10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2015.11.15

あなたの名刺交換、形式ばっていませんか?―ビジネスに活かせる名刺交換の方法

 新入社員の頃、初めて持った自分の名刺がうれしくてドキドキしたり、渡し方や受け取り方によってパーソナリティが伝わってしまうことを上司から教えられ、名刺交換のたびに緊張していたのは、はるか昔……になっているビジネスマンの方々へ。「名刺交換は最大のビジネスチャンス」ということをあらためて思い出してほしい。

 名刺交換時の印象で仕事の進み方が大きく変わることがあるのは言うまでもない。ここでは一般的な決まり事ではなく、相手に好印象を与え、新しい仕事のきっかけ作りや、ビジネスパートナーとのコミュニケーションに役立つ名刺交換術をお教えしたい。

名刺を渡す時

1:爪の手入れはOK?

 意外と名刺交換の時に人の目がいくのが指先だ。いくらきちんと挨拶ができていても不潔な印象を与えてしまってはすべてがムダになる。日頃から指先の手入れだけをしっかりして清潔さを維持するようにしておこう。

2:はっきりと聞き取りやすい声で話す

 つい名刺を渡すという動作に気を取られ、モゴモゴと話してしまう人が多い。名刺はあくまでも伝える情報を文字にした、記憶用のメモでしかないので、渡す時には少し高めの声で、相手が聞き取りやすいようにはっきりとした声で名乗ることが大事。緊張している時は早口になりがちなので、あえてゆっくりと、落ち着いて話すことを心がけよう。

名刺を受け取る時

1:名刺の情報を瞬時に読み取り、アウトプットする準備を

 名刺は会話のきっかけの宝庫だ。その場の空気を和らげたり、緊張をほぐすための会話のきっかけになり得る文字情報を瞬時に読み取って、受け取った時には、相手にひと言でも質問したり、話しかける癖をつけよう。

2:相手の目を見ながら、とにかく笑顔

 印象づけるためには、まず目線を合わせること。かつ、微笑みかける。相手によっては、それだけで距離がぐっと縮まることもある。互いに忙しい時間を割いてその場を共有しているのだから「お時間をいただきありがとうございます」という感謝の気持ちを持ちながらスマイルだ。相手だけでなく、自分の緊張した心もほぐしてくれる効果があるのでぜひお試しを。

名刺入れ

名刺入れにも気配りを

 名刺のデザインは会社の定型なので工夫のしようがないが、名刺入れ選びは個人の自由だ。気の利いたデザインや材質にするだけで相手の印象はずいぶん変わる。安物でボロボロの名刺入れを持っていると「この人、仕事大丈夫かな」と不安を与えることも。ビジネスマンの気配りポイントである靴と同じくらい気を遣ってほしい。オシャレな名刺入れは「素敵な名刺入れですね」と相手の言葉を引き出すきっかけにもなるのでオススメだ。

 さらにいえば、名刺交換後の行動にも気をつけたいところ。できる人ほど御礼メールを送るなど、後のケアが丁寧だ。全員には難しいとしても、「これは!」と思う人には、先方からメールが来る前に先にアクションを起こそう。

 名刺交換という絶好のアピールタイムを無難な対応でこなすだけではもったいない。ぜひチャンスを活かしてビジネスに役立てたいものだ。

(10MTV編集部)

あわせて読みたい