テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

『オデュッセイア』は「知の探求と文明の開拓」者の冒険譚

「ホメロス叙事詩」を読むために(5)オデュッセウスの冒険

納富信留
東京大学大学院人文社会系研究科教授
情報・テキスト
『オデュッセイア』<上>(松平千秋訳、岩波文庫)
ホメロスの二つ目の叙事詩『オデュッセイア』は、トロイア戦争終結後、10年間さまよい続ける英雄オデュッセウスの旅を描いている。前半では怪物や魔女の誘惑と闘争が語られ、後半は故郷に帰ってからの悶着が復讐劇をなす。喜劇も殺戮場面もある、よりエンターテインメント性に際立った作品といえよう。(全9話中第7話)
≪全文≫

●『オデュッセイア』を読む


 ホメロスの叙事詩は『イリアス』『オデュッセイア』の二つがあります。『イリアス』は、アキレウスの怒りというものを歌う、トロイア戦争10年目の最後の場面に集中して、人間の生き死にを描いた悲劇でした。もう一つの『オデュッセイア』は、もう少し楽しい作品で、あえていえば喜劇のような要素を持っています。

 『イリアス』より少しサイズは小さいですが、全24巻からなる壮大な叙事詩『オデュッセイア』という作品を見れば、何よりも物語としてのエンターテインメント性が際立ちます。非常にさまざまな仕掛けと印象的な場面を連ねていて、どの場面をとっても非常に面白いと思います。

 また、全体の構成がかなり凝っていると私は思います。前半部と後半部では、場面がだいぶ違います。最初の12巻を中心にした前半部では、オデュッセウスという英雄のいわば冒険物語が繰り広げられます。未知の国を経めぐって、怪物や魔女などと渡り合うというおとぎ話のようなお話で、これはこれで非常に面白い。後半、オデュッセウスが自分の故郷に戻ってからは徐々に仕掛けを増やし、最後は自分を裏切った連中を一挙に殺してしまうという復讐劇になります。後半は、どちらかというとサスペンスもののような感じです。

 そういった意味でいうと長く大きな作品なのですが、少し趣向の違う場面があるのと、それらが織り合わされて一つの物語になるというのが特徴となっています。一番最後で前半と後半が全てまとまって、一つの大団円として決着につながるわけです。


●戦争には勝ったが幸せになれない英雄


 この話はトロイア戦争が終わった後のことです。トロイアが10年たって陥落します。アキレウスは、戦争終結の一歩手前で死んでしまい、最後にトロイアを陥落させるのはオデュッセウスという英雄の知恵によるものです。それが有名な「トロイアの木馬」です。

 「オデュッセウス(Odysseus)」が人の名前で、「オデュッセイア(Odysseia)」が作品の名前です。オデュッセウスはもちろん力も強いのですが、主に知恵で人々に貢献しました。「トロイアの木馬」では、木馬の中に人が潜み、内側から城を落とそうという策略が見事にはまり、最後トロイアは陥落します。

 プリアモスをはじめトロイア方の人たちは、死んだり、奴隷として連れ去られるなど、悲惨な運命を迎えます。戦争の常ですね。ところが、では勝った側であるアカイア方の英雄たちはみんなハッピーだったかというと、そんなことはありません。

 10年間も戦争で家を留守にしていて、ようやく勝って戻っていくわけですが、アキレウスが怒りを向けたアガメムノンという総大将は、なんと帰った途端、奥さんに殺されてしまいます。奥さんは総大将がいない間にある人物と浮気していたため、帰ってきた彼は巧妙に仕組まれた罠によって殺されてしまうのです。彼にとってトロイア戦争は何だったのか、勝って帰ってどうだったのだ、ということになります。

 そういうことが、あちこちで起こります。つまり、勝った側にも負けた側にも決して戦争は幸福をもたらさなかったのです。なかでも一番ひどい目にあったのがオデュッセウスです。彼は意気揚々と帰ろうとしたのですが、ポセイドンを怒らせてしまったりなど、いろいろな事情があり、結局また10年間さまようという、とてつもない話になります。

 彼は家に帰してもらえなかったのですね。地中海・エーゲ海のいろいろなところをさまよいながら、「帰りたい」「でも、帰れない」ということを繰り返しているうちに部下も一人減り二人減りして、最後は一人だけになります。

 でも、ようやく故郷であるイタケという島(イタキ島)にたどり着くというのが、前半部に当たるわけです。


●さまよい続けたオデュッセウスの最後の漂流


 こういうものは、どのように語られるかが面白いところなので、今日ご紹介するのは『オデュッセイア』第九歌の冒頭のところです。ただ単に今のような物語が順番に語られるのもいいですけれども、もう少し複雑な仕掛けがあります。

 叙事詩の出だしは、「そろそろオデュッセウスを故郷に帰してやったらどうか」という女神アテネの忠告から始まります。神々も「そろそろ帰らせてもいいだろう、あんなに苦労をしたのだから」と同調する場面から始まるのです。その話の途中でオデュッセウスが身の上話をするのです。

 帰るほぼ直前のところで、パイエウケス人の国に滞在し、もう部下は一人もいませんが、ようやく人心地がついた。「これで帰れるかもしれない」というので、パイエウケス人たちにもてなされるさなか、オデュッセウスが自分の行ってきた冒険を自分で語るという構造になっています。これが二重構造ということで、なかなか面白...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。