テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2021.08.28

車の「同乗者」がやってはいけないNG行為

 行楽シーズンに加え、このコロナ禍においては、公共交通よりは安心な自家用車を利用することが増えているのではないでしょうか。今回は、家族や友人などを乗せたり、ご自身が乗せて貰ったりというような機会をふまえ、車の「同乗者」に求められるマナー、やってはならない行為についてお伝えできればと思います。

同乗する際やってはいけない行為

・乱暴なドアの開け閉め

 まわりに注意せず力任せにドアを開けて、人や隣の車を傷つけてしまうようなケース。マナーとしては、勢いよく開けるのではなく、10cm程度開けて、周囲を確認してから静かに開けるようにしたいものです。

・不用意に運転手の注意をひく

 サイドの景色やスマホ画面など「みてみて」とか、「あっ!」とか不用意に運転手を煩わせないようにする必要があります。運転に支障をきたすような不用意な行為は慎みましょう。

・助手席への荷物の持ち込み

 大きなバッグを座りながら膝の上に抱えていると、サイドミラーが見づらくなったり、シフトレバーに干渉したりと、運転に支障をきたすことがあります。大きな荷物は後部シートやトランクに入れるようにしましょう

・助手席シートのリクライニング  

 走行中、シートのリクライニングを倒しすぎると、いざというときにシートベルトからすり抜けて前方に身体をぶつけてしまう可能性があります。休憩中にリクライニングを倒すことは問題ないですが、走行中は倒しすぎないように注意しましょう。

・車内での話題

 走行中、運転手へのダメだしはいうまでもなく、周囲の走行車の運転をけなしたり、負の感情を煽るような話題は慎みましょう。渋滞などで「おなかがすいた」とか「つかれた」とか思ったことをそのまま口にするのも気をつけたいところ。運転手の注意をそぐような、悩み相談など、頭を使う話題をふるのもやめましょう。同乗者は運転手が気持ちよく、安定した気分で運転できるような心がけが大切です。

同乗する際に心がけたいこと

・飲食物の持ち込み

 蓋のない飲み物や飛び散りやすいお菓子類、車内にこもったりしがちなニオイがきついモノのなどを持ち込む場合は配慮が必要です。突発的な急ブレーキなどで車内が大変なことになりかねません。持ち込む場合は、事前に運転手に確認するようにしましょう。

・服装や香水など

 ボディや内装を傷つけてしまう可能性のあるチャックなど金具、ピンヒール、アクセサリーなどを過剰につけることは避けましょう。本革シートはデリケートで、白いシートは洋服の色が色移りすることもあるようです。車は密室になるので、香水などもほどほどに。雨の日の傘や靴の泥など、車のオーナーに配慮するようにしましょう。

・高速代やガソリン代など

 長距離ドライブの場合、運転手の負担は疲労だけでなく、高速代やガソリン代に及びます。同乗の前にお礼もふくめて、事前に話をしておくことをオススメします。

 ご自身が運転をしていたり、人を乗せる機会が多かったりすると、車内のふるまいや乗り降りなど、気になる行為はしないものです。運転をしたことがなかったり、あまり誰かのクルマに乗せてもらうことがなかったという人は、無意識でしてしまいがちなNG行為があることをご理解くださいますように。

あわせて読みたい