10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2016.05.27

ネガティブな恋人を癒すあなたができる心遣い

 人は誰しも劣等感を持っているものです。どんなに自信があるように見えても、隠し持っている傷があるものです。カップルでも、片思いでも、あるいはご夫婦でも、好きな人と一緒に過ごすとき、私たちはその傷に触れる機会があると思います。

 あなたの前で、好きな人が「私ってこんな性格だから」「僕はこんなことしかできないから」と、欠点をあらわにするとき、私たちは何を言ってあげるべきでしょうか。

自信のなさが自己否定となる

 彼、または彼女が自分を否定するようなことを言ったとき、その奥にあるものとは何なのか、考えてみます。

 「かわいくない」「収入が低い」「友達が少ない」といったことをことさら不自然に口に出すとき、知られたくない、気にしてほしくないと思いながらも、本当はそれを知っておいてほしい、気にしてほしいと思っています。

 触れられたくないのかと思って、「そうなんだ」と言ってしまうのはNG。聞いてほしいから口にしているわけであって、それは触れていいという合図ととって良いと思います。

否定によって認めてあげること

 もし相手が気にしているよりも状況が悪くない場合は、「そんなことないよ」と言ってあげるのが一番良いと思います。無責任な言葉だと思われがちですが、自ら弱みを見せている人はこの言葉を求めていることが多いのです。

 「恋愛.jp」というサイトによれば、そうしたときは、とにかく話を聞き、褒めて欲しいという心理とのこと。問題を解決してほしいという人ばかりではないので、上から目線でアドバイスしようとするのは避けたほうがいいそうです。

 また、「甘えている」というのも主観によるものですから、「がんばっているよ」と言ってあげれば、心が軽くなるのではないでしょうか。これで相手の顔が明るくなる場合は、否定してあげるのが正解といえるでしょう。それこそが相手を認めることになるのです。
  

別の見方で長所を伝えてあげること

 ただ、安易に「そんなことないよ」と言えば解決するわけではありません。褒めることによって自尊心を傷つけてしまうことがあるかもしれません。

 「収入が低い」「友達が少ない」といったことについては、比較する対象などによって異なるため、一概にはいえませんが、たとえば友人が数えるほどしかいない人に向かって、「そんなことないよ。けっこう友達いるじゃない」と言っても響かないでしょう。

 そういった人には、別の方向から言葉をかけたほうがいいそうです。「恋愛ユニバーシティ」というサイトによれば、相手の劣等感に触れなくてはならないとき、相手が言い訳しそうなことを代わりに言ってあげることが重要だそうです。つまり、その人はこう思っているかもしれないけれど、でも、こんないいこともある、という部分を先に言ってあげるということです。

 たとえば、「友達は数じゃなくて、たとえ数人でも本当に心の許せる人がいたほうが幸せなことでしょう。それだけあなたを深く認めてくれているということだから」という風に、相手がこうでなくてはならないと思いこんでいることから意識を解放し、別の見方で長所である点を伝えてあげることがいいのではないでしょうか。

相手をよく見てあげること

 相手が求める反応を探すにも、また長所を見つけるにも、相手をよく見てあげることが大事です。話をするときには、自分ばかりではなく、相手のことを考え、相手の話によく耳を傾けること。そうして得た情報がいつかきっと、役に立つときがくるのです。

<参考サイト>
・恋愛.jp:褒め言葉は求めてない?「アタシなんて」が口癖のネガティブ彼女の深層心理4つ
http://ren-ai.jp/35361
・恋愛ユニバーシティ:安易に褒めると逆効果!男性の“隠れた劣等感”の見つけ方
http://u-rennai.jp/contents/course/77/
(10MTV編集部)

人気ランキング

おすすめ記事

関連記事