テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

戦争や災害の記憶を海中調査で後世に伝える

若狭湾海中調査と潜水艦曼荼羅(1)歴史と調査の意義

浦環
九州工業大学社会ロボット具現化センター長・特別教授/東京大学名誉教授
情報・テキスト
2018年6月に浦環氏のチームは、若狭湾でユーボートと呼ばれた潜水艦を含む3艦を発見した。ユーボートは戦争中にどのような役割を果たしたのか。そのユーボートの残骸を発見することにどのような意味があるのか。調査の詳細な解説の前に、浦氏が歴史と調査の意義について解説する。(全10話中第1話)
時間:11:04
収録日:2019/03/14
追加日:2020/02/10
≪全文≫

●二回の世界大戦とユーボートの歴史


 今回は、2018年の6月に行った若狭湾に沈むユーボートの調査のお話と、ユーボートにまつわるさまざまな技術的なお話をしたいと思います。

 われわれのターゲットは呂500という名前の潜水艦になった、ユーボートのU-511という潜水艦です。この潜水艦は若狭湾に沈んでいます。前回の伊58と同じように、戦争中には破壊されませんでした。戦後、1946年4月に若狭湾で3艦の日本海軍の潜水艦が海没処分されましたが、そのうちの1艦が呂500、ユーボートU-511です。処分された場所は分かっていませんでしたが、われわれがそれを探し出したというわけです。

 「ユーボート」という言葉はドイツ語です。ドイツの潜水艦を世界的に一般にはユーボートといいますが、ドイツ語では「Unterseeboot(ウンターゼーボート)」といい、「潜ることのできるボート、軍艦、水の下の船」という意味です。一般名詞なので、ドイツ語ではユーボートという言葉はいわゆる潜水艦を指していますが、ドイツ以外でユーボートといえばドイツの潜水艦を指します。

 ユーボートがつくられたのは第一次世界大戦中で、ドイツはユーボートによって非常に大きな戦果を挙げました。第一次世界大戦中に300隻が建造されて、撃沈した船は5,300隻にも上ります。これによって、イギリスは窮地に陥りました。その後、第二次世界大戦中にはユーボートは1,100隻つくられて、商船3,000隻、空母2隻、戦艦2隻を撃沈しています。華々しい成果を挙げているわけですね。

 第一次世界大戦中に、ユーボートは一体何をしていたのでしょうか。イギリスとドイツが戦っていたのですが、イギリスは日本と同じように島国なので、戦争を維持するためには補給をする必要があります。例えばオーストラリアや、アフリカ、アメリカから物資が送られてきますが、その補給線を破壊していたのです。これを通商破壊といいます。簡単にいえば、兵糧攻めです。

 第一次世界大戦が始まった時に、兵糧攻めの道具としてユーボートは非常に大きな成果を挙げました。加えて、ドイツは無差別に撃沈していました。商船も見つければ魚雷を発射して、沈めていました。

 無差別攻撃を行うと宣言をしたことによって、アメリカが第一次世界大戦に参戦します。つまり、荷物を運んでいる民間船を無差別攻撃して良いのだろうか、こういうことは許せないと言って、アメリカが参戦するわけです。後でまた出てきますが、これは非常に重要な事柄です。

 アメリカもイギリスも、ユーボートの対策に苦慮します。第一次世界大戦中はほとんどその対策ができていませんでしたが、第二次世界大戦中にいわゆる爆雷をつくりました。音響的に潜水艦がどこにいるか調べて爆雷攻撃するという、対潜水艦作戦が徐々に成果を挙げていました。ここでは、これだけの成果が挙がっていますが、ユーボートは第二次世界大戦の終わりの方にはあまり成果を挙げられなかった。次から次へとアメリカに撃沈されていったのです。

 以上がユーボートに関する歴史です。日本も第二次世界大戦太平洋戦争中に潜水艦をつくったのですが、日本の作戦は実は通商破壊ではありませんでした。これが、太平洋戦争における日本の作戦の失敗ではなかったかと、いろいろと言われています。


●海中調査が後世に伝えるものとは


 私は今、前回もいいましたが、ラ・プロンジェ深海工学会という組織をつくって、海底に沈んでいる潜水艦や艦船の調査に取り組んでおり、深海を含む海中活動に関する普及と振興、および国民の海洋理解の増進を目指しています。

 具体的には2017年に伊58呂50特定プロジェクトを進めました。

 これは伊58です。こういったものを探し出すという成果を挙げてきました。

 これは伊47です。

 五島列島沖には24艦がこのように沈んでいることが分かりました。

 呂500、すなわちユーボートもそうですが、実在するものは見る人に非常に強い印象を与えます。戦争だったらお話をするということももちろん重要ですが、ものがあるということも重要です。

 これは広島の原爆ドームです。これは南三陸町の津波被害にあった役場です。そして、海の中ではこの姿を今見ることができます。このような状況が画像に残っているからこそ、戦争が何だったか、津波、震災がどのようなものだったか理解できます。これが非常に大切です。海の中のものは見えないので、放置されて忘れ去られていくという状況ですが、それを明らかにしようという...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。