テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2021.08.26

目黒区に芸能人が多いのはなぜ?

 芸能人が多く住んでいると噂の目黒区。特に中目黒では芸能人の目撃情報が多く、行けば芸能人に会えると言われているほど。つまり、その周辺に居を構えていることがうかがえます。なぜ芸能人が目黒区に多いのか、その理由を調べてみました。

そもそも目黒区はどんな街か?

 目黒のさんまや目黒川の桜といった名物は知っていても目黒区がどんな街かご存じでない方も多いでしょう。23区の西南部に位置する目黒区はおしゃれなイメージの中目黒や自由が丘をはじめ、学芸大学、祐天寺といった人気のエリアがある一方、柿の木坂、青葉台など高級住宅街が建ち並ぶエリアもあります。娯楽施設は多くありませんが、治安は良く落ち着いている雰囲気があるので、静かに住みたい人に人気の街となっています。

 また、区内には京王井の頭線、東急田園都市線、東急東横線が通っているため都心にも神奈川方面にも出やすいのも魅力のひとつです。さらに鉄道以外にも路線バスが網羅されているため、車やバイク、自転車がなくても移動しやすい交通利便性の高さも特筆するポイントといえるでしょう。

 緑が多く落ち着いた雰囲気のエリアなので、住みたい街としても人気の高い目黒区ですが、芸能人が住みたいと思う理由についてさらに調べてみました。

芸能人が多い3つの理由

・地盤、治安が安定している

 ハザードマップを見てみると、目黒区は粘性が高くしっかりとした地盤が特徴の関東ローム層の台地が区のほとんどを占めていて、災害に強い地盤があると評価されています。また治安の良さにも定評があり、警視庁の犯罪データと住民基本台帳を基に算出された犯罪率は0.61%と23区中4位の好位置につけています。災害にも強く治安が良いという、安心安全の生活ができる点が人気を呼んでいる理由といえるでしょう。

・芸能事務所が多い

 目黒区には個人でやっているような小規模な芸能事務所から、ホリプロ、田辺エージェンシーといった大手事務所まで、さまざまな芸能事務所があります。この地に芸能事務所が集まりやすいのは、渋谷や赤坂、六本木といった都内のTV局に出やすい立地のため。事務所も近く仕事をするTV局も行きやすいというのが、芸能人が多く住んでいる理由のひとつといえます。

・街が芸能人慣れしている

 有名になればなるほど外出時にもファンに見つかって騒がれてしまうかもしれないというリスクを持つのが芸能人です。しかし目黒区には芸能人が多く住んでいるため、街で遭遇しても一般人に騒がれることが少ないといいます。中目黒には個人経営のお店も多く、プライベートな時間もゆっくりと過ごすことができるというメリットもあるようです。

 かつては事務所近くのお手頃な物件で下積み時代を送っていた芸能人が、売れっ子になってからも慣れ親しんだ街で高級住宅や高級マンションに移り住むケースも多いといいます。こうした理由から目黒区に行けば芸能人に会える確率は高いといえますが、彼らのプライベートの時間を壊さないように適切な距離を保つよう心がけたいですね。

<参考サイト>
目黒区はなぜ芸能人御用達?目黒区の特殊事情について│株式会社シルバシティ
https://www.silvacity.co.jp/blog/entry-205255/
目黒区が人気の理由は?目黒区の人気の秘訣をご紹介します!│株式会社リードホーム
https://www.lead-home.jp/blog/entry-224979/

~最後までコラムを読んでくれた方へ~
自分を豊かにする“教養の自己投資”始めてみませんか?
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,100本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

議論で和を実現せよ、怒りと執着を捨て凡夫の自覚を持て

議論で和を実現せよ、怒りと執着を捨て凡夫の自覚を持て

聖徳太子「十七条憲法」を読む(5)条文を読む…和と議論

「議論によって和を実現する」――これは、十七条憲法の条文の中で最も多くかつ非常に重要なこととして第一条、第十条、第十五条、第十七条に記されている内容である。議論を尽くすことにより自ずと立ち上がる道理。また、その前...
収録日:2023/08/24
追加日:2024/01/04
賴住光子
東京大学大学院人文社会系研究科・文学部倫理学研究室教授
2

平安文学の危機と藤原定家による「漢字仮名交じり」の試み

平安文学の危機と藤原定家による「漢字仮名交じり」の試み

文明語としての日本語の登場(6)鎌倉ルネサンス

公家から武家の世へと政権や人心が移る頃、乱れる日本語を通して公家文化の再復興につとめたのが、藤原定家である。釘貫氏が「鎌倉ルネサンス」と呼ぶ彼の活動は「定家仮名遣い」を産み、さらに写本のかたちで定着させていった...
収録日:2023/12/01
追加日:2024/04/12
釘貫亨
名古屋大学名誉教授
3

【世代論の罠!?】「Z世代」とキケロ『老年について』

【世代論の罠!?】「Z世代」とキケロ『老年について』

編集部ラジオ2024:4月10日(水)

4月になり、勤め先に新入社員が入ってきた、あるいは家族や親せきの子が新社会人になった、大学生になった…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
1990年代半ばから2010年代序盤に生まれた世代を「Z世代」と呼びま...
収録日:2024/04/02
追加日:2024/04/10
テンミニッツTV編集部
教養動画メディア
4

カトリック、正教会、イスラム教…宗教と民主主義

カトリック、正教会、イスラム教…宗教と民主主義

民主主義の本質(3)宗教と教会と民主主義

キリスト教圏において、神に与えられた権利を守るために必要とされた「法の支配」という原理。それは近代民主主義の礎となったが、同じキリスト教内でも、カトリックやプロテスタントといった宗派によって、その実践は異なって...
収録日:2024/02/05
追加日:2024/04/09
橋爪大三郎
社会学者
5

本居宣長が考えた「もののあはれ」と倫理の基礎

本居宣長が考えた「もののあはれ」と倫理の基礎

もののあはれと日本の道徳・倫理(1)もののあはれへの共感と倫理

『源氏物語』の本質は「もののあはれ」の一点に集約できると論じた18世紀の思想家・本居宣長。また、宣長はその「もののあはれ」こそが、日本人の道徳・倫理を基礎づけているとも指摘している。それはいったいどういうことなの...
収録日:2023/08/04
追加日:2024/01/18
板東洋介
東京大学大学院人文社会系研究科准教授