テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2022.01.30

世界の10大リスク…今年は何?去年は当たった?

 米国の調査会社ユーラシア・グループが毎年世界の10大リスクというレポートを発表しているのですが、2022年のリスクはどんなものがあるのでしょうか?2020、2021年とコロナ禍に見舞われた世界ですが、2022年はそのリスクをどう考えれば良いでしょうか。

「中国によるゼロコロナ政策の失敗」が最大のリスク

 早速答えのような形になってしまいますが、1位に挙げているのは中国によるゼロコロナ政策の失敗、です。変異株が現れるたびに感染の波が世界中で上下している中、比較的感染者数を抑えられているように見える中国。ただしこのレポートでは、オミクロン株の感染が広がった際に、中国がこれまで成果を上げてきたロックダウンでは抑えることができず、国産のワクチンの効果も限定的になるだろうと予想しています。また、中国に限らずワクチンの接種状況も国家間格差があり、低所得国では接種率が非常に低く、先進国のブースター接種需要により低所得国へのワクチン供給が遅れるというリスクについても触れています。残念ながらまだまだコロナのリスクを抱える年になってしまいそうです。

 2位のリスクは巨大テクノロジー企業の影響が強まる世界、です。人々が何を見て、何を聞くのか、すべてを決定するような、そして経済的・社会的な機会の与奪権を握るようなアルゴリズムを作っていると主張しており、そこに政府が介入できる余地はほんの少ししかないでしょう。どこまで規制をかけるか、裏を返せば巨大テクノロジー企業がどれだけ世間を支配するかは国によってレベル感が異なってくるわけですが、AIの倫理的な利用やサイバーセキュリティなど各国が容易に団結できないこともたくさんあります。そうした問題により米中の緊張がさらに高まってくる可能性もあるでしょう。

 3位は米国の中間選挙、です。今年の中間選挙は共和党の勝利が固いという前評判で、どんな結果になるにせよ中間選挙が不正に行われたものだと主張する米国人は後を絶たないことでしょう。広がり続ける分断のスピードに拍車をかけ、今回の中間選挙の結果次第では2024年の大統領選でドナルド・トランプ氏が返り咲くというシナリオも現実味を帯びてきます。国内の分断が進むことで、他国に隙を与える機会が増えてくると見ることもできそうです。

 4位以下は「中国の国内回帰」、「ロシア」、「イラン」、「環境対策は二歩前進、一歩後退」、「力の空白地帯」、「文化戦争に敗れる企業」、「トルコ」です。また、『リスクもどき』として「第二の冷戦」などのキーワードも挙げられていますが、米中両国の経済は全体としては統合化に向かっており、ソ連のような崩壊に向かっているわけではないと米中それぞれが認識している、と指摘しています。

2021年の10大リスクを振り返ると

 さて、この予想は当たるのか、当たらないのか。予言者でもなければ未来はわからないわけですが、昨年の予想がどうだったのか、答え合わせをしてみましょう。ユーラシア・グループが2021年初に予想していた10大リスクを1位から一気に見ていきましょう。

「46* (注釈付き第46代アメリカ大統領)」、「コロナ後遺症」、「気候問題:ネットゼロとGゼロの交差」、「米中の緊張は拡大する」、「グローバルデータの因果応報」、「サイバースペースの転換点」、「孤立無援のトルコ」、「中東:原油価格の低迷が打撃をもたらす」、「メルケル後の欧州」、「混迷が続く中南米」

「46* (注釈付き第46代アメリカ大統領)」とはバイデン大統領のこと。選挙が不正と考える米国民が多くいる中での、あくまで「注釈付きの」大統領に過ぎない、という意味です。それにより米国の迷走も続く、という見立てですが、2022年の中間選挙で共和党の勝利が予想されていることを鑑みても、2021年のこの見立ては少なくとも外れてはいないと言えそうですね。

 2位の「コロナ後遺症」はどのタイミングで振り返るかによって成否が異なるのですが、2022年になった今でもまだ収まっていないところから考えると、コロナの影響は残り続けた年だったという意味でこれも当たっていると言えそうです。その他3位以下も明確に外れていると言えるものはなく、そう見ると2022年の10大リスクもそれなりに信じるに値すると言えるのではないでしょうか。

<参考サイト>
・「2022年10大リスク:最も重要な地政学リスク・トップテン」
https://www.eurasiagroup.net/siteFiles/Media/files/EurasiaGroup_TopRisks2022_Japanese.pdf
・「2021年10大リスク:最も重要な地政学リスク・トップテン」
https://www.eurasiagroup.net/siteFiles/Services/Top_Risks_2021.pdf
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
物知りもいいけど知的な教養人も“あり”だと思います。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

2024年問題は2024年で終わらない…物流業界の厳しい現実

2024年問題は2024年で終わらない…物流業界の厳しい現実

物流「2024年問題」~その実態と打開策~(1)「2024年問題」とは何か

トラックドライバーの労働時間制限によって引き起こされる物流「2024年問題」。トラック業界に訪れる働き方改革は、5年間の猶予措置を経て、さまざまな問題を噴出させる。中でも注目すべきは、時間外労働の上限規制と改善基準告...
収録日:2024/04/30
追加日:2024/06/18
首藤若菜
立教大学経済学部教授
2

OpenAI創業者サム・アルトマンとはいかなる人物なのか

OpenAI創業者サム・アルトマンとはいかなる人物なのか

サム・アルトマンの成功哲学とOpenAI秘話(1)ChatGPT生みの親の半生

ChatGPTを生みだしたOpenAI創業者のサム・アルトマン。AIの進化・発展によって急速に変化している世界の情報環境だが、今その中心にいる人物といっていいだろう。今回のシリーズでは、サム・アルトマンの才能や彼をとりまくアメ...
収録日:2024/03/13
追加日:2024/04/19
桑原晃弥
経済・経営ジャーナリスト
3

なぜ「心の病」が増えている?メンタルヘルスの実態に迫る

なぜ「心の病」が増えている?メンタルヘルスの実態に迫る

メンタルヘルスの現在地とこれから(1)「心を病む」とはどういうことか

組織のリーダーにとって、メンバーのメンタルヘルスは今や最重要課題になっている。組織として目標達成が大事であることは間違いないが、同時に一人ひとりの個性を見極め、適材適所で割り振っていく「合理的配慮」も求められて...
収録日:2024/04/17
追加日:2024/06/15
斎藤環
精神科医
4

「三種の神器」ブームの後に来た最大の危機…その予兆とは

「三種の神器」ブームの後に来た最大の危機…その予兆とは

松下幸之助の危機克服~熱海会談の真実(2)最大の危機と予兆

佐久間氏は自身の苦境を乗り越えるにあたり、松下幸之助の「最大の危機」を参考にしたという。それは1964年7月、松下関係者と販売会社・代理店のトップ200名を集めて行われた「熱海会談」である。(2023年12月1日開催日本ビジネ...
収録日:2023/12/01
追加日:2024/06/17
佐久間曻二
元松下電器産業副社長
5

直観型と熟慮型…2つの思考回路を使い分ける人間の特徴

直観型と熟慮型…2つの思考回路を使い分ける人間の特徴

行動経済学とマーケティング(2)行動経済学を構成する「3つの分野」

行動経済学は、3つの分野で構成されている。「現象の描写」「メカニズムの説明と理論」「実社会への適用」の3つだが、それぞれどのようなものなのか。詳しく解説し、従来の経済学との違いを明確にしていく。(全6話中第2話)
収録日:2024/04/08
追加日:2024/06/13
阿部誠
東京大学 大学院経済学研究科・経済学部 教授