように違うのか。「55年体制」と「2012年体制」の違いと、民主党をはじめ現在の野党がなすべきことについて、ジェラルド・カ...
収録日:2014/11/18
追加日:2014/12/09
2

5Gはなぜワールドワイドで推進されていったのか

5Gはなぜワールドワイドで推進されていったのか

5Gとローカル5G(1)5G推進の背景

第5世代移動通信システムである5Gが、日本でもいよいよ導入される。世界中で5Gが導入されている背景には、2020年代に訪れるというデータ容量の爆発的な増大に伴う、移動通信システムの刷新がある。5Gにより、高精細動画のような...
収録日:2019/11/20
追加日:2019/12/01
中尾彰宏
東京大学 大学院工学系研究科 教授
3

マスコミは本来、与野党機能を果たすべき

マスコミは本来、与野党機能を果たすべき

マスコミと政治の距離~マスコミの使命と課題を考える

政治学者・曽根泰教氏が、マスコミと政治の距離を中心に、マスコミの使命と課題について論じる。日本の新聞は各社それぞれの立場をとっており、その報道の基本姿勢は「客観報道」である。公的異議申し立てを前提とする中立的報...
収録日:2015/05/25
追加日:2015/06/29
曽根泰教
慶應義塾大学名誉教授
4

BREXITのEU首脳会議での膠着

BREXITのEU首脳会議での膠着

BREXITの経緯と課題(6)EU首脳会議における膠着

2018年10月に行われたEU首脳会議について解説する。北アイルランドの国境問題をめぐって、解決案をイギリスが見つけられなければ、北アイルランドのみ関税同盟に残す案が浮上するも、メイ首相や強硬離脱派はこれに反発している...
収録日:2018/12/04
追加日:2019/03/16
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

健康経営とは何か?取り組み方とメリット

健康経営とは何か?取り組み方とメリット

健康経営とは何か~その取り組みと期待される役割~

近年、企業における健康経営®の重要性が高まっている。少子高齢化による労働人口の減少が見込まれる中、労働力の確保と、生産性の向上は企業にとって最重要事項である。政府主導で進められている健康経営とは何か。それが提唱さ...
収録日:2021/07/29
追加日:2021/09/21
阿久津聡
一橋大学大学院経営管理研究科国際企業戦略専攻教授