テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2023.04.22

「世界のワースト料理100」日本料理もランクイン

 世界の食文化をまとめているインターネットサイト『テイスト・アトラス』では、毎年「テイスト・アトラス賞」を発表しています。2022年版のランキングでは「世界で最も料理がおいしい国」部門で、日本が95か国中4位にランクイン。「世界で最もおいしい料理」部門では日本のカレーが1位になりました。

 こちらのサイトでは、「おいしい国」や「おいしい料理」が発表されている一方で、「Worst Rated DISHES in the World」──つまり「世界で最も評価の低い料理」もまとめられています。じつはこのランキングにも日本発の食べものが入っているのです。みなさん、ランクインした食べものが何だか予想がつきますか?

 日本独特の食べものである納豆? 臭いがキツいクサヤ? それとも海外の方には衝撃的な酸っぱさをほこる梅干しでしょうか?

 意外なことに、どの食べものもランクインしていません。それでは「世界で最も評価の低い料理」(2023年4月1日時点)にランクインした日本の食べものをご紹介していきましょう。

洋食かと思いきやじつは日本食の「ナポリタン」

 現在のランキングには、2つの日本の食べものがランクインしています。

 まず55位には、日本の純喫茶やファミレスなどでもお馴染みの「ナポリタン」が選ばれています。名前にイタリアの都市「ナポリ」がついているので、イタリア料理と思っている方も多いかもしれませんが、じつは日本発祥の料理です。昭和20年代に、横浜のホテルニューグランドで考案されたことが、その歴史のはじまりとされています。

 当時、横浜には進駐軍として来日していた多くのアメリカ兵がいました。ホテルの総料理長だった入江茂忠氏は、兵士の一人がパスタとケチャップを混ぜて食べているのを見て、ナポリタンを思いついたとされています。以来、ナポリタンのレシピは全国に広まり、多くの日本人に愛される料理となったのです。

 しかし、今回はワースト料理としてランクインしています。『テイスト・アトラス』の紹介ページによると、「嫌い」と投票した人はいない反面、好きでも嫌いでもない、「無関心」という人が5割以上。逆に「好き」という人は3割ほどでした。西洋の基準からすると、ナポリタンのパスタは少々茹ですぎのようで、海外のパスタを食べ慣れた人からすると、すこしべちゃっとしているようです。けれど、それもナポリタンには欠かせないポイントです。

日本の伝統的なお菓子が意外なランクイン

 そして、59位にランクインしたのは、穀物を加工したお菓子である「おこし」です。こちらの歴史は、ナポリタンの歴史よりもずっと古いものになります。一説によると、その起源は平安時代にまでさかのぼり、中国から伝来したお菓子の製法がもとになっているのだとか。江戸時代には庶民の間にも広まり、以降現代に至るまで多くの人に親しまれています。

 有名なものでは、浅草の「雷おこし」、大阪の「岩おこし」があげられます。インバウンドで多くの観光客が海外からやって来る都市の名物でもあり、自然と観光客の口に運ばれた回数も多かったのかもしれません。

 こちらは「嫌い」という人と、「好き」という人がそれぞれ1割、「無感心」が9割弱ほどという内容でした。長く愛されている素朴な味な分、「日本のお土産」「日本のお菓子」という特別感には一歩届かなかったのかもしれませんね。

世界ワースト料理のトップ10の内容は?

 では、ここでランキング上位10位の食べものを見て行きましょう。

1位 Hákarl(アイスランド)
⇒サメ肉を発酵させ乾燥させた食べもの
2位 Spaghetti Pie(アメリカ)
⇒コロラド州の象徴的なパイでパスタが使われている
3位 Fried Spider(カンボジア)
⇒タランチュラなどのクモをフライにしたもの
4位 Luther Burger(アメリカ)
⇒バンズの代わりにドーナツを使ったハンバーガー
5位 Indigirka Salad(ロシア)
⇒サハ共和国発祥の魚のサラダ
6位 Devilled Kidneys(イギリス)
⇒スパイスソースで調理された子羊の腎臓
7位 Sklandrausis(ラトビア)
⇒ラトビアの伝統料理でライ麦を使った甘いパイ
8位 Pizza Cake(カナダ)
⇒2010年代頃から新しく広まった鍋などを使い焼いた多層のピザ
9位 Tortilla de raya(ペルー)
⇒エイの干物を使ったオムレツ
10位 Riz Casimir(スイス)
⇒スイス発祥のカレーライスで果物が入っているのが特徴

