10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2015.02.06

適度な酒飲みは「がん」のリスクが低い!?

 適度な飲酒をする人は「がん」のリスクが少ない、という驚くべき話を聞いたことがあるだろうか?これは、お酒を飲むから健康になるということではなく、お酒を体内で分解できる人は、体が「さびにくい」ということらしい。どういうことだろうか?

 順天堂大学泌尿器科の堀江重郎氏によると、お酒を分解する酵素アルコールデヒドロゲナーゼという酵素は、活性酸素も分解する酵素のひとつだという。

 活性酸素は非常に反応性の高い酸素で、体の中の分子、例えば、タンパク質や、DNA、脂肪、こういったものを錆びさせるらしい。細胞は錆びることによって、分子の機能が低下したり、DNAに異常が起きたりして、がん化に繋がるリスクがあがるという。

 すなわち、適度にお酒を飲める人はがん化に影響を及ぼす活性酸素も分解できる可能性が高いため、結果として細胞のさびを抑えがんになりにくい、ということらしい。

 ただ「適度な飲酒」というところはポイントだろう。量が過ぎればリスクも大きくなる調査報告が多いのも事実だ。くれぐれもその点は注意が必要だろう。

(10MTV編集部)