テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

コロナワクチンも開発、ベンチャー企業が担う役割とは

「研究開発型ベンチャー」成功の条件(1)なぜベンチャーか?

片岡一則
ナノ医療イノベーションセンター センター長/東京大学名誉教授
情報・テキスト
ベンチャー企業の活躍が目覚ましい。世界的猛威をふるう新型コロナウイルスのワクチンの中にはベンチャー企業によって開発されたものもある。ナノテクノロジーという最先端科学技術による創薬、その実用化のプロセスの中で、ベンチャー企業がどのような役割を担っているのか。大企業との比較におけるベンチャー企業の特徴や、多様な形態について解説する。(全3話中第1話)
※インタビュアー:川上達史(テンミニッツTV編集長)
≪全文≫

●ベンチャー企業の利点と多様な形態


―― 皆さま、こんにちは。本日は川崎市産業振興財団ナノ医療イノベーションセンターのセンター長で、東京大学名誉教授でいらっしゃいます片岡一則先生にお話しをいただきます。片岡先生、どうぞよろしくお願いいたします。

片岡 ご紹介どうもありがとうございます。片岡です。

―― どうぞよろしくお願いいたします。

 (さて)先生がつくられた「ナノキャリア」という会社はベンチャー企業です。ナノマシンのような最先端科学技術を実用化する流れには、研究機関、製薬会社、そして最後は病院がありますが、ベンチャー企業がそれらをつなぐ役になる可能性は大きいと思いますか。

片岡 それは最近特に欧米で顕著です。出てくる新薬のほとんどはベンチャーから出てきています。

―― 海外の場合、ベンチャーは大学とか研究機関と結びついていることが多いということですか。

片岡 ほとんどの大学でそうです。もちろん大企業でもできますが、大学で生まれた研究成果をベースにして、それをいち速く実用化するには、やはり目的を明確に定めたベンチャー企業のほうがフットワークは良いですし、速いですね。

―― 非常にビジネス的な話ですが、例えば製薬会社で薬を開発するときの費用は、その特許料や薬を売った収益で賄うことになると思います。こういう研究発のベンチャー企業の収益性は、どこから得られるのでしょうか。

片岡 大変良いご指摘です。まず、開発には時間がかかります。例えば、「siRNA」などの核酸医薬の創薬で有名な「Alnylam(アルナイラム)」という会社があります。ボストンで創業して、20年近くかけて初めて薬を世の中に出しました。

 それから今、話題になっている新型コロナウイルスのワクチンを開発した「moderna(モデルナ)」と「BionTech(ビオンテック)」も、このワクチンが会社としての初めての製品です。開発には比較的長期的な時間がかかるので、資金調達が一番難しいのです。そういう点では、外部からの資金調達をいかにスムーズに行うかはすごく重要です。

 それから、実際に最後まで自分たちでやるのかどうかという点があります。例えば、「Genentech(ジェネンテック)」や「AMGEN(アムジェン)」などの初期のバイオベンチャーは、薬を開発して上場します。そして市場から資金を調達しつつ、製薬企業として成長していきます。これは一つの形態です。

 最近増えているのは、もう少し前の段階で大手の製薬企業に開発品をライセンシングすることです。さらには、会社ごと買われるM&Aもあります。

 それから、最近出てきている事例ですが、AI創薬関係では、薬を自分で最後まで作るのではなく、薬の候補物質を自分たちの方法を使ってスクリーニングで作り、それを大手の企業にライセンシングします。

 ということで、開発にはいろいろな形態があります。いずれにしても、やはりフレキシビリティが高く、かつ目的に向かって最短のスピードで、ヒト・モノ・カネ・知恵を回すという意味では、ベンチャーのほうが効率は良いのではないでしょうか。大手の製薬企業は当然資金力が大きい。その資金力を自分たちの中で研究開発に使うか、あるいはそうやって外でいろんな形で行われているものを目利きして取り込むかという2つの考え方があります。


●大企業とベンチャー企業の違い


―― 大学の研究と製薬会社の研究の両方の立場についてお聞きします。例えば、大学で研究したものをそのまま薬にするのではなく、あえてベンチャー企業をつくることのメリットは、実際にやってみてどこにあると感じますか。

片岡 いろいろあると思います。一つは、大企業の場合はやはり経営方針があります。最初はやる気になったけど途中で止めてしまう可能性もあります。つまり、全体を見て判断するので、その結果全部ポシャってしまうことがあります。

 それに対してベンチャー企業の場合は、技術がまず中心になる。M&Aをするか、最後までやり遂げるかは別にして、価値が出るまでやります。

 そして、投資をする側としても、大きなところに投資をすると何に使われるか分からないので、総体として例えば株を買ったりします。しかし、逆にベンチャー企業はやっていることが本当にシャープなので、そこに資金を投下して、それが非常にうまくいけば、大きなプロフィットが得られます。だから、エンジェル投資家などがどんどん研究資金を投資していくのです。そのように旗色合戦でやっていくのだと思います。


●垂直統合型から水平分業型へ


―― 旗色というのは、ナノキャリアであればナノマシンという技術に特化して、それをどんどん深めていくということですか。

片岡 具体的にいうと、ドラッグデリバリーシステム(DDS)です。DDSはいってみれば半導体と同じ水平分業で...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。