テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2023.08.02

「還暦以降の人生で不安なこと」5選

 40~50代になると、自分の老後について考える機会が増えてくるものです。肉体的、精神的な老いを感じることもポツポツと出てくるタイミングで、親の高齢化や介護の問題に直面する人もおり、そう遠くない未来に自分も年を取るのだと不安な気持ちになることもあるでしょう。その老後の一つの目安となるのがサラリーマンなら役職定年となる「還暦」。今年還暦を迎える1963年生まれの男女は約157万人いるそうです。

還暦後の人生で不安に思う5つのこと

 まずはプルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命保険が行なった「2023年の還暦人に関する調査」を見てみましょう。この調査では今年還暦を迎える1963年生まれの男女「還暦人(かんれきびと)」を対象にインターネットリサーチで実施し、有効サンプル2,000名の集計結果を公開しています。還暦を迎えることへの意識、仕事やマネー、不安や備え、「これまで」と「これから」等の様々な角度からリサーチされています。

 その中で「還暦以降の人生で不安に思うこと」の調査では、以下のような項目が上位に並びました。

1位「身体能力の低下」52.5%
2位「収入の減少」40.35%
3位「判断能力の低下」38.4%
4位「自分の介護」38.1%
5位「物価上昇」32.7%

 1位の「身体能力の低下」は体の病気や寝たきりなどへの不安であり、昨年の2位から1位へ順位がアップ。半数以上の人が危惧しているという結果に。コロナ禍で長期化した運動不足問題が背景にあるのでは、とコメントされています。がんなどの疾病も還暦を過ぎたあたりから急激に罹患しやすくなりますし、体力の低下や足腰の衰えは、長い老後を考えると大きな不安要素です。

 続いてランクインしたのは2位「収入の減少」。60歳以降の雇用形態の変更などへの不安と共に、この調査内の別トピックでも示されていた貯金の格差も影響。今年の還暦人の貯蓄額は平均3,454万円。昨年から比べると332万円の大幅増加となりましたが、一方で約4割が「300万円未満」。還暦以降の収入の減少をカバーするには心許ない経済状況の人が多く、さらに5位の「物価上昇」も追い討ちをかけるとなると不安は募るばかりです。

 そのほか、認知機能の低下や、自分自身の介護問題など、誰もが避けては通れない還暦後の心身への不安がランクインしています。

早めに意識したい定年後の3大リスク

 よく定年後の3大リスクとして挙げられるのが、「健康」「お金」「生きがいや、社会との繋がり」です。ほぼ「還暦以降の人生で不安なこと」と被っており、「なんとかなるだろう」では済まないリスクだということが分かっていますが、働き盛りの40代や、晩婚化により50代でもまだ子どもの教育費やローン等もかかる今は、還暦後をイメージして計画的に備えることができていない人も多いと思います。

 しかし「そろそろ老後の備えを始めないと、と思っていた頃に大病を患い、医療費が高額で老後のための貯蓄が全くできない」と嘆く50代前半の人もいるように、思うように人生はいかないものですから、早めに老後への意識を行動に移すことは大切なことです。また還暦を迎えて当初は定年退職を考えていたものの実際には働かないと経済的に厳しいため仕事を続けている人も多く、「のんびり老後を過ごしたかったけれど、働いたらお金だけでなく体力や仲間もできて、体の動くうちは仕事も悪くない」という60代の声もあります。

 還暦以降の人生への備えはもちろん必要ですが、60歳を迎えても「老後」という意識をし過ぎずに日常の中で出来ることをコツコツと続けていくことも、不安を減らす手立てに繋がるのではないでしょうか。

<参考サイト>
2023年の還暦人(かんれきびと)に関する調査│PGF生命
https://www.pgf-life.co.jp/company/research/2023/001.html#m12
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
「学ぶことが楽しい」方には 『テンミニッツTV』 がオススメです。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制と2012年体制(1)質的な違いと野党がなすべきこと

戦後の日本の自民党一党支配体制は、現在の安倍政権における自民党一党支配と比べて、何がどのように違うのか。「55年体制」と「2012年体制」の違いと、民主党をはじめ現在の野党がなすべきことについて、ジェラルド・カ...
収録日:2014/11/18
追加日:2014/12/09
2

5Gはなぜワールドワイドで推進されていったのか

5Gはなぜワールドワイドで推進されていったのか

5Gとローカル5G(1)5G推進の背景

第5世代移動通信システムである5Gが、日本でもいよいよ導入される。世界中で5Gが導入されている背景には、2020年代に訪れるというデータ容量の爆発的な増大に伴う、移動通信システムの刷新がある。5Gにより、高精細動画のような...
収録日:2019/11/20
追加日:2019/12/01
中尾彰宏
東京大学 大学院工学系研究科 教授
3

マスコミは本来、与野党機能を果たすべき

マスコミは本来、与野党機能を果たすべき

マスコミと政治の距離~マスコミの使命と課題を考える

政治学者・曽根泰教氏が、マスコミと政治の距離を中心に、マスコミの使命と課題について論じる。日本の新聞は各社それぞれの立場をとっており、その報道の基本姿勢は「客観報道」である。公的異議申し立てを前提とする中立的報...
収録日:2015/05/25
追加日:2015/06/29
曽根泰教
慶應義塾大学名誉教授
4

BREXITのEU首脳会議での膠着

BREXITのEU首脳会議での膠着

BREXITの経緯と課題(6)EU首脳会議における膠着

2018年10月に行われたEU首脳会議について解説する。北アイルランドの国境問題をめぐって、解決案をイギリスが見つけられなければ、北アイルランドのみ関税同盟に残す案が浮上するも、メイ首相や強硬離脱派はこれに反発している...
収録日:2018/12/04
追加日:2019/03/16
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

健康経営とは何か?取り組み方とメリット

健康経営とは何か?取り組み方とメリット

健康経営とは何か~その取り組みと期待される役割~

近年、企業における健康経営®の重要性が高まっている。少子高齢化による労働人口の減少が見込まれる中、労働力の確保と、生産性の向上は企業にとって最重要事項である。政府主導で進められている健康経営とは何か。それが提唱さ...
収録日:2021/07/29
追加日:2021/09/21
阿久津聡
一橋大学大学院経営管理研究科国際企業戦略専攻教授