 世界中のさまざまな国の食べものがランクインしています。わたしたちにも想像がつきやすいスパゲッティーのパイなどの料理もあれば、クモのフライといった驚きの料理もあります。

 それぞれのページに料理の詳細や、その歴史、レシピの特徴が紹介されていますので、気になる方はぜひ『テイスト・アトラス』のページへ足を運んでみてください。

食べものから理解するそれぞれの国の文化と歴史

 食文化はそれぞれの国や地域に根付いた大切な文化です。意外な食材が使われていたり、変わった加工過程があったり、誕生の背景にはさまざまな歴史があります。それを口にして「好き」「嫌い」を感じることも、その国の文化をより深く理解するためには大切なことかもしれませんね。

 コロナ禍が始まってから早3年。少しずつ海外旅行のハードルも下がって来ました。行ってみたい国や、旅行予定の国の美味しいもの、クセの強い伝統料理、庶民が親しむお菓子を調べ、実際に口に運んでみる機会を設けてみてはいかがでしょうか。

<参考サイト>
・テイスト・アトラス
https://www.tasteatlas.com/
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
物知りもいいけど知的な教養人も“あり”だと思います。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

世界の紛争…アメリカの空母機動部隊は3正面で戦えるのか

世界の紛争…アメリカの空母機動部隊は3正面で戦えるのか

「同盟の真髄」と日米関係の行方(1)日本を占う3つの選挙と軍事作戦

2024年は日本にとって重要な選挙が3つある。それは1月に行われた台湾総統選、4月の韓国総選挙、そして11月のアメリカ大統領選である。これらの選挙結果は、ロシア・ウクライナの戦争や、ガザ地区での紛争が収束の気配を見せない...
収録日:2024/04/23
追加日:2024/06/12
杉山晋輔
元日本国駐アメリカ合衆国特命全権大使
2

松下幸之助は聞き上手ではなく言わせ上手…素直な心で即断

松下幸之助は聞き上手ではなく言わせ上手…素直な心で即断

松下幸之助の危機克服~熱海会談の真実(1)最初の出会いでの衝撃

「私は松下幸之助に惚れました。この人についていこうと思いました」――こう語るのは、28歳から25年間、幸之助の薫陶を受けた佐久間氏。かつて松下電器産業副社長を務めた氏が幸之助から学んだこととは何だろう。最初の出会いで...
収録日:2023/12/01
追加日:2024/06/10
佐久間曻二
元松下電器産業副社長
3

「トゥキディデスの罠」の教訓、大事なのは4つの戦争回避

「トゥキディデスの罠」の教訓、大事なのは4つの戦争回避

地政学入門 歴史と理論編(7)戦争を起こさないための地政学

国際社会において戦争を起こさないためには、これまでの歴史を踏まえて地政学的に世界情勢を分析することである。第1次・第2次世界大戦から冷戦期における分析からはじめ、古代ギリシャから現代まで引き継がれる「トゥキディデ...
収録日:2024/03/27
追加日:2024/06/11
小原雅博
東京大学名誉教授
4

躍進する「グローバル・サウス」77カ国が世界に与える影響

躍進する「グローバル・サウス」77カ国が世界に与える影響

グローバル・サウスは世界をどう変えるか(1)グローバル・サウスの影響力

世界の政治・経済をリードしてきたG7を中心とする先進諸国の影響力は徐々に薄れつつある。それに対して、BRICSを筆頭にして「グローバル・サウス」と呼ばれる新興国・途上国の台頭が目覚ましい。現在、国連によるとグローバル・...
収録日:2024/02/14
追加日:2024/04/03
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

歴史における「運」とは?ソクラテスの「運」から考える

歴史における「運」とは?ソクラテスの「運」から考える

運と歴史~人は運で決まるか(1)ソクラテスが見舞われた「運」

歴史における「運」とはどういうものだろうか。例えば、富裕と貧困という問題について、「運」で決まるのか、あるいは「運」とは異なる努力、教養、道徳などの要素で決まるのかという点でも、思想家たちの考え方は分かれる。第1...
収録日:2024/03/06
追加日:2024/04/18
山内昌之
東京大学名誉教授