テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2022.01.13

世界で最もダウンロードされた「アプリ」とは

 いま世界で一番人気のあるアプリはなんなのでしょうか。SNS系、メッセージ系、ゲーム系などなどジャンルで考えるだけでもさまざまなものが思い浮かびます。もちろん特定の地域だけでよく使われるアプリもあると思われますが、今回は世界全体でのダウンロード数をもとに見てみましょう。

世界ダウンロード数トップ10

 アメリカ、ボストンに本社のあるApptopiaは、2020年に世界でダウンロードされたアプリを発表しています。以下、ランキングトップ10です。右側の数字はダウンロード数。

1位 TikTok 8億5000万
2位 WhatsApp 6億
3位 Facebook 5億4000万
4位 Instagram 5億300万
5位 Zoom 4億7700万
6位 Messenger 4億400万
7位 Snapchat 2億8100万
8位 Telegram 2億5600万
9位 Google Meet 2億5400万
10位 Netflix 2億2300万

 1位はTikTok。中国のバイトダンス(Bytedance)が運営する動画投稿アプリです。ユーザーは全世界で10億人、アメリカ国内でも1億人以上いるとのこと。日本でも昨今人気のアプリとして時折話題にのぼります。TikTokといえば、トランプ大統領のもとで安全保障上問題のあるアプリとして配信が禁止されましたが、現在のバイデン大統領が撤回しています。最近では企業のPR媒体としても注目されているようです。

 2位WhatsApp、6位Messenger、8位Telegramはインスタントメッセージングアプリです。日本ではLINEが主流ですが、メッセージ系アプリの中で、世の中で最もダウンロードされているのはWhatsApp。さまざまな言語に対応しており、月間アクティブユーザー数は20億人ともいわれています。他にも多いのは、3位のFacebook、4位Instagram、7位SnapchatなどのSNS系アプリです。毎日何回も開くという人も多いかもしれません。ちなみに7位のSnapchatはInstagramに近い性質を持っていますが、投稿した画像や動画は10秒以内に消去される仕組みになっている点が特徴のようです。

 5位のZoomと9位のGoogle Meetはオンライン会議やオンライン授業などで使われるアプリ。コロナ禍におけるオンライン化によって急速に需要が高まったことが背景にあると思われます。10位に食い込んだNetflixは言わずとしれた有料の動画配信アプリ。コミュニケーション系以外のアプリとしては唯一トップ10にランクインしています。

売上で見るトップ5

 アプリを売上の側面から見てみましょう。以下がトップ5。右の数字は売上額です。

1位 TikTok 5億4000万ドル
2位 Tinder 5億1300万ドル
3位 YouTube 4億7800万ドル
4位 Disney+ 3億1400万ドル
5位 Tencent Video 3億ドル

 1位はダウンロード数と同じく中国のTikTok。2位はアメリカ発のマッチングアプリTinder、3位はアメリカの動画配信アプリYoutubeとなりました。Tinderについては公式サイトによると現在では毎日2600万以上のマッチが生み出されているとのこと。4位はディズニーの動画配信アプリDisney+。ディズニーが行っている配信サービスなので他のサービスにはないディズニーの人気作が盛り沢山です。5位は中国の動画配信アプリTencent Videoがランクインしています。

 ちなみに6位には漫画配信アプリPiccoma(2億8900万ドル)、7位には同じく漫画配信アプリLINE Manga(2億8800万ドル)がランクイン。8位にはLINE(2億4900万ドル)がランクインしています。このあたりのアプリは主に日本を中心として展開をしているもののようです。

<参考サイト>
2020年「世界のアプリDLランキング」、1位TikTokは8億5000万件|Forbes
https://forbesjapan.com/articles/detail/39170
2020年世界アプリダウンロード数ランキングでtiktokが1位に|VALUE AGENT
https://valueagent.co.jp/blog/18801
【WhatsApp】アプリの基本的な使い方や機能をご紹介します!|APPTOPI
https://apptopi.jp/2021/02/08/whatsapp-app/
【2021年版】Snapchatとは?スナップチャットの楽しみ方や利用する際の注意点を解説|NURO Mobile
https://mobile.nuro.jp/mvnolab/articles/202112_1356/

~最後までコラムを読んでくれた方へ~
自分を豊かにする“教養の自己投資”始めてみませんか?
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制と2012年体制(1)質的な違いと野党がなすべきこと

戦後の日本の自民党一党支配体制は、現在の安倍政権における自民党一党支配と比べて、何がどのように違うのか。「55年体制」と「2012年体制」の違いと、民主党をはじめ現在の野党がなすべきことについて、ジェラルド・カ...
収録日:2014/11/18
追加日:2014/12/09
2

5Gはなぜワールドワイドで推進されていったのか

5Gはなぜワールドワイドで推進されていったのか

5Gとローカル5G(1)5G推進の背景

第5世代移動通信システムである5Gが、日本でもいよいよ導入される。世界中で5Gが導入されている背景には、2020年代に訪れるというデータ容量の爆発的な増大に伴う、移動通信システムの刷新がある。5Gにより、高精細動画のような...
収録日:2019/11/20
追加日:2019/12/01
中尾彰宏
東京大学 大学院工学系研究科 教授
3

マスコミは本来、与野党機能を果たすべき

マスコミは本来、与野党機能を果たすべき

マスコミと政治の距離~マスコミの使命と課題を考える

政治学者・曽根泰教氏が、マスコミと政治の距離を中心に、マスコミの使命と課題について論じる。日本の新聞は各社それぞれの立場をとっており、その報道の基本姿勢は「客観報道」である。公的異議申し立てを前提とする中立的報...
収録日:2015/05/25
追加日:2015/06/29
曽根泰教
慶應義塾大学名誉教授
4

BREXITのEU首脳会議での膠着

BREXITのEU首脳会議での膠着

BREXITの経緯と課題(6)EU首脳会議における膠着

2018年10月に行われたEU首脳会議について解説する。北アイルランドの国境問題をめぐって、解決案をイギリスが見つけられなければ、北アイルランドのみ関税同盟に残す案が浮上するも、メイ首相や強硬離脱派はこれに反発している...
収録日:2018/12/04
追加日:2019/03/16
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

健康経営とは何か?取り組み方とメリット

健康経営とは何か?取り組み方とメリット

健康経営とは何か~その取り組みと期待される役割~

近年、企業における健康経営®の重要性が高まっている。少子高齢化による労働人口の減少が見込まれる中、労働力の確保と、生産性の向上は企業にとって最重要事項である。政府主導で進められている健康経営とは何か。それが提唱さ...
収録日:2021/07/29
追加日:2021/09/21
阿久津聡
一橋大学大学院経営管理研究科国際企業戦略専攻教授