テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2024.06.14

日本に馴染みのある「外資系企業」とは

 外資系企業と聞くとどんなイメージでしょうか。海外出張が多いセレブ、エリートでお金持ち、成果主義でしのぎを削る場所などなど、少し私たちの日常から離れたところにある企業という感じもします。だからこそ憧れるような響きでもあります。しかし、身近な企業も実は外資系企業だったりします。

西友(アメリカ)

 スーパーマーケットは私たちの日常にかなり近いところにあります。いわばドメスティックな場所の代表のように捉えられますが、実は「西友」は外資系企業。1963年創業の「西友」は旧西武グループの一員でしたが、2003年にアメリカのウォルマートの子会社となります。しかし、経営はあまりうまくいかなかったようです。2020年末にウォルマートは所有していた株式のうち85%を売却することになりました。20%は楽天に、65%はアメリカ・ニューヨークの投資ファンドKKR(コールバーグ・クラビス・ロバーツ)が持ちます。経営はウォルマートからこの投資ファンドに変わりますが、外資系であることは変わりません。

すかいらーく(アメリカ)

 ガスト、バーミヤン、ジョナサンといったファミレスを運営しているすかいらーくグループは1970年、東京都府中市にファミリーレストランすかいらーく1号店(国立店)を出店したところからファミレス事業をスタートさせます。その後2003年には全国で1,000店目のガストをオープンさせています。2021年6月末時点ではガスト1,333店、バーミヤン340店、しゃぶ葉274店などなど合わせて3,104店を経営しています。2011年、株主だった野村プリンシパルファイナンスが、アメリカの投資ファンド・ベインキャピタルに売却し、外資系企業となっています。

シャープ(台湾)

 世界でも有数の液晶モニタ開発技術を有する企業シャープが、台湾の鴻海(ホンハイグループ)に売却されたのは2016年のこと。記憶に新しいのではないでしょうか。ちなみに鴻海(ホンハイグループ)は電子機器受託製造の業界で世界1位です。シャープはその後、急激に業績を回復し、2018年には不正会計事件で大混乱した東芝のPC事業を買収しています。東芝と言えば、1989年、世界ではじめてのノートPC「Dynabook」を発売した会社です。このあたり、容赦ない時代の荒波を感じるところでもあります。

「身近な会社が外資系になる」ことの意味

 日本経済は1980年代後半のバブル後、1990年代の失われた時間を経て、現在では緩やかに推移しているように思えます。この間に中国や台湾といったアジアの企業が急成長を遂げた一方で、アメリカはITの中心地としての地位を確立します。日本の企業は優秀な技術力を有してさまざまな技術や製品を開発し、一時代を築きました。また、西友やすかいらーくは、私たちの生活が豊かになるとともに成長した企業の代表と言えるでしょう。日本は戦後右肩上がりで急成長したのち、1989年にバブルが崩壊します。こういった激しい浮き沈みを経験しながら国産企業は奮闘してきました。しかしもしかしたら、日本はもうすでに新たな局面に入っているのかもしれません。「身近な企業が外資系になる」という事実の裏には、こういった国境を超えた時代や経済の大きなうねりがあるのかもしれません。

<参考サイト>
ウォルマートの「西友切り」は遅すぎた? それなのに今、楽天が西友とタッグを組むワケ|
ITmediaビジネスオンライン
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2012/24/news024.html
スーパー「西友」を子会社化するKKRってどんな会社|M&A Online
https://maonline.jp/articles/kkr_rakuten_seiyu20201118
グループ店舗数|すかいらーくグループ
https://www.skylark.co.jp/company/group_number.html
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
自分を豊かにする“教養の自己投資”始めてみませんか?
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制と2012年体制(1)質的な違いと野党がなすべきこと

戦後の日本の自民党一党支配体制は、現在の安倍政権における自民党一党支配と比べて、何がどのように違うのか。「55年体制」と「2012年体制」の違いと、民主党をはじめ現在の野党がなすべきことについて、ジェラルド・カ...
収録日:2014/11/18
追加日:2014/12/09
2

5Gはなぜワールドワイドで推進されていったのか

5Gはなぜワールドワイドで推進されていったのか

5Gとローカル5G(1)5G推進の背景

第5世代移動通信システムである5Gが、日本でもいよいよ導入される。世界中で5Gが導入されている背景には、2020年代に訪れるというデータ容量の爆発的な増大に伴う、移動通信システムの刷新がある。5Gにより、高精細動画のような...
収録日:2019/11/20
追加日:2019/12/01
中尾彰宏
東京大学 大学院工学系研究科 教授
3

マスコミは本来、与野党機能を果たすべき

マスコミは本来、与野党機能を果たすべき

マスコミと政治の距離~マスコミの使命と課題を考える

政治学者・曽根泰教氏が、マスコミと政治の距離を中心に、マスコミの使命と課題について論じる。日本の新聞は各社それぞれの立場をとっており、その報道の基本姿勢は「客観報道」である。公的異議申し立てを前提とする中立的報...
収録日:2015/05/25
追加日:2015/06/29
曽根泰教
慶應義塾大学名誉教授
4

BREXITのEU首脳会議での膠着

BREXITのEU首脳会議での膠着

BREXITの経緯と課題(6)EU首脳会議における膠着

2018年10月に行われたEU首脳会議について解説する。北アイルランドの国境問題をめぐって、解決案をイギリスが見つけられなければ、北アイルランドのみ関税同盟に残す案が浮上するも、メイ首相や強硬離脱派はこれに反発している...
収録日:2018/12/04
追加日:2019/03/16
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

健康経営とは何か?取り組み方とメリット

健康経営とは何か?取り組み方とメリット

健康経営とは何か~その取り組みと期待される役割~

近年、企業における健康経営®の重要性が高まっている。少子高齢化による労働人口の減少が見込まれる中、労働力の確保と、生産性の向上は企業にとって最重要事項である。政府主導で進められている健康経営とは何か。それが提唱さ...
収録日:2021/07/29
追加日:2021/09/21
阿久津聡
一橋大学大学院経営管理研究科国際企業戦略専攻教授