テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
DATE/ 2022.11.03

40代男性がやると「痛い」ファッションは?

 もう若くはないけれど、オジサンと認めるにはまだ早い。見た目や体型が変化する微妙なお年頃でもある40代男性は、何を着たらいいのかと日頃の服選びに悩むことも多いのでは?ひとつ間違えると、女性から「痛い」と思われてしまうファッションになっていることもあります。年齢にふさわしい着こなしをするためには、どんなポイントに気をつければいいのでしょうか。

「これはやめて」女性に聞く40男の痛い着こなし

・ダーティーなダメージジーンズ
 デニムを愛用している40代男性も多いと思いますが、かっこよく履きこなすのは意外と難しいもの。こなれ感を出したくて、ダメージの入ったジーンズや、ウォッシュしまくったデニムを履いている男性もいますが、女性からは40代になったら痛いのでやめてほしいとの声が。小綺麗なデニムファッションにシフトするべきかもしれません。

・ダボダボ&ピチピチ
 緩んだ体型を隠そうとオーバーサイズの服を選ぶと、だらしなくオジサン臭さが増してしまう場合も。かと言って40代で細過ぎるスキニーパンツやピチピチのTシャツを着ると「無理してる」「いやらしくなる」と女性から痛い目で見られることも。ジャストサイズを目安にしたいですね。

・更新されない若い時から好きなファッション
 B-BOY風、パンク風、バイカーファッション、軍物、好きなブランドのキャラクターロゴ物など、若い頃から好きなファッションテイストを40代になっても続けていると「痛い」ファッションとなってしまうことも。若い頃とは見た目もスタイルも変わっていますし「若作り」に見えてしまうこともあるので、今の自分に似合っているのか再確認を。

・目立つほどのビビッドカラー
 「彼氏に赤いトレーナーを着てこられて辛かった」「色んなカラーの入った派手なチェックパンツとかボーダーポロシャツとか、ゴルフ場みたいで痛い」「夫は顔がオッサンなのに真っ黄色のダッフルコートを買ってきて、痛いし恥ずかしい」など、ビビッドな色を差し色的に取り入れるのはオシャレですが、面積多めに派手カラーを着ると「痛い」と思われることがほとんど。

・夏のオフ以外のショートパンツ、半端丈ボトム
 女性でも40代になると生足でミニスカートは痛いと思われやすいように、男性も太ももが半分見えるような短パンや、脛の途中あたりの微妙な丈感のパンツは避けたいところ。「足を出すのは海や川のアウトドアの時だけにして」と思っている女性が多くいます。

・セクシー系、勘違いチョイ悪系
 大人の男の色気を醸し出そうと、シャツのボタンをいくつも開けた着こなし、深過ぎるVネック、チェーンアクセサリーの多用など、悪そうなファッションも「痛い」ことになりがちです。筋肉自慢のためのタイトなシャツなども「ナルシストオジサン感が辛い」と女性から痛いの声が。

 女性から見て痛い40代男性のファッションには、「若作り」「汚くだらしない」「派手」「TPO無視」「自己主張や個性が強過ぎる」などの共通点があります。おしゃれをしたい、ファッションで自分を表現したい、そんな気持ちが空回りして「痛い」ファッションになっているケースも多いようです。

痛くならないためのファッションポイントは?

 40代男性のファッションが痛くならないためには、悪目立ちをしないことと、年齢や体型にふさわしい着こなしを意識することが大切です。そのためには、以下のようなファッションやアイテム選びを心がけてみましょう。

・サイズを見直し、必ず試着をする
 おしゃれな人はサイズ選びにこだわっているもの。着心地とシルエットのどちらも納得できる服を選ぶためには、必ず数サイズ試着をしてから購入するようにしましょう。

・派手カラーは小物等で取り入れる
 どうしても鮮やかな色を取り入れたいのなら、マフラー、時計、スニーカー、リュックなど、小物アイテムで個性を出すのがおすすめ。大人の遊び心と余裕は、何気ない色使いで表現しましょう。

・清潔感を重視する
 こざっぱり、小綺麗、そんな印象を持たれる着こなしが40代男性には必要です。肌もくすむ40代では、顔色が綺麗に見える色や、化学繊維より清潔感を感じる自然素材等で老けた印象を飛ばしましょう。

・大人として質にこだわる
 安っぽい服は幼く見えたり、反対に老け見えする原因にも。くたびれたTシャツやワイシャツは定期的に買い替える、ニットやコートはウール100%やカシミア素材を取り入れるなど、状態と品質の良い物を着ることを心がけましょう。

・流行を意識し過ぎずベーシック&シンプルに
 クセが強いファッションは「痛い」の原因に。無理して若者の流行に乗るよりも、ベーシックでシンプルなファッションを。トレンドを取り入れたいのなら、小物やカラー程度で控えめくらいがちょうどいいオシャレ度です。

 痛いファッションをしてしまう40代男性には、変化してきている今の自分の容姿や体型への意識が少し足りていないのかもしれません。まずは今の自分を知るつもりで、無理なく似合うファッションやスタイルを探してみてください。

あわせて読みたい