テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2023.06.25

高速道路で適度な車間距離を保つ方法

 車間距離不足は追突事故につながります。警察庁が発表している累計別の交通事故発生件数での構成比を見ると、令和2年(2020年)における交通事故で最も多いのは「追突事故(30.9%)」です。ついで「出会い頭衝突(25.7%)」、「右・左折時衝突(13.4%)」となっています。資料では平成22年(2010年)から記載がありますが、いずれの年もおおよそ同じような割合となっています。車間距離不足が大きな問題であることがわかります。一方で、詰め過ぎるのは怖いからとあまりに距離をとってしまえば、割り込みにあったり、渋滞につながったりすることもあります。適切な車間距離とはどのくらいなのでしょうか。

80km/hの停止距離は76m

 道路交通法第26条第1項には「車両等は、同一の進路を進行している他の車両等の直後を進行するときは、その直前の車両等が急に停止したときにおいてもこれに追突するのを避けることができるため必要な距離を、これから保たなければならない」との記載があります。ここでの「追突するのを避けることができるために必要な距離」とはいわゆる「停止距離」です。

 「停止距離」は「空走距離」と「制動距離」を足した距離のことです。運転者が危険を感じてからブレーキを踏んで実際にブレーキが利き始めるまでには意外と時間が掛かっています。このときに進む距離が「空走距離」です。またここから実際に車が止まるまでの距離が「制動距離」となります。もし80km/hで走行していた場合、「空走距離」は22m程度、「制動距離」は54m程度なので、これを合わせた「停止距離」は76mとなります。

 つまり、前の車から76m以上の距離をとって走行していなければ衝突します。「停止距離」はスピードが速ければ速いほどは伸びます。90km/hで走行していた場合の「空走距離」は25m、「制動距離」は68mで「停止距離」は93m。100km/hで走行していた場合は、「空走距離」は28m、「制動距離」は84mとなり「停止距離」は112mです。思っていたよりも車間距離は広いと感じる人は多いかもしれません。さらに、雨の日やタイヤがすり減っていたりした場合、約1.5倍から2倍程度長くなります。

車間距離を掴む方法

 とは言え、100m近くの距離になると、前の車を見てパッと感覚的に把握するのはなかなか難しいかもしれません。このときにはいくつか距離を測る方法があります。一つは、高速道路上に設置されている車間距離確認表示板です。高速道路の脇には「0m確認基点」「40m」「50m」「80m」「100m」などといった緑と白の標識が立っているところがあります。これをもとにもし自身が100km/hで走っていたとしたら、晴れた日であれば、自分が「0m確認基点」に来た時、おおよそ100m先に前の車がいる状況を意識すると適切な車間距離が取れていることになります。

 近くに車間距離確認表示板などがないときには、「0102(ぜろいちぜろに)運動」が役に立つかもしれません。やり方としては、まず前の車がある目安となる地点を通過したタイミングで、ゆっくりとカウントを開始します。ここから「ゼロ、イチ、ゼロ、ニ」と言葉を発し、ちょうど「ニ」のときに自分の車が初めに定めた地点を通過していれば、OKとするものです。もともと埼玉県警が提唱しているものですが、もとにあるのは「車間時間」が「2秒」以内だった場合の事故は死亡事故等、重大な事故につながるリスクが高いという統計です。

 またこれとは別にJAFでは高速道路では特に、「ゼロイチ、ゼロニ、ゼロサン」と「3秒」経過後にその地点にいる距離が適切とするものもあります。この根拠としては、100km/hの場合「車間時間」3秒以上の場合、走行距離は83.3m以上になっている、ということが根拠です。ともあれ、走行中に普通に数えると早くなってしまうので、どちらの場合でも「ゼロ」カウントを挟むことがコツです。雨の日やタイヤが摩耗しているときには、この約1.5倍から2倍の距離が必要である点は忘れずに。

高速での車間距離不保持違反はより罪が重い

 適切な車間距離をとっていなければ罰則があります。一般道の場合、車間距離不保持となった場合、大型車は7,000円、普通車・二輪車は6,000円、原付は5,000円。違反点数はどれも1点です。一方、高速道路の場合は大型車12,000円、普通車9,000円、二輪車7,000円となります。さらに違反点数はどれも2点と、一般道に比べてより罰則が重くなります。

