テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
DATE/ 2022.10.20

「写真写り」が悪い人の特徴と対策

 自分が写った写真を見て、その写真写りの悪さにがっかりした経験がある人は多くいると思います。かと思えば、実物よりも毎回きれいに写る写真映えのする人もいますよね。スマホのカメラ性能の向上で写真を撮る/撮られる機会も増え、SNSなどにアップされることも多くなった今、どうしたら写真写りの悪さを改善できるかを知っておきたいところです。

写真写りが悪くなりがちな人の特徴とは

 「なぜ自分はこんなに写真写りが悪いのだろう」と思っている方は、以下のようなNGポイントに自分も当てはまっていないか、まずはチェックしてみましょう。

・緊張して自然な笑顔が作れない
 写真を撮られる時につい緊張してしまうと、顔が強張って無表情になったり、目が笑っていない作り笑顔になったり、怖く暗い印象となってしまいます。

・端っこに控えめに写ってしまう
 集合写真などを撮る時に端っこや後ろの方に位置どりをする控えめな方は要注意。画角の端に写ると、顔が変形したり太って見える原因に。

・真正面から写真を撮っている
 ポーズを取るのも恥ずかしいため普通に真正面をカメラに向けてしまうと、のっぺりした印象や、真面目すぎてつまらない写真になりがちです。

・目を見開きレンズを凝視している
 目線をしっかりカメラに送ろうとレンズを凝視すると、目付きが険しくきつい印象に写りやすくなります。カメラ目線を意識し過ぎるのはNGです。

・顎を引き過ぎる癖や、猫背の姿勢
 猫背で前屈み気味だったり、顎を必要以上に引きすぎると、二重顎になったり老けて太った根暗なビジュアルに見えてしまいます。

・自分の顔の特徴を知らない
 自分の顔の左右どちらが写真写りがいいか、どこまで顎を引くと二重顎になるか、口はどのくらい開くと歯が見えるのか、など自分の顔や表情管理に無頓着。

写真映えするために改善したいポイントとは

 写真写りの悪さにも種類があります。それぞれお悩みに合わせて改善策を知っておきましょう。現役のカメラマン2名にもアドバイスをいただき、写真写りが良くなるポイントをご紹介します。

【太って見える】
・カメラに向かって身体も顔も少し斜めを意識する。
・集合写真の時は端は避け、なるべく中央のポジションを取る。
・肩の力を抜き首を長く見せることでスッキリ写る。
・二の腕が太い人は腕を体に添えずに、離す。

【老けて見える】
・顔に陰ができるので、照明や太陽光の真下で写らない。
・顎を上げるのではなく前に出すイメージで輪郭をクッキリ見せる。
・口角を上げ、頬のたるみを目立たせない

【怖く硬く見える】
・レンズの奥を見通すような、距離の長い視線を意識。
・写真を撮る前に、身体と目元や口元も軽く動かしリラックス。
・楽しいことや好きなことを思い出して柔らかい笑顔を出す。
・髪の毛が顔にかかり暗くなり過ぎないようにヘアセットする。

【顔色が悪く見える】
・写真を撮ると分かっている日は白や彩度の高い服を選ぶ。
・女性なら首や顔周りに華やかなアクセサリーや口紅をプラス。
・できるだけ夜間ではなく、自然光のある時間や場所で撮影する。

 最後に、カメラマン2人に「写真写りの良い人ってどんな人ですか?」と伺ってみたところ、このようなヒントがいただけました。
 
 「撮影中も良く話すタイプの人はリラックスするのが上手い。身体も表情も硬くならず動きがあるので、良い写真が撮れます。」(カメラマン歴35年・男性)

 「写真を撮られるのを楽しんでいる人。写真写りが悪いからと写真に苦手意識があると、美しい表情は出てこないと思います。」(カメラマン歴24年・女性)

 写真写りを改善するための使えるポイントやテクニックはもちろん覚えておいて損はありませんが、かっこよくキレイに写ろう、研究したキメ顔をしよう、そんな意識が強すぎると逆にあざとく不自然な写真になってしまうこともあるのでは。撮影時には楽しい気持ちを思い出したり考えたりしてリラックスすること、日頃から苦手意識を持たずに写真慣れしておくことが大きいのかもしれませんね。

あわせて読みたい