テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

武田・織田に「両属」するという外交を行った国衆の意図

戦国大名の外交、その舞台裏(8)同盟の破棄と開戦:後編

丸島和洋
東京都市大学共通教育部 准教授
情報・テキスト
大名同士の領地争いの際、国衆はしばしば両方の大名に服属した。こうした「両属」は争いを回避する有効な手段であった。しかし情勢が変わり、両属が困難になると、国衆の動きが本格的な戦争開始を決定づける要因にもなった。戦国大名にとって国衆の動きは常に重要なものだったのである。(全8話中第8話)
時間:09:01
収録日:2019/06/13
追加日:2020/02/26
≪全文≫

●両属の破綻:遠山氏の場合


 両属の典型例として、東美濃の国衆である遠山氏を見てみたいと思います。

 美濃には戦国大名として斎藤道三が勢力を伸ばしていましたが、遠山氏とは斎藤道三と従属関係を結んでいませんでした。ただ織田信長の父である織田信秀と友好関係にあり、信秀の妹や娘を奥さんにもらっているという関係にありました。ところが、信秀は道三との戦争に勝つことができず、最終的に道三と和睦を結び、道三の娘を嫡男・信長の奥さんに迎えてしまいました。遠山氏はこれにより突然孤立してしまったのです。

 このようなタイミングで、武田信玄は信濃南部(現・長野県南部)を制圧しました。突然東側に大大名が出現した遠山氏は危機感を覚えました。そこで、信玄に自発的に従属を申し出ることで、領国防衛を図ろうとしたのです。しかしこれは、道三の怒りを買うことになりました。道三からすれば、美濃の一角が武田領になってしまったからで、これは認めがたいというわけです。

 そこで道三は、娘婿の織田信長とともに遠山領に攻め込みます。当然ながらこれに対して遠山氏は、信玄に援軍を要請します。要請を受けた信玄は軍勢を美濃に動かすことになりました。この結果、武田・斎藤間で戦争が勃発するのです。これは、国衆の動向が戦国大名の戦争を引き起こした一つの事例であるといえます。

 信玄は戦争の泥沼化を怖れ、道三に和睦を持ちかけるのですが、道三は受け入れませんでした。ところが、事態はあっけない幕切れを迎えました。斎藤家でクーデターが起こり、嫡男・義龍が道三を敗死させ、強引に家督を継いだのです。おそらく、家臣団は信玄との開戦に危機感を覚えたのだと思います。この結果、斎藤氏は武田領国となっていた東美濃から手を引くことになります。

●武田と織田に両属するという国衆の外交


 しかしこの結果、斎藤家と織田家の同盟が崩壊しました。そして、織田信長はだんだんと美濃に勢力を延ばしていくことになりました。そうすると問題となってくるのが、信長の動向でした。遠山氏からすれば、織田家から3人ほど妻を迎えており、信長との関係は比較的良好でした。しかし、信長が美濃に勢力を伸ばしているということを考えると、武田につき続けるのか、信長に味方するのか、あるいは斎藤に味方するのか、立場をいずれ明確にしなくてはなりません。

 そこで遠山氏が選んだのが、武田信玄に従属していた立場から、武田と織田に両属するという選択でした。当時の信玄は、当時、信濃北部の川中島で上杉謙信と衝突を繰り返していましたから、領国の一番西にあたる信濃・東美濃国境が不安定化することは望ましくないと考えていました。そのため、これを喜んで承認しました。以後、遠山氏は信玄の戦争に動員されてはるばる駿河に出陣することもあったのですが、同時に信長にも従属するという形を取ることになります。これが「両属」という国衆の外交なのです。

 しかし、このままでは、武田・織田領国の国境線がどこにあるか、不明確なことも否めません。そして、信玄は、遠山氏に対する援軍を遠山領に駐留させるという措置を取っていました。ある時、この駐留させていた部隊が美濃で織田軍と小競り合いをするという事態が勃発してしまいました。これに対処するために信玄が選んだのが、信長との同盟です。つまり、国境紛争の勃発は大名同士の大規模な戦争に発展しかねないので、それを未然に防ぐために同盟を締結したということです。これにより、遠山氏の武田・織田両属は極めて安定していきました。


●遠山氏の動きが武田・織田間の戦争を導いた


 ところが、元亀3(1572)年に遠山氏の当主が後継ぎ不在のまま病死してしまいました。この年10月、武田信玄は突如、織田信長との同盟を破棄し、徳川家康の領国に攻め込みます。驚いた信長は東美濃の確保に動きました。つまり遠山領です。自分の子息を遠山氏に養子として送り込んだのです。これは当時、しばしば見られる形ですが、信長はここで大きな失敗を犯しました。事前に遠山氏の一門や家臣団への根回しを怠っていたために、強制的な軍事介入と受けとられてしまったのです。不満を抱え込んだ遠山氏の一門・家臣は、養子として送り込まれてきた信長の子息を武田氏に差し出して信玄に従属することを表明しました。ここに遠山氏の両属は崩壊し、織田家に従う一族と武田家に従う一族に分裂します。

 この一報を受けた信玄は、すぐさま軍勢を遠山領に送り込みました。そして、家康と一戦して勝利した後、信長と決戦するために美濃攻略に動き出したのです。おそらく信玄の動きに変化が生じたのは、遠山氏の動向にその要因があった可能性が高いといえます。結局、...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。