 さらに、もしあおり運転とみなされた場合、より罪の重い「妨害運転罪」となります。この場合「3年以下の懲役または50万円以下の罰金」です。さらに違反点数は25点。つまり運転免許は取り消しとなる上、その後2年間は免許を再取得できません。車間距離を取らないことのリスクは、かなり大きいといっていいでしょう。

<参考サイト>
第1編 陸上交通 第1部 道路交通 第1章 道路交通事故の動向|内閣府
https://www8.cao.go.jp/koutu/taisaku/r03kou_haku/zenbun/genkyo/h1/h1b1s1.html
[Q] 走行中の適切な車間距離は?│JAF
https://jaf.or.jp/common/kuruma-qa/category-drive/subcategory-technique/faq138
詰めすぎると「あおり」に!? 高速道路での車間距離はこう測る!│JAF Mate
https://jafmate.jp/safety/drivelesson_20221211.html

制動距離と空走距離とは。停止距離の計算方法|ZURICH
https://www.zurich.co.jp/car/useful/guide/cc-whatis-braking-distance/
雨の日は車のブレーキが効かない?雨と晴れでの制動距離の違いについて|グーネットマガジン
https://www.goo-net.com/magazine/knowhow/carlife/47113/
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
自分を豊かにする“教養の自己投資”始めてみませんか?
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

地政学を理解する上で大事な「3つの柱」とは

地政学を理解する上で大事な「3つの柱」とは

地政学入門 歴史と理論編(1)地政学とは何か

国際政治を地理の観点からひも解く「地政学」という学問。近年、耳にすることも多くなった分野だが、どのような手法や意義を持った学問であるかを学ぶ機会は少ない。その基礎から学ぶことのできる今回のシリーズ。まず第1話では...
収録日:2024/03/27
追加日:2024/04/30
小原雅博
東京大学名誉教授
2

山上憶良が「沈痾自哀文」の中で語った人間の価値とは

山上憶良が「沈痾自哀文」の中で語った人間の価値とは

山上憶良「沈痾自哀文」と東洋的死生観(2)救済思想と人間の価値

「人の善悪は報われるのか」という山上憶良の問いは、古くは4世紀の中国仏教界を揺るがしたものであり、新しくはミュージカル『キャッツ』にみられる救済思想とも重なっている。ここで難しいのは因果応報思想との関係で、人間の...
収録日:2024/04/02
追加日:2024/07/19
上野誠
國學院大學文学部日本文学科 教授(特別専任)
3

失敗する日本のやり方…『孫子』に学ぶ華僑との違い

失敗する日本のやり方…『孫子』に学ぶ華僑との違い

『孫子』を読む:九變篇(1)主導権を握るために

変化が激しいと敵の実態をつかめない。実態がよく分からないことほど恐怖に思うことはない。つまり、戦略として実態を明らかにしないことが非常に重要なのである。今回から3回にわたって学んでいく『孫子』の「九變」とは大いな...
収録日:2020/07/07
追加日:2024/07/18
田口佳史
東洋思想研究家
4

常識を初めて知った!?生成AIの大規模言語モデルとは

常識を初めて知った!?生成AIの大規模言語モデルとは

生成AI・大規模言語モデルのしくみ(2)機械学習と大規模言語モデル

機械学習とは何なのか。AIはどのように「理解をしている」のか。近年の著しい進歩により、ますます身近な存在になっている生成AIだが、それがどのようなメカニズムでさまざまなデータを出力しているのかを知る機会は少ない。そ...
収録日:2024/04/16
追加日:2024/07/16
岡野原大輔
株式会社Preferred Networks 共同創業者、代表取締役 最高研究責任者
5

2016年、2020年の米大統領選の各州の結果はどう違ったか?

2016年、2020年の米大統領選の各州の結果はどう違ったか?

「同盟の真髄」と日米関係の行方(6)アメリカ大統領選挙を占う3つの州

2024年11月に控えたアメリカ大統領選挙。民主党の候補者として現大統領のバイデン氏が、共和党の候補者として前大統領のトランプ氏が指名されることになった。激戦が予想されるが、大統領選挙には、その鍵を握る3つの州がある。...
収録日:2024/04/23
追加日:2024/07/17
杉山晋輔
元日本国駐アメリカ合衆国特命全権大使