テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

緊急非常事態のときに重要なのは「現場の癖」を知ること

新型コロナウイルス対策~和歌山モデルの教訓(2)PCR検査と保健所の現実

仁坂吉伸
和歌山県知事
情報・テキスト
PCR検査は陽性者の発見以上に、陽性者を「隔離」するための手段である。院内感染が起きたときに、関係者全員にPCR検査をしたが、全国の保健所でPCR検査がなかなか行われなかったのは、対象者を中国と関係ある人に限定したから。その後、対象者は広げられたが、現場責任者である知事が明確な指示を出さなければ、現場の動きはなかなか変わらない。そのため厚労省の方針が変わっても、検査が行われにくい状態が続いた。(全10話中第2話)
※インタビュアー:川上達史(テンミニッツTV編集長)
時間:07:41
収録日:2020/07/30
追加日:2020/09/01
≪全文≫

●PCRは「隔離」のための手段


―― 非常に重要な論点をいろいろいただいたので、順番にお聞きしたいと思います。まず1点目が、PCR検査の検査数です。

 2月中旬に和歌山県で発生して、当時はまだどういう病気かもよくわからない状況でした。和歌山県としても暗中模索のところもあったと思いますが、当時マスメディアなどでよく言われたのが、「とにかくPCR検査をたくさんしなければダメだ」という議論でした。

 今の仁坂知事のお話を聞くと、ただ闇雲にPCR検査をやったのではなく、院内感染だったこともあり、そのときの状況に応じてやられたように思います。あの当時、「どんどんPCR検査をしなければダメだ」という大合唱に対し、どのように感じていらっしゃいましたか。

仁坂 当時も今も、識者の意見を含めマスコミの論調は、「PCR検査をたくさんしなさい」というものでした。たくさんやれるに越したことはないですが、極端にいうと例えば1億人に1週間に一度ぐらいPCR検査をしないと、不十分という発想になります。そして私はPCR検査の数だけが、すべてではないと思っています。なぜならPCR検査は第一義的には、隔離のための手段だと思っているからです。

 この「隔離」は、テンミニッツTVで小宮山宏先生が使っておられる用法とは少し違います。小宮山先生は「ステイホーム」、家に閉じこもって接触を立つことを国民的な意味での「隔離」とおっしゃっています。私はもっとミクロで、感染者を病院に入れて接触を断つ意味での「隔離」です。その隔離のための手段だと思うのです。

 これは感染症法で、「保健所がその機能を持つ」と定めてあります。誰を隔離すべきかは検査をしないと分からないので、PCR検査をして陽性者を隔離するのが本旨だと思っています。

 当時はPCR検査できる数も少なかったので、われわれもずいぶん苦労しました。済生会有田病院で感染が発生した時は、私が「全部、検査しろ」と命じ、そのために検査を分析する環境衛生研究所の職員は一時、徹夜のような状況になりました。キットは厚労省に無理を言って頂き、さらに大阪にも頼みました。


●重要なのは「現場の癖」を知ること


仁坂 当時マスコミなどで、「PCR検査をたくさんした仁坂知事はえらい」などと言われましたが、各地の保健所はなぜやらなかったのか。実は「この患者さんはコロナではないか」と病院やクリニックから連絡を受けたとき、厚労省の通達に合わないので「それはやる必要はないと思います」と断っていた部分がたくさんあるのです。

 コロナは当初、中国由来に決まっていましたから、中国ないしは外国から来た人、あるいはそういうところと関係ある人以外は、PCR検査をしても仕方ない。だから「やめなさい」とまでは言わないけれど、「中国由来、あるいは中国と関係がある方だけやりなさい」といった通達が出ていたのです。

 それがだんだん「それだけではダメだろう」という議論が高まり、加藤勝信厚生労働大臣などが「自発的に、どんどん広げていただいて結構です」といった発言をするようになりました。けれども、現場である保健所の職員からすれば、通達が来ている以上、もっと上から明確な指示が来ないと、なかなか動けなかったと思います。

 この「上から」ということですが、保健所の場合、全国の知事の監督下にあります。和歌山県の保健所では、私が司令官です。したがって私は現場をグリップしているので、「これは中国由来とか何とか言っている時期ではない」と判断した。済生会有田病院については全員検査し、あとでご説明するように、クリニックからいろいろな情報が来たら、「それは必ず検査をしろ」と言いました。「どんどんやれ」とサジェスチョンを与えたから、和歌山県の保健所は検査をやりやすかった。

 だけど現場サイドで検査について明確に指示されているところは、当時はそうなかったと思います。したがって保健所がやたらと断る事態が起こり、それが全部国のせいにされたというのが、あの時の私の印象です。

 だから「現場の癖」といったことを考えると、緊急非常事態のときは直接的な責任者が明確に責任を持ち、命令を出すことが重要ではないかと思います。
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。