テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2021.08.05

ネットで叩かれる人の共通点とは?

 「出る杭は打たれる」という諺の通り、SNSで何かしら発言をすると叩かれたり炎上しがちな人がいます。日常的に発言しても叩かれたり炎上することのない人との違いはどこにあるのでしょうか。出過ぎたふるまいをすると憎まれるというのが諺の意味ですが、SNSで叩かれたり炎上しやすい人の傾向について考察してみましょう。

SNSは叩かれやすい俎上環境

 何気ないコメントやメッセージであればこそ、多くの人の目にとまれば、その数だけの共感と反論が生まれます。FacebookやLINEなど、コメントの共有が友人関係で限られていれば、相互理解のため叩かれることは少ないですが、Twitterなどで不特定多数に向けてコメントやメッセージがオープンになると、本人が意図しない形で晒され、叩かれる可能性は誰にでもあり、その確率も高いことを念頭におきたいところです。

叩かれやすい人の特徴

・目立ちたがり

 自慢や間違った情報や誰がみてもおかしいと思う意見を発信するタイプ。意図的により多くの注目を集めようとするあまり、意外な反感を買ってしまうことがあります。

・独りよがり

 空気を読まずに、自分の発言がどう受け止められるかを考えずに思ったこと感じたことをそのまま発言しがちなタイプ。  

・個性に無自覚

 意図的な目立ちたがりではなく、ネイティブに個性が強いため、発言そのものも目立ってしまうタイプ。同調圧力が激しくも厳しいネット環境において、異質な個性は攻撃の対象になりがちです。

・言葉に無頓着

 言葉づかいに無頓着であったり、気持ちを言葉にするのが苦手なタイプ。発言が間違った形で伝わってしまい、相手の捉え方によっては叩かれてしまうことも。悪気はないのに叩かれてしまう人は、あなたのコメントやメッセージが相手にきちんと伝わっていないかもしれません。

叩く人ってどんな人 

 ネットで叩く側の人にもパターンがあります。

・匿名で自分の名前は隠して知らせない
・同じような感想を持った人を焚きつけて味方につける
・些細なことからターゲットの欠点ばかり取り上げる

 実名登録のFacebookやLINE以上に、叩きや炎上の多いTwitterは、匿名の環境であることが大きな要因となっています。

 ネットで叩く人は正義をテコにして、ロジカルに責め立てます。叩く心理には、相手を屈服させたい、過ちを認めさせ、自らの力を誇示したいという気持ちが隠れていいるのです。日頃から会社や社会に対して抱えているストレスや不満、劣等感のはけ口といってもよいでしょう。

 誹謗中傷・悪口の書き込みは犯罪行為として法に抵触する行為です。いきすぎた叩きは、刑法230条第1項の「名誉毀損罪」、刑法231条の「侮辱罪」などで告発される可能性があるので注意しましょう。

叩かれても冷静に!

 気をつけていても叩かれたり炎上するケースは少なくありません。そのときは冷静に対処しましょう。コトの大きさを読み取りつつ、前提として、悪い意見が来ることも覚悟しておくこと。

1.無視する
2.ネット掲示板やブログの管理者に削除依頼する
3.弁護士に相談する

 叩いた人には極力関わらず、あまりにしつこく実害が及ぶようであれば、躊躇なく弁護士に相談しましょう。

あわせて読みたい