テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2024.03.04

車の「同乗者」がやってはいけないNG行為

 移動手段として、公共交通より自家用車を利用する人も多いのではないでしょうか。今回は、家族や友人などを乗せたり、ご自身が乗せて貰ったりというような機会をふまえ、車の「同乗者」に求められるマナー、やってはならない行為についてお伝えできればと思います。

同乗する際やってはいけない行為

・乱暴なドアの開け閉め

 まわりに注意せず力任せにドアを開けて、人や隣の車を傷つけてしまうようなケース。マナーとしては、勢いよく開けるのではなく、10cm程度開けて、周囲を確認してから静かに開けるようにしたいものです。

・不用意に運転手の注意をひく

 サイドの景色やスマホ画面など「みてみて」とか、「あっ!」とか不用意に運転手を煩わせないようにする必要があります。運転に支障をきたすような不用意な行為は慎みましょう。

・助手席への荷物の持ち込み

 大きなバッグを座りながら膝の上に抱えていると、サイドミラーが見づらくなったり、シフトレバーに干渉したりと、運転に支障をきたすことがあります。大きな荷物は後部シートやトランクに入れるようにしましょう

・助手席シートのリクライニング  

 走行中、シートのリクライニングを倒しすぎると、いざというときにシートベルトからすり抜けて前方に身体をぶつけてしまう可能性があります。休憩中にリクライニングを倒すことは問題ないですが、走行中は倒しすぎないように注意しましょう。

・車内での話題

 走行中、運転手へのダメだしはいうまでもなく、周囲の走行車の運転をけなしたり、負の感情を煽るような話題は慎みましょう。渋滞などで「おなかがすいた」とか「つかれた」とか思ったことをそのまま口にするのも気をつけたいところ。運転手の注意をそぐような、悩み相談など、頭を使う話題をふるのもやめましょう。同乗者は運転手が気持ちよく、安定した気分で運転できるような心がけが大切です。

同乗する際に心がけたいこと

・飲食物の持ち込み

 蓋のない飲み物や飛び散りやすいお菓子類、車内にこもったりしがちなニオイがきついモノのなどを持ち込む場合は配慮が必要です。突発的な急ブレーキなどで車内が大変なことになりかねません。持ち込む場合は、事前に運転手に確認するようにしましょう。

・服装や香水など

 ボディや内装を傷つけてしまう可能性のあるチャックなど金具、ピンヒール、アクセサリーなどを過剰につけることは避けましょう。本革シートはデリケートで、白いシートは洋服の色が色移りすることもあるようです。車は密室になるので、香水などもほどほどに。雨の日の傘や靴の泥など、車のオーナーに配慮するようにしましょう。

・高速代やガソリン代など

 長距離ドライブの場合、運転手の負担は疲労だけでなく、高速代やガソリン代に及びます。同乗の前にお礼もふくめて、事前に話をしておくことをオススメします。

 ご自身が運転をしていたり、人を乗せる機会が多かったりすると、車内のふるまいや乗り降りなど、気になる行為はしないものです。運転をしたことがなかったり、あまり誰かのクルマに乗せてもらうことがなかったという人は、無意識でしてしまいがちなNG行為があることをご理解くださいますように。
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
“社会人学習”できていますか? 『テンミニッツTV』 なら手軽に始められます。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

自由とは奴隷の思想ではないか…福田恆存の人間論とは

自由とは奴隷の思想ではないか…福田恆存の人間論とは

福田恒存とオルテガ、ロレンス~現代と幸福(6)福田恒存の人間論――演戯と自然

ロレンスの『黙示録論』を通じて、日本人の依拠すべき自然観を模索した福田恆存。その思考は、演戯と自然が日本人の宿命感をもたらすという独自の人間論に結実する。「醒めつつ踊り、踊りつつ醒める」という演戯とは何か、また...
収録日:2024/05/10
追加日:2024/07/21
浜崎洋介
文芸批評家
2

フィンランドで始まったオープンダイアローグの活用法とは

フィンランドで始まったオープンダイアローグの活用法とは

メンタルヘルスの現在地とこれから(6)職場で生かすオープンダイアローグ

フィンランドの西ラップランドで始まったオープンダイアローグは、近年、日本でも注目される精神医学上の手法である。統合失調症に対する治療的介入の手法として始まり、大きな成果を上げている。行われるのは普通の対話だが、...
収録日:2024/04/17
追加日:2024/07/20
斎藤環
精神科医
3

地政学を理解する上で大事な「3つの柱」とは

地政学を理解する上で大事な「3つの柱」とは

地政学入門 歴史と理論編(1)地政学とは何か

国際政治を地理の観点からひも解く「地政学」という学問。近年、耳にすることも多くなった分野だが、どのような手法や意義を持った学問であるかを学ぶ機会は少ない。その基礎から学ぶことのできる今回のシリーズ。まず第1話では...
収録日:2024/03/27
追加日:2024/04/30
小原雅博
東京大学名誉教授
4

インドが世界有数のIT産業の拠点へと発展した理由

インドが世界有数のIT産業の拠点へと発展した理由

躍進するインドIT産業の可能性と課題(1)下請けから世界の中心へ

近年、世界的にIT産業の発展は目覚ましいが、インドがその中で果たす役割は非常に大きい。そこでこのシリーズでは、インドのIT産業の発展に関して、その背景や今後の展開について詳しく解説する。第1話は、シリコンバレーの下請...
収録日:2020/04/07
追加日:2020/06/05
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

重要思考とは?「一瞬で大切なことを伝える技術」を学ぶ

重要思考とは?「一瞬で大切なことを伝える技術」を学ぶ

「重要思考」で考え、伝え、聴き、議論する(1)「重要思考」のエッセンス

「重要思考」で考え、伝え、聴き、そして会話・議論する――三谷宏治氏が著書『一瞬で大切なことを伝える技術』の中で提唱した「重要思考」は、大事な論理思考の一つである。近年、「ロジカルシンキング」の重要性が叫ばれるよう...
収録日:2023/10/06
追加日:2024/01/24
三谷宏治
KIT(金沢工業大学)虎ノ門大学院 教授